発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2007年6月28日
No.509 「“Friday concert”Vol.27のメインテーマが決定しました!!」
【普通のCDでもここまでやるか!!-第二弾-第27回“エフコン”開催!!】

「恒例企画⇒“Friday concert”Vol.27」

開催日時:7/6   午後6時開場 開演午後7時〜終演午後9時 当フロアーにて

           ■ 今回の企画内容 ■

the subject .1「Hi-End CD Transport battle royal!!」

最近の試聴でインパクトが大きかったのがこれでした!!

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/506.html

この中で「Act.5 “Transport”比較 その2」を再度ご確認頂ければと思います。

dCS Scarlatti TransportとESOTERIC P-01を比較したわけですが、本来ならば両社
ともに独自の伝送方式がありました。dCSはトランスポート内部で通常のCDもDSD変
換してi-Linkで出力し、ESOTERICはCDはアップサンプリングSACDは独自のESリンク
で出力する。

この両社のお家芸とも言える伝送方式が通常のCDの再現性を極めて高いものにして
いたことがわかったというエピソードが思い出されます。そして…

トランスポートからのハイサンプリング伝送、Master Clock Generatorによる
Word syncの確立によって進化するシステム。果ては上記のInternal Wireによって
もたらされる進化など、CDをめぐる再生方式のバリエーションではオプションの
追加によって益々その可能性が高まってきています。

しかし、「Word syncなんて必要ないよ」「普通の44KHzで十分だ」「SACDなんか
意識してないよ」という送り出し役のトランスポートの素晴らしさを私も認めな
いわけにはいきません。

シンプルな使用方法によっても、まだこれほどの可能性が秘められていたのか!!

という各社のフラッグシップモデルを一堂に会することで皆様にとって未知の
再生音にめぐり合えるかも!!

ということで、DACというカテゴリーで挑戦してみたのが↓これでした!!

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/486.html

つまり、各社ともに自社規格によるハイレゾリューションシステムということでは
なく、ベーシックな16bit/44KHzという出力をトランスポートから送り出している
のに単体D/Aコンバーターとして完成度が確立したコンポーネントで再生すると
本当に見違えるほどの素晴らしい音質であったということです。

通常のCDをどこまで鳴らし切れるのか、という発想は実はD/Aコンバーターだけで
はなく、トランスポートにも同様な可能性があるのではないか!? ということに
着目しました。更に…

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/503.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/505.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/507.html

このトランスポートというジャンルに一石を投じる新製品として現れたのがこれ!!

dCS Scarlatti Transport(税別\4,150,000.)
http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-transport/

このプライスの背景にある魅力と信頼性、それは同社のScarlattiシリーズとの
ペアリングを前提としているのだろうか? 他社と同じ16bit/44KHzという出力には
どのような可能性が秘められているのだろうか!?

D/Aコンバーターの比較と同様にたった一本のRCAデジタルケーブルのみで使用する
ことで、各社のトランスポートの実力と魅力がどのように浮き彫りにされるのか!?

そこで私が召集をかけたのが次ぎのラインアップです!!

■dCS Scarlatti Transport(税別\4,150,000.)
http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-transport/

■Metronome Kalista with SilentBase (税別\4,450,000.)
http://www.electori.co.jp/metronome/KALISTA.pdf

■Burmester 969(税別\3,900,000 )
http://www.noahcorporation.com/burmester/cd969.html

■ESOTERIC P-01(税別\2,200,000 )
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/p01_d01/


純正ペアのD/Aコンバーターがあるメーカーもありますが、単体トランスポートと
しての魅力を探り出すために公平を期し、そして各社独自の伝送方式は一切使用
しないで一本のRCAデジタルケーブルで16bit/44KHz伝送のみで競い合わせます!!

題して…「ハイエンドCDトランスポートバトルロイヤル!!」(^^ゞ


the subject .2「ESOTERIC VRDSの系譜をたどる!!」

1987年 ESOTERIC創立 初代VRDS搭載モデルとしてP-1/P-2/X-1などが登場
                ▽ ▽ ▽
1991年 P-2sに進化したVRDSはWadiaをはじめとした海外メーカーにも採用させる。
                ▽ ▽ ▽
1997年 http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto44-1.html
                ▽ ▽ ▽
2000年 http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/108.html
                ▽ ▽ ▽
2002年 http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/216.html
                ▽ ▽ ▽
2004年 http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto53.html

今年20周年を迎えたESOTERICはVRDS-NEOがdCSに採用されるなどメカニズムを供給
できる高級メーカーとして世界的にも認知されてきたが、その歴史を大きく分けて
三段階の進化という過程を実演によって再現する試み。


□海外メーカーにも採用されたP-2sメカニズム時代の代表として垂直方向のサーボ
 を極限まで低減させるという初期型VRDSメカを搭載したP-2sがリバイバル登場!!


□そして、水平方向のサーボを低減するために偏心制御を初めて実現し、一世風靡
 したP-0s+VUK-P0を下記のH.A.L.認定フルオプションで!!

1.PAD DOMINUS仕様 P-0専用DC ケーブル(税別\1,520,000. 生産終了)

2. Rosenkranz RK-P0(税別\200,000. 生産終了)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/112.html

3.PAD T.I.P(税別\160,000. 生産終了)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/107.html

4.MEI Z-BOARD(税別\60,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/121.html


□ESOTERIC P-01(税別\2,200,000 )
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/p01_d01/


物好きな企画!?(^^ゞ
しかし、こんな実験的な比較試聴が体験出来るなんてエフコンだけでしょう!!

初代P-1から20年の歩みを実際の音質の進歩として実感できる試みです。
Word syncオンオフの実験もやりましょう!!


 ◇“Friday concert”Vol.27  Hi-End Transport battle royal system ◇

………………………………………………………………………………
■dCS Scarlatti Transport(税別\4,150,000.)
http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/scarlatti-transport/

■Metronome Kalista with SilentBase (税別\4,450,000.)
http://www.electori.co.jp/metronome/KALISTA.pdf

■Burmester 969(税別\3,900,000 )
http://www.noahcorporation.com/burmester/cd969.html

■ESOTERIC P-01(税別\2,200,000 )
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/p01_d01/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
ESOTERIC 7N-DA6100 RCA 1.0m(税別\240,000.)■44KHz Singleで伝送     
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/mexcel/
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………

★当日使用するD/Aコンバーターは未決定です。

………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
ESOTERIC 7N-DA6300 RCA 1.0m×2(税別\560,000.)
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/mexcel/6300.html
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
HALCRO dm8(税別\2,200,000.)
http://www.harman-japan.co.jp/products/halcro/dm8_10.htm
     and
TRANSPARENT PLMM+PI8(税別\606,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
ESOTERIC 7N-DA6100 MEXCEL RCA 7.0m
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/mexcel/
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
HALCRO HALCRO dm88 ×2 (税別\7,600,000.)
http://www.harman-japan.co.jp/products/halcro/dm38_68.htm#dm68
http://www.halcro.com/productsDM88.asp
          and
TRANSPARENT PIMM+PLMM(税別\606,000.)×2set
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
STEALTH Hybrid MLT Speaker Cable 5.0m H.A.L.'s Special Version
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/290.html
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
MOSQUITO NEO(税別\4,800,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto54.htm
           vs
Avalon Acoustics“Isis”(税別\9,100,000.)
http://www.ohbashoji.co.jp/products/avalon/isis/
………………………………………………………………………………

このようにスピーカーも豪華に2セット使用して、着席位置がずれた場合でも対応
出来るように配慮しました。いいですね〜、両方聴けますよ(^^ゞ

またまた当日はブラインドテストをやる予定です。メカの違い、メーカーの個性を
聞き分けてください!! 耳に覚えのある方、大歓迎です!!


          ◇ “Friday concert”Vol.27 ◇

開催日時:7/6   午後6時開場 開演午後7時〜終演午後9時 当フロアーにて

       ■ご応募方法はハルズサークル会員にのみ公開中■

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

このようなイベントに参加してみませんか?
どうぞご入会を!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る