発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.216 「今世紀最高のCDトランスポート登場!! 遂にその正体を公開!!」

今回のBlief Newsは8/26に配信されたH.A.L.'s Circle ReviewのNo.0400
を編集して掲載したものです。どうぞご覧下さい。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2000年5月17日、このタイトルでH.A.L.'s Circle Reviewの第一号の最初の
ブリーフニュースを発信してから早いもので二年以上が経ってしまった。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/108.html

確かに、その当時の画期的な新製品としてのP-0sのパフォーマンスは私の
想像以上のものであり、数々のトランスポートと比較しても当時の評価は
変わることがなく、現在でも私のフロアーのリファレンスとして定着し
演奏を続けているのがP-0sである。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

そのP-0の起源とも言える精巧なメカニズムの素晴らしさを、ぜひこちらを
ご一読いただき皆様の認識を再度高めて頂ければ何よりであると思う。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto44-1.html

その中の一説に下記のような記述があった。

「97年も押し迫った12月27日、待ちに待ったP−0の一号機が運ばれてきた。
待った甲斐があったのか、偶然にもシリアルナンバーは正真正銘の「1001」
である。エソテリックの10周年を記念する製品でもあり、この「1001」は
私も感謝の気持ちを込めた記念碑としてずっとここに置いておきたい一品に
したいものだと考えたのである。そして、当面の間は日本広しと言えども
P−0実物を見て聴けるのは本当に唯一これ一台だけでなのある。」

今からもう五年前になるわけだが、当時入手したP-0の第一号機は現在でも
世界中で最も過酷な使用を続けながら私のフロアーの音質を根底で支えて
くれているのである。そして、上記の私の気持ちは変わらずに、シリアル
ナンバー“1001”はP-0sへとバージョンアップを受けて、これからもここで
活躍を続けていくものである。いや、私はP-0sに代わるトランスポートを
今でも発見することが出来ないのである。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、その二世代目のP-0sが遂に姿を消すことになったのが2001年の
5月末を締め切りとして発表されたティアックの再生産の告知であった。

その当時、私は現在のDyna5555のオープンが目前に控えている時期でも
あり、新しい試聴室におけるシステムの中核にどのトランスポートを
採用するか、そして将来セールスしていくための最高のトランスポートと
してP-0sという存在を私がどのように評価し求めていたか…。この段階で
意を決した私はティアックに対して思い切った決断をしたのであった。

「新しい店がオープンしても私のリファレンスであるP-0sを使い続ける
 ことに変わりはない。それが、生産を止めてしまうのは何とも悔しい。
 どうでしょう、何年かかってもいいですから今後三年間の販売分として
 何とか50台程度を作ってもらえないでしょうか!!」

そして一年以上、待ちに待ったのだが…、その私に期待を上回る知らせが
届いた。そして、それは同時に過去に相応の販売実績を残した私にとって、
そしてP-0sを所有される多くの皆様にとっての吉報でもあったのである。


  ■□■□■□ P-0sの更なる進化 ■□■□■□

P-0からP-0sへ…、それは当初から指摘されていた偏芯制御におけるメカ
音の駆除と同時にアース・シールディングの補強という、言わば“苦情対
策”としての発想から同時に音質をアップグレードするというバージョン
アップの対応であった。しかし、今回の動きは正々堂々たるP-0sの最終的
な近代化、時代のニーズに合わせた積極的な音質改善のアプローチなので
ある。一般の雑誌発表に先駆けて、その内容をP-0/P-0sのオーナーの皆様
に向けてもお知らせするものである。

                   商品名<< VUK-P0 >>とは!?

・24bit・176.4KHzへのD/Dアップコンバーター機能を追加搭載

*AES/EBU 二本のL・R独立デジタル出力=AES-3にて176.4KHzの出力可能。
 この対応D/AコンバーターはESOTERIC D-70、dcs  Elgar各シリーズ、
 Delius各シリーズ、954/2となります。

*バランスデジタル出力を一系統増設のためSTリンク出力は削除されます。

*上記AES/EBU×2系統出力の他には、RCA同軸出力/BNC同軸出力はそのまま
 装備され、その各々より44.1KHz以外に24bit・88.2KHzの出力が可能。
 この対応は大体三年くらい以前から販売しているD/Aコンバーターの大半
 が96KHzまで自動的に受信するようになっているので取り扱い説明書にて
 ご確認下さい。


・高精度水晶発振器搭載によるクロック精度の向上

*従来のP-0sは約50ppm精度、3ppm以内精度に何と一挙に10倍以上に向上


・44.1/88.2/176.4KHzのワードシンク対応

*44.1KHzは既にTimelord Chronos(クロノス)などで使用可。それを倍の
 88.2KHzという更にステップアップしたワードクロック同期が実現。

*88.2KHzのワードシンク対応モデルはESOTERIC D-70sとdcs 992/2。
 176.4KHzのワードクロックを出力するD/Aコンバーターまたはクロック
 ジェネレーターは現在存在しないが、将来の可能性を十分に認めて
 ユーザーの投資を将来にわたり保護しようとするもの。

『VUK-P0搭載後は本体上部クリスタルグラス内部に見えるメカブリッジ
 のESOTERICロゴプレートに並んで“24bit・176.4KHz Up Convert”
 というロゴのゴールドプレートが貼り付けられバージョンアップを
 証明いたします。その他の外装は変更はございません。』
 

       商品の引き取り・配送費は別料金 

      バージョンアップ料金 税別\350.000.

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

このように音質に直結するバージョンアップを開発し、一般には9月中旬
のマスコミ発表、9/20からの「インターナショナルオーディオショー」で
展示発表を行うというものなのである。

さて、そこで私が昨年の5月に発注していた50台はどうなるのか!??

この<< VUK-P0 >>が明らかにされた以上は、従来のP-0sだけでは当然
物足りない。そうです!! 当初から上記の機能を搭載し、地球上で最後の
絶滅品種 ESOTERIC P-0s に限定50台の花道を作ろうと考えたのである。


  ■□■□■□ P-0s with a built-in VUK-P0 ■□■□■□

         当社独占販売 限定50台生産

         販売価格 税込み\1.**0.000.

        ハルズサークル会員特典価格あり
         入会後にお問い合わせ下さい。
  http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/circle.html



   本メール送信時点で予約受け付け開始 50台販売終了まで

      納品開始 本年11月末より予約先着順納品


  ■□■□■□ VUK-P0 installed in P-0/P-0s ■□■□■□

さて、今までに販売したP-0/P-0sオーナーには当然バージョンアップを
設定いたしました。本メール送信時点で予約受け付け開始で、実際の
サービス開始は本年11月末からとなります。修理扱いのため、これは
値引きの対象にはなりません。どうぞご理解下さい。そして…。

  初代P-0をご使用の方にも再度の、そして最後のチャンスです。

P-0→P-0sへ 税別\350.000.(リモコンは別料金・税別\50.000.)
同時にVUK-P0まで一気にバージョンアップ 税別\350.000.

最新のP-0s with VUK-P0まで税別\700.000.にてバージョンアップを
可能と致しました。ここでも過去のユーザーの投資を保護する配慮が
なされています。それがESOTERICブラントの真骨頂とも言えるものです。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

DVDオーディオが名乗りを上げてから各社のD/Aコンバーターは既に
96KHzサンプリングまで対応しているモデルが大半です。皆様が使用して
おられるD/Aコンバーターは今まで44.1KHzしか表示しなかったはずです。

しかし、今回のP-0s with VUK-P0によって、今まで灯ることのなかった
88.2KHzの入力ポジションに光りが差し込みます!!
そして、ESOTERIC D-70やdcs  Elgar各シリーズやDelius各シリーズ、
プロ機では954/2に直結するだけで24bit・176.4KHzの再生が可能に
なります。何と素晴らしいことでしょう!!

しかも、私がこれほどまで執着するP-0のメカニズムの素晴らしさという、
既に一千数百名のオーナーを魅了している磐石な基本性能の上にです!!

私は確かに 「今世紀最高のCDトランスポート登場!!」などと派手な表現を
しておりましたが、当時はまだ二十世紀であり、そしてそれは事実でした。

 二十一世紀の現在、再度このタイトルを自信を持って申し上げます。

    「今世紀最高のCDトランスポート登場!!」


■□■□■□ Introduce new product P-0s with VUK-P0 ■□■□■□

さて、P-0sの素晴らしさを知り尽くしている私も未体験なVUK-P0搭載後の
P-0sだが、ここにあるシリアルナンバー“1001”のP-0sに国内最速でバー
ジョンアップを行い、9/20にここで披露することが決定した。

私のフロアーにある錚々たるD/Aコンバーターのインジケーターに、今まで
表示されなかった88.2/176.4KHzの文字が浮かび上がることになる。

    パフォーマンスの検証、それもH.A.L.からスタートする!!

     待ちきれない皆様は、どうぞH.A.L.へお越し下さい!!


 ■□■□■□ How to get P-0s with VUK-P0 ■□■□■□

さて、ここで気になるのが9/20までの「期間限定企画 分割払い手数料
“ほぼ半額”キャンペーン開始!!」を利用されることだろう。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/209.html


税込み\1.**0.000.を頭金ゼロとして長期クレジットにした場合の試算
事例を下記に述べておきます。この金利手数料は9/20までの期間限定です。
その後は別途に試算いたします。

84回均等払い(ご都合の良い時に残金一括返済の解約で金利割戻しあり)
初回 \29.740.
月々 \27.100.

また、ボーナス月に\68.000.の併用を行うと…

84回ボーナス併用払い(残金一括返済の解約で金利割戻しは同様)
初回 \23.940.
月々 \15.700.
ボーナス加算\68.000.×14回(年二回は\83.700.となります)

*これはほんの一例です。頭金、支払い回数などで色々なパターンが
 利用できますので、お問い合わせ頂ければ試算例を直ちにご返事
 致します。どうぞ気軽にお申し付け下さい。

そして、来年の3/27の金利なし一括払い、そして便利なのが3/27と
9/27の金利なし二回払いもOK!!

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

同時に、このお支払いパターンはバージョンアップにも当然適用可能。

VUK-P0の課税価格は\367.500.となります。

24回均等払い(ご都合の良い時に残金一括返済の解約で金利割戻しあり)
初回 \17.495.
月々 \16.400.

また、ボーナス月に\43.000.の併用を行うと…

24回ボーナス併用払い(残金一括返済の解約で金利割戻しは同様)
初回 \11.095.
月々 \9.200.
ボーナス加算\43.000.×4回(年二回は\52.200.となります)

*これはほんの一例です。頭金、支払い回数などで色々なパターンが
 利用できますので、お問い合わせ頂ければ試算例を直ちにご返事
 致します。どうぞ気軽にお申し付け下さい。

同様に来年の3/27の金利なし一括払い、そして便利なのが3/27と
9/27の金利なし二回払いもOK!!

*納品は上記のように先行しますが、お支払いはその後にしてチャンスを
 ゲットしましょう!!(分割払いは契約の翌月から支払い開始です)

*もちろん、上記のお求めは振込みによる一括払いも大歓迎です。

東京三菱銀行 秋葉原支店 
当座預金9015935 株式会社ダイナミックオーディオ


  ■□■□■□ An application form for VUK-P0 ■□■□■□

まず、今世紀最高と私が推奨するP-0s with VUK-P0の本体をご予約される
方は下記のキーワードを件名に貼り付け、お客様の住所、氏名、お電話を
記入の上、メールでお申し込み下さい。詳細をご返事いたします。

    EMail:kawamata@dynamicaudio.co.jp 


次に、P-0/P-0sのオーナーの皆様でバージョンアップを希望される方も
上記と同様の要領をご記入頂き、メールにてご応募下さい。

その際に現在ご使用中のモデルがP-0/P-0sのどちらであるかを確認させ
て頂きたいので忘れずに明記してください。そして、肝心なことですが
P-0/P-0s本体の後にシリアルナンバーの プレートがありますので、
必ずそれも明記してください。

*このどちらの場合にも、お支払いパターンをどのようにするか、上記の
 解説からご希望のものを選択してお知らせ下さい。私から今後のご案内
 を個別にご紹介してまいりますのでよろしくお願い致します。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

発売から5年が経過し、P-0からP-0sへ。そして、今回のVUK-P0の搭載は
これからの5年間、いや7年10年と皆様の耳と感性を刺激し、あるいは
和ませて、皆様の音楽鑑賞の将来に必ずや大きく貢献することを私は
自信を持ってお約束するものです。

そして、今回の皆様の投資を保護するというパフォーマンスは、これま
での過去5年間の実績で多数のオーナーが満足されてきた時間によって
既に半分は実証されています。10年先まで見通した満足感をどうぞ…!!


「VUK-P0 installe in P-0/P-0sバージョンアップについてのQ&A」

Q:内部的にはどのような改良(基盤の変更又は追加など)が行われるのか?

A:24ビット176.4kHz、3ppm以内の高精度水晶発振器を搭載し、44.1/
 88.2/176.4kHzワードシンク対応にともない、回路基板の追加、
 および接続端子板の新規交換がされます。


Q:P-70のように特別なアルゴリズム(RDOT)を用いたアップサンプリングを
 行うのか、dcsのように、ただアップサンプリングをするだけなのか?

A:RDOTのアルゴリズムにより最大176.4kHzにアップコンバートされます。


Q:アップグレードをしても、AES/EBUで44.1kHzを出力することは可能か?
Q:AES/EBU 1本使いでも24bit・88.2KHz 出力はできるでしょうか。

A:XLR、RCA出力端子による44.1、88.2kHzもスイッチで切り替え可能です。
(96kHzは不可)


Q:アップグレードにはどのぐらいの時間がかかるのか?

A:納期はお預かりして10日位を予定しております。

川又より---その期間中の代替機の貸し出しはご容赦下さい。


Q:日本ビクターのDA-999を使用していますが、バージョンアップした
 P-0sでハイサンプリング・ハイビット伝送は可能ですか?

A:JVCのDA-999はかなり前の設計ですので、P-Osのバージョンアップ品の
 88.2/176.4kHzでは使えません。(DA-999は33/44.1/48/96kHzのみ)
 尚、DA-999のワードシンクも32/44.1/48kHzのみで88.2kHzは不可と
 なっています。

川又より---ご使用中のD/Aコンバーターの取り扱い説明書をご覧下さい。
      または私にお問い合わせ下さい。お調べいたします。


Q:Timelord Chronos(クロノス)との併用はできますか?

A:はい、可能です。Chronosを使用するにはdcs992/2が必要ですが、
 実はこの992/2のクロック出力の6番と12番からは88.2KHzの
 ワードシンク信号が出力されています。バージョンアップ後は
 この88.2KHzのクロックリンクをP-0sで受信してください。
 44.1KHzのクロックリンクの状態よりも音質が更に向上します。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Q:P-0からP-0sを飛ばしていきなりVUK-P0へのバージョンアップは?

A:はい、可能です。その場合の価格は同じ35万です。駆動ノイズ対策は
 しませんが、若干メカ的なノイズの変化が出ることも予想されます。
 事前にお客様にはご理解をいただきたいと思います。


Q:既にdcs Purcell 1394を使用してElgar plus 1394へDSDへ送っています。
 この場合にはVUK-P0のアップコンバート機能は無用になってしまう
 のでしょうか?

A:いいえ、Purcell 1394に従来のように44.1kHzを入力してDSDに変換
 するよりも、Purcell 1394のRCA入力かAES/EBUに24bit/88.2kHzを
 入力してからDSDに変換すると更にいいですよ!!


Q:バージョンアップ後のP-0sには出力やクロックなどの切り替えスイッチ
 は装備されるのですか?

A:はい、もちろんです。後面パネルには、トグルスイッチで1Fs、
 2Fs,4Fsの切り替えが可能です。尚、これ以外のトグルスイッチは、
 1、WORD SYNCのON・OFF、
 2、DUAL・SINGL・OFF(XLR)
 3、BNCとRCAのON・OFFとなります。
 これらが装備され、バージョンアップ前と、その後の比較も出来ます。


Q:wadia 27ixを使用していますが、この場合バージョンアップの効果と
 してハイサンプリング・ハイビットに対応できますか?

A:輸入元に確認しました。wadia 27iX または27iXのバージョン3
 以降は24bit/88.2kHzと96kHz対応していますので大丈夫です。

川又より---ご使用中のD/Aコンバーターの取り扱い説明書をご覧下さい。
      または私にお問い合わせ下さい。お調べいたします。


Q:バージョンアップ後にST端子は使用可能なのでしょうか?
 可能なのであれば、是非バージョンアップしたいのですが。

A:残念ですがSTリンクはカットされます。BNC/RCAはそのままで
 AES/EBUが二系統になります。尚、44.1kHz以外には24Bit88.2と
 176.4kHzの出力が可能です。  88.2kHzはRCA端子1本かAE-3の
 XLR2本で送ります。176.4kHzはAES-3のみ。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Q:現在、私のDACがステラボックスのST2を使っているのですが、
 24bit96KHzまで対応とのことで、今回のバージョンアップにも対応できる
 と思うのですが、質問として、ST2をもう1台追加した場合、176.4KHz
 に対応できないでしょうか?

A:はい、ST2は単独で24bit96KHzまで対応はしています。
 ST2は単独でデジタル信号を受け入れて、ご存知の通りL・Rチャンネルに
 振り分けるという仕事もしているものです。
 従って、このST2にP-0sから片チャンネルのデジタル信号を入力すると
 同様なことをやってしまうわけです。
 つまり、もう一台増やしたとしても、二台のST2から4チャンネル分の変な??
 アナログ出力が出てくるものです。これでは、実用上問題があります。

 そこで、ご使用中のST2を私に修理扱いでお預け下さい。
 そして、ST2をもう一台ご発注下さい。

 この2台のST2のアナログ出力回路を輸入元にて設定変更させて、
 一台でモノラルのDACとして機能するように一台につき3万円程度の
 実費で改造させることを可能としました。176.4KHz対応できます。
 また、将来的には同様な実費で現状復帰も出来ます。

川又---この対応には苦慮しました。しかし、こんな手段も取れました!!


Q:現在 Mark Levinson No 360Lを使用していますが、この場合88.2Kに
  対応しているのでしょうか?説明書には、32K,44.1K,48K,96K の
 4つのサンプリングしか書いてありません。

A:問題なくNo 360Lは88.2キロを受信できます。輸入元では自社では
 88.1KHzを扱ったことがなく、経験も可能性もないということで
 説明書に表記していないだけです。私は以前からやっていました(^^ゞ



「今世紀最高のトランスポート・P-0s with VUK-P0カウントダウン!!」


■□■□■□ 限定50台 現在の受注数<< 7台 >> 9/4現在 ■□■□■□

     続いてのご発注本当にありがとうございます

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

このように日々のH.A.L.'s Circle Reviewにて残数の告知がされています。

最新の情報が皆様のオーディオライフに大きな変化をもたらします。
ぜひハルズサークルにご登録ください。

このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る