発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
2015年9月7日 No.1248
新企画⇒H.A.L.'s Recommendation-Stereo Sound Flat Transfer Series 2015!
「私の仕事は聴く事から始まる!!」というのは不肖、私の格言ですが…(^^ゞ
それはコンポーネントだけではありません。良い音楽ソースの発見という事も
皆様に対するプレゼンテーションの一環だと考えています!!

上述は三年前に初めてStereo Sound Flat Transfer Seriesの第一弾をご紹介
したリリースの冒頭の一言でした。そして、その思いは今も変わりありません。

今回も素晴らしい感動を与えてくれた新作をご紹介する前におさらいです。

No.990 2012年12月5日
【新企画⇒High quality CD by H.A.L.'s Recommendation-石川さゆり!!】
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/990.html

No.1019 2013年3月16日
【新企画⇒H.A.L.'s Recommendation-Stereo Sound Flat Transfer Series 石川さゆり!!】
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1019.html

No.1042 2013年5月14日
「当店だけが唯一店頭で試聴が出来て持ち帰り販売しているレアなディスクを紹介!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1042.html

No.1045 2013年6月12日
「H.A.L.'s Recommendation-Stereo Sound Flat Transfer Series 美空ひばり!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1045.html

No.1088 2013年12月14日
「H.A.L.'s impression-壮大で緻密なESOTERIC Grandiosoを聴く-Vol.1」
Stereo Sound Flat Transfer Series 美空ひばり「愛燦燦」「みだれ髪」
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=1884
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1088.html

No.1109 2014年4月29日
【新企画⇒H.A.L.'s Recommendation-Stereo Sound Flat Transfer Series 美空ひばりFinal!!】
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1109.html

このような歴史の元に2015年9月25日発売を予定する新譜が届きました!!

大橋純子「シルエット・ロマンス」
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2276

そして、後述しますが私が求め憧れていたあの曲のサンプル盤も同時に届きました。
興奮気味に聴き続けた試聴システムを先ずご紹介します。何とも贅沢なソース
コンポーネント3ブランドを全て使っての試聴であり、それらの個性を忠実に
描き出すCH PrecisionとHIRO Acousticという最高峰の組み合わせです!!

★下記のシステム構成で注目すべきポイントがあります。何でしょうか!?

◇ H.A.L.'s Sound Recipe / Stereo Sound Flat Transfer Series-inspection system ◇
 
………………………………………………………………………………
dCS Vivaldi Clock (税別¥1,920,000.)
http://www.taiyo-international.com/products/dcs/vivaldi-clock/
     and
dCS Vivaldi Transport (税別¥5,230,000.)
http://www.taiyo-international.com/products/dcs/vivaldi-transport/
     and
TRANSPARENT REFERENCE XL 110ΩAES/EBU DigitaL (XLR)×2 (税別¥960,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1037.html
http://www.axiss.co.jp/ftran.html
     and
dCS Vivaldi DAC (税別¥4,270,000.)
http://www.taiyo-international.com/products/dcs/vivaldi-dac/
     and
TRANSPARENT PLMM2X(3本)+PI8 (税別¥1,330,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/

      vs

ESOTERIC G-01(税別¥1,350,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/g01/index.html
     and
ESOTERIC  Grandioso P1 (税別¥2,500,000.)本体 ★E.M.G-board二枚使用
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/p1d1/index.html
     and
★Grandioso P1+D1の接続は付属:HDMI Cable
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1083.html
     and
ESOTERIC  Grandioso D1(税別¥2,500,000.)    ★E.M.G-board二枚使用
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/p1d1/index.html
     and
TRANSPARENT PLMM2X(4本)+PI8 (税別¥1,610,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/

      vs

MSB DiamondDAC-V(税別¥4,100,000.)
MSB Diamond Power Base V(税別¥820,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/msb-technology/diamond-dac-v/
     and
MSB Signature Universal Media Transport V(税別¥1,650,000.)
MSB Dual Transport Power Base V(税別¥680,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/msb-technology/universal-media-transport-v/
     and
MSB Galaxy clock (税別¥680,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150902-GalaxyClock.jpg

MSB Diamond volume contorol V (税別¥410,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150902-DiamondVolumeControlV.jpg

MSB USB2Quad DSD (税別¥396,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150902-USB2QuadDSD.jpg
★MSB システム合計税別¥8,736,000.
     and
TRANSPARENT PLMM2X(2本)+PI8 (税別¥1,050,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/

………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

TRANSPARENT GENERATION 5/REFERENCE XL XLBL 1.5(1.5m)(税別¥1,330,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/audio-cable/audio-cable-3/#cnt-reference-xl-2

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
CH Precision L1 (税別¥4,100,000.)
http://www.zephyrn.com/chprecision/page/L1%20pict.html
     and
TRANSPARENT PLMM2X+PI8 (税別¥770,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

CH Precision BLANCED-LINK 8.0m(税別¥700,000.)
http://www.zephyrn.com/chprecision/page/Blanced-link%20pict.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
CH Precision M1 Mono Power Amplifier 1Pair(税別¥13,000,000.)
http://www.zephyrn.com/chprecision/page/M1.html
     and
TRANSPARENT PLMM2X(15A+20A)+PIMMX 2set(税別¥2,200,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
CH Precision SBOARD×2(税別¥360,000.)
http://www.zephyrn.com/chprecision/page/SBOARD%20pict.html
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

Nanotec-Systems with HIRO Acoustic HNM-01B / 3.0m (税別¥300,000.)
http://www.phileweb.com/news/audio/201508/28/16247.html
     and
Cardas Audio Clear Beyond / 2.5m (税別¥1,174,000.)
http://www.taiyo-international.com/products/cardas/speaker/#beyond

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
HIRO Acoustic Laboratory MODEL-CCS Improved (1Pair ¥14,250,000.)
http://www.hiro-ac.jp/
     and
H.A.L.'s B-Board×2 (1枚/税別・配送費込み¥122,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html
「特報!!HIRO Acoustic Laboratory MODEL-CCS Improvedとはこれだ!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1199.html
ここに紹介した下記の二枚の写真でImprovedモデルとスピーカー本体とネット
ワークボックスをセットしたのがB-Board
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150306-model-ccs_improved01.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150306-model-ccs_improved02.jpg
………………………………………………………………………………

★下記のシステム構成で注目すべきポイントがあります。何でしょうか!?

本文中に上記の問いかけがありましたが、お気付きでしょうか?
下記システム構成のスピーカーケーブルのことだったのです!!

Nanotec-Systems with HIRO Acoustic HNM-01B / 3.0m (税別¥300,000.)
http://www.phileweb.com/news/audio/201508/28/16247.html

メーカーさんが早まって公開してしまいましたが、このケーブルはHIRO Acousticの
下記のような開発過程の中で生まれてきたものです。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1237.html

クロスオーバー・ネットワークとスピーカー本体をつなぐケーブルがことの他
優秀だったので、単品として販売出来ればというメーカーさんの願いがありました。

そして、そのケーブルにて下記の試聴を行ったもので第一印象としては大変に
良いものでした。しかし、それを私が推薦するか…、というと一筋縄ではいきません。

私は他のケーブルと比較して物足りないポイントを指摘して再度開発するように
メーカーさんにアドバイスし、今後の試作を待つことになりました。

でも、そのようなこだわりがなければ良い物は生まれてきません。皆様が既に
使用しておられるケーブルと比較して魅力あるものが出来るまで、今しばらく
お時間を頂ければと思います。ご期待下さい!!

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■大橋純子「シルエット・ロマンス」マスターCD-R:SSCDR-005
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2276

1981年11月発売の「シルエット・ロマンス」が同年に入ってからロングヒット
を果たし、同年末の『第24回日本レコード大賞』では最優秀歌唱賞を受賞。

これを録音したのは大橋純子31歳の時、正直に申し上げてこのCDは当フロアー
のコレクションにはないのでオリジナル盤の音質は知らないものです。

しかし、来生えつこ/来生たかおの作品は大好きでベストアルバムはCD LPの
両方で私は持っているもので、当然この曲も好きな一曲でした。同タイトル
二曲の背景は上記ステレオサウンドのサイトにて詳細があるので省略するが、
2014年のデジタル録音では64歳という年齢。この歌唱力が物凄い!!

上記のように錚々たる再生システムですが、このフロアーの環境とシステムで
大橋純子の「シルエット・ロマンス」を聴くのは私も初めてのこと。

三種類のプレーヤーシステムの比較も行いましたが、当然のこと、どれもが
素晴らしく甲乙つけがたい音質。ここでは各論として各社の音質的な相違を
述べるのではなく純粋に音楽に浸った心境を語りたい。

1981年のアナログマスターの「シルエット・ロマンス」のイントロを聴いて、
先ず驚いてしまった。ほのかなヒスノイズの向こうから現れたイントロは何と
ハープとオーボエというクラシックな楽器の絶妙な余韻感を伴う演奏。

これが歌謡曲の伴奏かと思うのは私が今まで知らなかっただけなのかもしれませんが、
この編曲者は何とジャズピアニストでもある鈴木宏昌が手掛けたもの。

すぐさまストリングスがしなやかに入って来るとウイドチャイムの輝く音色に
導かれ、31歳の大橋純子が登場!!HIRO Acousticの素晴らしい空間提示能力に
よってセンターに浮かび上がるヴォーカルの何とリアルなことか!!

この時になると34年前のアナログマスターのヒスノイズは消え去り、見事な
編曲で散りばめられた伴奏楽器が克明に描かれ始める!!

ハープの爪弾きが続く中でトロンボーンがしずしずと背後に響き渡り、短い
フレーズでフルートがさえずる!!こんな粋なアレンジがされていたとは!!

伸びのあるヴォーカルをマスクすることなくストリングスの流麗な響きが
背後に広がっていく快感はアナログマスターのせいなのか!!絶妙な空間表現の
中にヴォーカルの音像がきりりとスタンディングする情報量の素晴らしさ!!

知り尽くしているメロディーのはずなのに、背中から駆けあがって来る電流に
私の後頭部でスパークが起こり、じーんと胸中に湧き上がってくるのは何だ?

ノスタルジーではあるまいに妖艶な女心を夜中の試聴室で感じる、今初めて
知る「シルエット・ロマンス」の素晴らしさに三回も聴き直す始末!!

そうだ!!今思い出した。鈴木宏昌のニックネームはコルゲン。もう38年前か!?
ハービー・ハンコックの曲を日本のジャズメンが演奏していたテストレコード
を当時の店頭で鳴らしていたっけ!!

二曲目の「シルエット・ロマンス」は更に驚きの展開だった!!
http://www.walker21.co.jp/ohashijunko/

徳広 裕とyukkoの二人のキーボードプレーヤーがが創造したストリングテイスト
の深く広いチェロの音色を思わせるイントロに先ず驚く!!そして、広大な空間
を見せながらセンターに岡本美央のヴァイオリンがソロパートを奏でる!!

これが歌謡曲の伴奏か!?と思った一瞬後、私の目の前にはピアノソロが表れ、
ゆったりと繰り返すメロディーと共に64歳の大橋純子が登場する。えっ!

一瞬別人かと思うような歌声。人生経験の重みが歌声に表れているのか、
ピアノだけの伴奏で朗々と歌う大橋純子の深々としながら相変わらずの素晴ら
しい声量がセンターに立ちのぼり、リヴァーヴなど必要ないと言わんばかりの
エネルギッシュなヴォーカルに圧倒される私。この声は半端じゃない!!

ピアノとのデュオで大橋純子の圧倒的なヴォーカルに聴き惚れていると、次は
キーボードの弦楽器を模した低域が周辺の空間を埋め尽くし、センターの
ヴォーカルに対いて今度は左側に定位をずらしてヴァイオリンが寄り添うよう
なメロディーを奏でると右側では土屋 潔のギターが鮮明なアルペジオを奏でる。

デジタル録音のメリットは高S/Nに表れていて、伴奏楽器の細やかで微細な質感を
忠実に再生するが、この情報量の源は何かとMSB DiamondDAC-Vのディスプレー
を見ると「16/44.1KHz→32/352.8KHz」とさりげなく物語っている。

ハイレゾが流行語となっているオーディオ業界だが、私が日頃聴いているCDの
クォリティーは既に8倍アップサンプリングが当たり前になっている。

ここで三度目を聴き直してきました。ここで初めて、まともに聴いた思い出の
一曲が、私の頭の中で大人のロマンスを奏でる余韻は前例なき感動です!!
これは皆様に聴いて頂く価値ありと断言致します!!

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

そもそも上述のディスクを知ることになったいきさつですが…。

2015年8月30日 17:11 HAL-kawamata <kawamata@dynamicaudio.co.jp>:より

原田様
いつもお世話になります。

下記のニュースは知りませんでした。
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2276&005tm

大橋純子のディスクでしたら大変興味があります。
サンプル盤はありませんか?

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

川又さま

いつも大変お世話になっております。
少々ご無沙汰いたしておりましたが、現在、大橋純子「シルエット・ロマンス」の
CD-Rがレコーディングスタジオにて出来上がっており、後はジャケットの
仕上がりを待つのみであります。

そして、やっと、やっと、石川さゆり「ウイスキーが、お好きでしょ」のハーフ
インチ・アナログマスターテープが発掘されました!

川又さまには、ジャケットがセットアップされた商品をお渡ししようと思って
おりましたが、待てません。

明日31日、スタジオで制作されたそのままの状態で、川又さまにお送りさせて
いただきます。ぜひお聴きください!

まさに本日、川又さまにご連絡しようと考えていたところでした。

ご連絡いただき、ありがとうございました!

原田

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

思い返せば今年の3月くらいだったか…、ステレオサウンドの原田社長からの電話での一言。

「川又さん、石川さゆりさんの「ウィスキーが、お好きでしょ」のマスター
 テープが見つかるかもしれません。実現しそうだったら真っ先に知らせます」

とうかがっていたのですが、「天城越え」のCDを聴いた時から私がリクエスト
していた選曲だったのを原田社長は覚えていてくれたようなのです!!

私としては正に青天の霹靂とも言うべき驚きの一報でした!!
この情報はステレオサウンド本誌でもwebでも未公開のものであり、何とも
素晴らしい吉報として昨日サンプル盤が私の元に届いたのでした!!

5年ほど前に石川さゆりの曲で「ウィスキーが、お好きでしょ」がどうしても
聴きたくなってこのCDを購入したのでした。

『石川さゆりベスト・コレクション』
http://www.ishikawasayuri.com/news/2009/01/post_21.html

「琥珀色の時間〜THE COLLECTION OF SUNTORY WHISKY CM〜」
http://suntory-goods.jp/shopdetail/000000000241/

この二枚のCDで今まで「ウィスキーが、お好きでしょ」を何度となく聴いて
きたものですが、それはやはり商品化された音質だったのか?

1990年発表。作詞:田口俊、作曲:杉真理、編曲:斎藤ネコ、とここまでは
解かっていても果たしてマスターテープの音質はどうなんだろうと、ずっと
ずっと思い焦がれていたものでした。それが何とFlat Transferされるとは!!

上記の素晴らしいシステム構成で、閉店後で電話もないし静まり返った店内で
誰にも邪魔される事なく、さあ、これを聴こう!!

以前からあった二枚を先ず聴き直し、両者ともにほぼ同等な音質、今までこの
音しか知らなかったわけですから、果たして素顔の石川さゆりがどんなふうに
語りかけてくれるのか!?

細かく刻まれるシンバルの音から始まる一曲。左側ではコードをカットするギター、
右側ではブルースギターが軽妙なソロプレーを奏で、ホーンセクションが
ゆったりと背景を埋める導入部。もうここから違う!!

まるでインプロビゼーションかのようなプレーを見せる右側からのギターの
質感の違いに私のセンサーは先ず反応した!!

一弦一弦を弾く瞬間のバイブレーションというか、ピックの当たり具合が克明
に解かるような解像度の素晴らしさ!!のっけからの違いに思わず興奮する!!

こぶしを利かせた演歌調のヴォーカルではなく、石川さゆりの張りと伸びの
ある声質がセンターから浮き上がって来る「ウィスキーが、お好きでしょ」の
最初のフレーズで痺れてしまいました!!

ここで以前から聴いてきたディスクでは、壁に石川さゆりと伴奏楽器の写真を
貼り付けたような音場感であったのかと直感で違いを感じたのです!!

ところがFlat Transferで聴くと、ヴォーカルも伴奏楽器も空間でゆったりと
揺れ動くモビールのように楽音自身の周囲に空気感をまとわせ、ほのぼのとした
余韻感に包まれていることを鮮烈に聴き手に伝えてくるのです!!

以前は肝心な「ウィスキーが、お好きでしょ」の“スキー”の部分が硬直した
ように音像の質感をこわばらせ、思わずボリュームを下げたくなるような一瞬が
あったものですが、Flat Transferされた歌声はふんわりと余韻感を振り撒き、
緊張感など微塵もない素晴らしい歌声を4メートル先の空間に浮かべます!!

着膨れしない低音が魅力のHIRO Acousticが更に気を付けの号令の元に直立不動
の姿勢をびしっと決めたように、センター定位のペースの輪郭が極めて鮮明!!
こんなベースは以前には聴けなかったと再確認する。何度聴いてもいい!!

ストリングスはしなるようにテンションを高めつつも柔軟性を倍加し、実に
美しい調べとして背景を飾り、その真ん中にトロンボーンが儚い音色で登場
すると私の目の前にはネオンの灯りが見え始めるから不思議だ!!

解像度を素晴らしく向上させているのに逆にリラックスさせてくれる演奏!!
再生時間はジャスト3:00という「ウィスキーが、お好きでしょ」を今夜は
何回聴いただろうか!!

テレビCM画面上のクレジット表記は「Song by SAYURI」とされ、後にシングル
としてリリースする際も「SAYURI」名義でリリースされたという一曲。演歌ではありません。

そろそろ終電の時間を気にしつつ、深夜の試聴室で私はひと時の夢を見た。
この夢の続きを見るにはどうしたらいいのか。今夜は我が家の食卓ではなく、
カウンターのある店で片肘ついて「さゆり…」とつぶやいてみましょうか。
そこに「ウィスキーが、お好きでしょ」と声をかけてくれる美女がいれば…^^;

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

この曲とカップリングされたもう一曲は「夢の浮橋」という曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=Ygo3YSJQaZs
この曲に関しては何も述べませんでしたが、歌唱法としてはバリバリの演歌ですが、
伴奏のクォリティーも含めてハイファイ装置で聴いて十分に楽しめるものでした。
合わせてお楽しみ頂ければとご紹介致します。

さて、こんな思いを聴く人に与えてくれる素晴らしい音質で楽しめる一枚。
これをステレオサウンド誌よりも早く皆様にお伝え致しました。

順調にいけば大橋純子と同じくらいにお届け出来ることでしょう。

★これらのディスクは500枚だけの限定生産です。ご注意ください!!

このページに紹介されるより早く皆様からのご予約を承ります!!
http://store.stereosound.co.jp/products/list.php?category_id=8

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■大橋純子「シルエット・ロマンス」マスターCD-R:SSCDR-005
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2276

■石川さゆり「ウイスキーが、お好きでしょ」「夢の浮橋」マスターCD-R:

      ★1タイトル当たり税込み ¥8,640.送料無料★

お支払いは全て店頭での現金支払いか、下記の当社口座にお振り込みという
方法にて統一させて頂ければと思います。

みずほ銀行(銀行コード0001) 神田支店(支店コード108) 
当座預金 60711 口座名義 株式会社ダイナミックオーディオ

三菱東京UFJ銀行(銀行コード0005) 神田駅前支店(支店コード010)  
当座預金 2029305 口座名義 株式会社ダイナミックオーディオ

*上記のいずれかをご利用下さい。

<< Stereo Sound Flat Transfer Series/大橋純子・石川さゆり発注方法 >>

            キーワードはズバリ!!

             「Stereo Sound/石川さゆりweb」

             「Stereo Sound/大橋純子web」

             「Stereo Sound/石川さゆり+大橋純子web」

いずれかのキーワードを件名に貼り付けし、次の項目を本文スペースに
記入して下記アドレスへ送信して下さい。私としては二枚セットを推薦します!!

1.ご注文枚数
2.お名前
3.発送先の郵便番号
4.発送先ご住所
5.お振り込み 又は ご来店のいずれかをお知らせ下さい。

  以上の項目を書き込みしましたら下記にメールを送信して下さい。

         mailto:kawamata@dynamicaudio.co.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

予約受け付けからお届けまでの進行はご応募の皆様に後日お知らせ致します。
全国で唯一Stereo Sound Flat Transfer Seriesを店頭販売できるのは当店
だけです!!ぜひこの速報をご利用頂ければとお薦め致します!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!


戻る