発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2007年7月3日
No.512 「私が名付け親ですよ〜(^^ゞ あの“Voyager”が急に注目の的に!!」
そもそもはこのようなスタートでした!! こちら↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/504.html

そして、この48時間のうちに下記のようなニュースが飛び交っています!!

http://www.audiojunkies.com/blog/351  June 27, 2007
http://www.sixmoons.com/news/news.html June 07
http://crave.cnet.com/8301-1_105-9736496-1.html
http://www.luxurylaunches.com/gadgets/new_yg_acoustics_
voyager_loudspeakers_for_100000.php

http://gizmodo.com/gadgets/audio-nirvana/yg-acoustics-voyager-speakers-
for-rich-people-with-perfect-hearing-273182.php
http://blog.scifi.com/tech/  POSTED Thursday, June 28, 2007

上記リンクが正しく開かなかった場合には http://www.yg-acoustics.com/ の
トップページよりアクセスしてください。

今までもAnat2として同社のwebにはありましたが、にわかに脚光を浴び始めました。
多分 $100,000 というプライスにインパクトがあったのでしょうが、でも同社の
サイトではプライスについては述べていませんでした。

もちろん、http://avcat.jp/avnews/ (6/9)こちらのすっぱ抜きの方が早かったし、
上記のサイトでもニュースソースは同じようなものなのでコメントも同様でした。

welcome to contact them and request a private demonstration as
demonstrations are performed by personal invitation only

ということからも一般のショップでは取り扱いしない販売方法だということをコメ
ントしているようです。世界中でここH.A.L.だけが一般のユーザー向けに販売でき
るし実演していくということです。もちろんプライベートにYG Acousticsに申し込
んで聴かせてもらい注文してもよいわけですが(^^ゞ

よっぽどヨアヴ氏は“Voyager”というネーミングを気に入ってくれたようです。
でも、名付け親が日本人の私だということは上記のサイトは知らないことでしょう。

さて、そのヨアヴ氏より今回の“Voyager”をショップにて一般ユーザーに見せて
聴かせるという動きに関して次のようなコメントがありました。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Thanks to you and Mr. Kawamata for the thorough questions.

Here is my reply:

I will prepare all data on Voyager for your use.  
Voyagerに関する全ての情報を準備します。

The Voyager is only available in Japan to private customers as it has many
next-generation technologies which are not yet patented.
Voyagerは未だpatentを取っていないながらも多くの次世代の技術を備えている
製品で日本の個人顧客のみに提供します。

Since I have to protect my intellectual property, I do not trust most
countries with this product, as I am afraid that it will end up in the
hands of my competitors, who will copy some of its unique features.
この製品のユニークな特徴をコピーする様な競合相手の手に入る事を恐れているの
で、私自身の知的財産を保護するために私としては殆どの国を信用して居りません。

Normally I approve each and every customer personally for purchase, which
is why we only demonstrate and sell the product by invitation.
通常デモを通じて招待客のみに対して販売する理由は、購入して下さる各々の又
全てのお客様を自分自身で承認するからです

However, I am willing to make an exception when it comes to Japan, as the
culture is very honest and I feel very safe that nobody will resell the
product to any of my competitors.
しかしながら日本で販売したとしても、この国は文化的にも非常に正直であり、
競合先に転売する様な人はいないと安心しているからです。

The decision was done by myself, as I felt that now after 3 years of
experience working with Japan, I have established enough trust with Acca
and Dynamic Audio to offer them this unique product.
3年間以上になる日本での仕事経験からAccaとDynamic Audioに対してこのユニーク
な製品を提供して問題ないとの充分な確信を持ったので、この事を自分自身で決定
しました。

As you may remember, it was originally my idea to offer Voyager only to
Mr. Kawamata, for two reasons:
覚えていると思いますが、川又氏のみにVoyagerを提供する基本的な考えは以下の
2つです。

Mr. Kawamata is a well-known and trustworthy dealer, who will make sure
that the product is only sold to the right customers.
その1. 川又氏はVoyagerを相応しい顧客に販売する事ができる知識と信頼性がある
人物です。

Mr. Kawamata’s showroom has an impressive collection of ultra-high-end
flagship speakers, against which the Voyager can be fully appreciated.
その2. 川又氏のショールームにはVoyagerを充分に鑑賞できるultra-high-end
flagship スピーカーの品揃えがあります。

I will happily support Mr. Kawamata, with anything necessary in order to
promote YG Acoustics.
For instance, if in the day after TIAS 2007 Mr. Kawamata wants to do a
dealer show and demonstrate Voyager, I will gladly assist.
YG Acousticをプロモートするために必要な事ならば何でも喜んで川又氏を援助致
します。例えば、TIAS2007の後に川又さんがご希望であればディーラー・ショーや
Voyagerのデモを喜んでお手伝い致します。
(TIAS2007:Tokyo International Audio Show 2007)

■日本語訳はある方にお願いしたものです。この場を借りてお礼申し上げます。
 ありがとうございました。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

静かなデビューもいいものだと思っていましたが、にわかにネット上では話題に
なってきましたが、“private demonstration”ということでネット世界の人々は
認識しているでしょうし、そもそもそんな高いスピーカーなんて…と冗談半分で
一時のニュース性を面白がっているだけでしょう。きっと…

でも、“Voyager”は自分の正面に座った人間にしか本性を表さないものなのです。
世界中で一箇所だけ、本物の“Voyager”を見せて聴かせてくれるここにぜひお越
し頂ければと思います。その際にはぜひご予約をお願い致します<m(__)m>

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/appoint.html


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る