発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2007年6月7日
No.501 「たった?70万円でもH.A.L.認定の音質 ESOTERIC MG-20に感動しました!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/498.html

ここ↑でご紹介したシステムで日々ESOTERIC MG-20を聴いているうちに、最初の
システム↓で感動したイメージが蘇ってきました。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/495.html

しかし、HALCRO HALCRO dm8+dm88(税別\9,800,000.)とESOTERICのフラッグシップ
P-01+D-01+G-0Rb(税別\5,750,000.)をメインにしたシステムではいくらなんでも
非現実的というかアンバランス(^^ゞ

でも、あの時の感動を思い出すと現状の組み合わせでは物足りない。そうだ!!
“節度あるアップグレード”にチャレンジしてみようと思い立ったものです!!


        ◇ ESOTERIC MG-20-inspection system Vol.3◇

………………………………………………………………………………
ESOTERIC G-0s(税別\1,200,000.)
http://www.teac.co.jp/av/all_prod/esoteric/g0_g0s.html
     and
JORMA DIGITAL/BNC-BNC 24cm Internal Wire
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/470.html
     and
ESOTERIC X-01Limited(税別\1,350,000.)
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/x01_ux1/x01ltd_ux1ltd.html
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
ESOTERIC 7N-DA6000 MEXCEL RCA 1.0m  ×2Pair
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/mexcel/
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
Acoustic Plan“Sitar” (税別\780,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/423.html
http://www.axiss.co.jp/fAcousticPlan.html
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
ESOTERIC 7N-S9000 MEXCEL(2.0m×2本) ×2Pair
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/mexcel/9000.html
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC MG-20 (税別\700,000.)
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/mg20_10/
………………………………………………………………………………

ミュージックコンポーネントと称するAcoustic Plan“Sitar”は事実上はライン
入力専用のインテグレーテッドアンプであり価格は78万円。上記ブリーフニュース
No.423でも述べていますが、そのパフォーマンスは私が太鼓判を押したグレード。

http://www.dynamicaudio.jp/file/070603/MG20system.vol.3.jpg

このように、足元はZ-Boardでバッチリ固めている。

http://www.dynamicaudio.jp/file/070603/MG20_Z.Board.jpg

そして、トップにも以前ご紹介したように質量を上乗せしている。

http://www.dynamicaudio.jp/file/070522/mg20_mass.jpg

さて、ここで話題提供ですが、このMG-20のトップにZ-Boardでお馴染みの前田製管
株式会社のMMW(Metal Matrix Works)シリーズと同じもので、MG-20のトップに
デザインを合わせたものを厚さ6センチで重量10Kgのボードを特注したと先日の
配信でお知らせしましたが、どうせだったらMG-20の15Kgと同じ15Kgまで質量を
大きくしたものに変更することにしました。これでも厚みは9センチということ
なので、今乗せている御影石よりも高さは低くなり見栄えも良くなるでしょう。
そして、本体と同じ重量が加わってどのように音質が磨かれるのか楽しみです。

さあ、以前のようにデジタルアンプ構成のESOTERIC AZ-1とは一味違うテイストを
聴かせてくれるだろうという期待感からのチョイスでした。セッティング完了後の
第一印象でもすこぶる魅力的な音質でしたが、更に十分にバーンインしてからとい
うことで約70時間以上の通電とエンハンサーCDのリピートを行なってきました。

第一印象で驚いたもの、それは何といってもこの曲。
ちあきなおみ/ちあきなおみ全曲集「黄昏のビギン」でした!!
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/chiaki/disco/ce32335.html

日本人の歌声とニュアンスの豊かさが程よく録音に封じ込められた一曲ですが、
これをバーンインを十分に完了させてから聴きました。すると…!?

「何なんだ、この違いは!! まるで別物のスピーカーのようじゃないか!!」

モノラル構成として使用していたESOTERIC AZ-1は以前にも他のスピーカーに組み
合わせして素性の良さは確認していたもの。これと同社のUZ-1というシステムで
今まで聴き馴染んでいたものと根本的な相違が見られる。

アナログ入出力のアンプのせいか、同時にX-01LimitedにG-0sでWord syncをかけた
成果か、余韻感の圧倒的な違いがMG-20のマグネシウム・ドライバーの潜在能力を
引き出したのだろう!!

今までの ちあきなおみ のヴォーカルと伴奏の質感が研ぎ澄まされている。彼女の
ジャケット写真にはうっすらとホコリがかぶっていたようだ。“Sitar”のもてる
75W/chというパワーはX-01Limited+G-0sの情報量をしっかりと受け止め、その息吹
をふー!!と写真に吹きかけてホコリを吹き飛ばしたように ちあきなおみ の表情が
唇の動きとともに鮮明に現れ始めた!!

しかも、2ウエイであるMG-20の特徴か、大型スピーカーでは出しにくいヴォーカル
の低音階の響きというか、腹のそこから湧き出る声量の豊かさがマイクロホンの
ダイヤフラムに微妙なバイブレーションを与えたようなコブシの厚みが聴き取れる。
こんなスマートなMG-20から ちあきなおみ の分厚い声質が放射されようとは思っ
てもいなかった。

MG-20のセンターにポツンと浮かんだヴォーカルには立体的な陰影が感じられ、
貼り付けられたポスターではなく入念に仕上げられた塑像をイメージさせる。
小さなナイフの先端で目尻を描き唇の輪郭を区切り、ブラシを使って肌の肌理を
整えたように写実的な描写力が格段に進歩している。これは凄い!!

そして、口許の大きさが以前の半分程度に凝縮され、フォーカスがジャストピント
に調整されたのだということを初めて知らせてくれた。MG-20に追加したウエイト
の効果とWord sync注入というダブル効果を見事にMG-20が描き出す!! 快感だ!!

そして、ここに注目したい。フォーカスが鮮明になったということでシャープで
鋭利なイメージで冷たい印象になってしまったのでは…、という危惧を払拭して
くれる温度感を見事にAcoustic Plan“Sitar”が与えてくれた。私が以前のテスト
でも高く評価したポイントはここなのです!!

前段に真空管を使用したシグナルパスを持つハイブリッド構成の“Sitar”は
鮮明な輪郭表現をMG-20に与えたばかりではなく、その音像の中身にウェットで
ぬくもりのある潤いをしっかりと再現している。

まるで、ハロゲンランプの光源をオフにして蝋燭の明かりを灯した時のように、
今まで見えていたヴォーカルと伴奏の楽音に温かみのある色温度の違いが見える。
この違いは大きい!! そして心地いいのだから参ってしまう(^^ゞ

このようなマッチングの妙は私の経験でも希少なものです!!

この後に恒例の大貫妙子、フィリッパ・ジョルダーノ、などなど10枚近くのCDを
連続して聴き続けましたが、最初に観察した各項目の変化はすべてに共通し、更に
大型スピーカーで見られなかった秀麗さをMG-20がかもし出すようになっていた!!

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さあ、ではオーケストラはどうだ!?

マーラー交響曲第一番「巨人」小澤征爾/ボストン交響楽団第二楽章。
セミヨン・ビシュコフ指揮/パリ管弦楽団ビゼー「アルルの女」「カルメン」など
定番の試聴ディスクを次々に聴いてみた。

「これですよ、これ!! 弾力性と力強さ、それに繊細な表現がすべて蘇った!! 」

大げさではない!! 最も気にしている弦楽器の質感、それもほぐれていながら調和
がとれて解像度が素晴らしく、流れるようにアルコの繰り返しがMG-20の周囲に
溶け込むようにして浸透していく。

その中でトライアングルが、なんとも光りながら響きの金粉を振りまいていく!!
木管楽器の中心点から拡散するエコー感が以前にも増して広範囲な空間に届く!!
打楽器が膨らまずに背後から打ち鳴らされるとき、そのサイズが適正に響く!!
何と、スマートなMG-20がコントラバスのピッチカートをこんなに響かせるのか!!

ヴォーカルのディスクで感じ取り分析し、そしてオーケストラの演奏前に予見した
ことが次々に正解となり目の前で展開されていく快感はしてやったりというもの。
このシステム構成の変化はMG-20に当選確実の赤いバラを付けてくれました!!

気がついてみると、今日の私は居並ぶ錚々たるリファレンススピーカーたちを一度
も聴いていないじゃないか!!

この私の視線…、いや耳線(笑)を釘付けにしたということは、間違いなくMG-20に
は大型スピーカーにない魅力と潜在能力を持っているということです!!

どう価格帯、いや多少ご予算を70万円よりも上と考えていた皆様!!
本物のスピーカーのテイスト、玄人好みと私が称したMG-20を一度聴かないと後で
後悔することになりますよ!!

それにしてもAcoustic Plan“Sitar”とMG-20はベストマッチのカップルです!!
皆様のお好きな曲を皆様のお好きな音量で聴いてください。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/423-02.jpg

私の推薦が皆様のハートにびびっとくるか!? 答えは二つに一つです!!
この“Sitar”のリモコンのボタンのように!! (^^ゞ


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る