発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
    
2018年7月10日 No.1484
 HIRO Acoustic MODEL-CCX Improvedなしのバリエーションモデル決定!!

2018年1月25日 No.1451
HIRO Acoustic Laboratory MODEL-C4CSの予価が決定しました!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1451.html

現在のHIRO Acoustic製品の価格体系は上記にてご紹介していました。そして…

2018年6月7日 No.1476
HIRO Acoustic MODEL-CCCSをオールAccuphaseで鳴らすトライアル企画予告!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1476.html

私は今回の企画で音質評価する前はHIRO Acousticをマルチアンプシステムで
鳴らすことに関して、どちらかというと否定的な発言をしてきました。

何といっても、その実態を私は音質として確認できていなかったからです。
そして、次のようにクロスオーバーネットワークに関しても大変なこだわりと
実験試聴を行って作り上げてきたという自信があったからです。

特報!!HIRO Acoustic Laboratory MODEL-CCS Improvedとはこれだ!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1199.html

上記ではクロスオーバーネットワークへの情熱とこだわりを確認してきました。

HIRO Acoustic Laboratory MODEL-CCS Improvedの最終音質とは!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1237.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1175.html

上記ではスピーカーケーブルへのこだわりで決定した音の価値観を確認していました。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

H.A.L.'s One point impression!! - Very Exciting Sound by HIRO Acoustic and Accuphase
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1482.html

H.A.L.'s One point impression!! - Very Exciting Sound by HIRO Acoustic and Accuphase Vol.2
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1483.html

この感動体験によってハイレベルなコンポーネントを使用し、慎重でありセンスの
良いチューニングを行う事で、マルチアンプシステムでの可能性を高く評価し
HIRO Acoustic MODEL-CCSシリーズのスピーカー本体のみでの販売を検討しました。

MODEL-CCX Improvedを付属させないHIRO Acoustic製品の価格を初公開致します!!

■製品名 MODEL-CCX Improved 純正クロスオーバーネットワーク(ペア)¥3,100,000

■スピーカー本体のみ(ペア)       ■別売とした場合の純正接続ケーブル
MODEL-CCS ¥11,150,000               MODEL-CCS用¥390,000
MODEL-CCCS ¥19,380,000              MODEL-CCCS用¥460,000
MODEL-C4CS ¥41,860,000              MODEL-C4CS用¥760,000

ポイントとしては最初にスピーカーのみ購入して後日にMODEL-CCX Improvedを別売で
購入された場合には接続ケーブルが別料金になるということになります。もちろん、
クロスオーバーネットワークとスピーカー間のケーブルをご自身で用意されるという
事であれば実質的に下記のシステム価格と同じになります。

■スピーカーとクロスオーバーネットワークにケーブルを含むシステムは下記の価格
http://www.dynamicaudio.jp/5555/7/hiro/price2018.01.20.pdf

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ここで注意点がいくつかありますので説明させて頂きます。

HIRO Acousticのスピーカーの音質は初めてH.A.L.に持ち込まれてから上記のように
多項目に渡るチューニングを重ねて吟味した結果の音質であり、それには純正の
クロスオーバーネットワーク使用を前提としてきたものでした。

従いまして、マルチアンプシステムでの音質調整に関してはユーザーの自己責任に
おいて取り組んで頂くものであり、メーカーとしての音質保証の対象とはなりません。

もちろん、チャンネルディバイダーにおけるクロスオーバー周波数などは上記の
私の試聴レポートなどでも公表しているので参考にして頂いてよいものですが、
ユーザーの好みに一致するかどうかという論点に関してはアドバイスのみとなります。

マルチアンプシステムに取り組んでおられるユーザーであれば、ご理解頂ける事と
思いますが、チューニングのセンスは使い手にお任せするということで検討して
頂ければと思います。

次にアンプダイレクトでスピーカーユニットと接続した場合には過大入力などで
ユニット破損の可能性が高くなりますので、不適切な使用での故障や破損に関しては
保証対象外となりますのでご了承頂ければと思います。

HIRO Acousticの潜在能力が今回の企画で証明されましたので、今後は合理的に
マルチアンプシステムのユーザーに対応していけることになりました!!

そのような志をお持ちの皆様はどうぞ何なりとご相談頂ければと推奨致します!!

川又利明
担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!


戻る