No.0577 2014年4月4日
 新着投稿⇒H.A.L.'s Monitor short Report-Zonotone Shupreme Series 

Vol.3「音の密度が上がり音の粒子が緻密になりました!!」

東京都稲城市 Y.Y 様より

前回の投稿をご紹介致します。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_moni0570.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_hear0541.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/951.html

■モニター製品

・7NSP-Shupreme 1(2.0mx2, Y/B)x1セット(スピーカーケーブル)
・7NAC-Shupreme 1(1.0mx2, RCA)x1セット(インターコネクトケーブル)
・7NPS-Shupreme 1(1.8m)x1セット(電源ケーブル)

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Shupreme 1をお貸しいただきありがとうございました。
連絡が遅れ申し訳ありません。

さすがにZonotoneのトップモデルは造りがちがいますね。
RCAケーブルにはアース端子が別途ついていて、外部電磁ノイズに対する
徹底的な対策には驚かされます。

見ただけでいい音を奏でることがわかります。

最初にプリーメイン間にShupreme 1を入れ、次にパワーの電源ケーブルを追加し、
最後にスピーカーケーブルを追加しました。

プリーメイン間にShupreme 1を入れときにすぐに感じたのはノイズレベルの
低さです。ホール残響が綺麗に消えていく様子には鳥肌が立つ思いでした。

ギドン・クレーメルのヴァイオリンソナタはご存知のように残響の大きい寺院
で録音されていますから、ヴァイオリンの直接音と反射音、残響がうまく重なり
合い、とてもいいホール効果があります。

この反射音と残響の響きの大きさが一つの視聴の目安になるのですが、
Shupreme 1はその響きを減衰させずに表現してくれます。

また、音の密度が上がり音の粒子が緻密になりました。ただ音量が大きくなる
ということは別次元の話です。

先ほどのヴァイオリンの直接音と反射音、残響が聞き分けられそうなその
ような細やかさです。

ケーブルを次々にShupreme 1に変えていくことで、緻密さと響きがどんどん
増していきました。
流石に音の統一性がちゃんと確保されていることに驚きを感じます。

ヴァイオリン1本からサンサーンスのオルガンのような重低音が含まれた
フルオーケストラまで繊細にそして緻密に音像を描き出してくれるケーブルは
たいしたものです。

3種類のケーブルを一機に元に戻すと、音が痩せ非常にプアーになることが
分かります。これが一番わかりやすかったかもしれません。

ありがとうございました。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Y.Y 様ありがとうございました。気に入って頂けました様子で何よりでした。

2014年2月11日
No.1095 「H.A.L.'s One point impression!!-Zonotone 7NSP-Shupreme 1」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1095.html

お陰さまで上記の試聴体験から本企画をはじめましてから、ハルズサークルの
皆様からもご注文を頂戴するようになりました。ありがとうございました。

メーカーデモ機はフル稼働で全国の会員の皆様へ飛び回っております。
どうぞ皆様もハルズモニターをご利用頂ければと思います!!

そして、モニター体験者の皆様のご感想を心待ちにしております。
何卒よろしくお願い致します。<m(__)m>


そして、この機会に皆様もハルズサークルにどうぞご入会下さい。




担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る