発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年9月8日
No.746 「DEVIALET D-PremierのPHONO入力をLINE入力に変更する方法!!」
 
これはD-Premierのオーナーにしか関係ない話題なのか?いえいえ、D-Premierの
将来性と価値観に関わる話題として多くの皆様にお知らせしたい事です!!
 
http://www.devialet.com/index.php
 
上記のようにDEVIALETのサイトが一新されましたので、ぜひご覧下さい。大分
情報量が増えましたね〜当然、日本でのショップ紹介はH.A.L.にリンクされて
います!!
 
この中のD-PREMIER BOOKLET/BROCHUREでの日本語版テキストは私が書きました。
でも、時間がなかったので5ページまでしかやっていませんが…。ちなみに
原稿料は一円ももらっていません(笑)
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/d-premier/d-pre_func.html
 
さて、上記の紹介ページでも述べていますが、将来的にはDEVIALETのサイトで
ユーザー登録や開発された新ソフトのダウンロードが出来るようになります。
 
そうすると、皆様のD-Premierはオーナーの必要性において各種の機能性を追加
変更出来るように進化していくのですが、現在はまだそのサービスは始まって
いないものです。
 
しかし…、日本では!?というか私は、ちょっとその先を行くということで、
ファンクションの変更を行うプログラムと説明用テキストを入手しました!!
ご希望のD-Premierオーナーの皆様にお知らせしようと思ったものです。
 
工場出荷時のデフォルトとしてD-Premierのアナログ入力端子はPHONO-RCA×2
LINE-RCA×2となっています。通常はデジタル入力1本で高品位な再生を行い
ますが、PHONOを使用していないユーザーの場合には同端子をLINE入力に変換し
SACDプレーヤーの出力やテープデッキなどのコンポーネントを接続することが
出来るように変更できるのです。つまりライン入力二系統にするということです。
 
このように進化するD-Premierの付加価値としてお知らせ致しました。
ぜひ皆様にもD-Premierを体験し魅力をご理解頂ければと願っています。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/737.html
 
そして、上記設定変更を希望されるオーナーの皆様は気軽に私にお申し込み
頂ければと思います。D-Premierの世界初、先陣を切ってのサービスとして
解説用テキストとソフトウエアを添付ファイルにてお送りします!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る