発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年7月26日
No.737 「新企画⇒H.A.L.'s Monitor-DEVIALET D-Premierが遂に実現しました!!」
 
先日ハルズサークルに配信した「DEVIALETのキーパーソンが急きょ来店します!!」
で面白いエピソードを耳にしましたのでご紹介しましょう。
 
ハルズモニターも開始されたDEVIALET D-Premierですが、同社から久しぶりに
二人のキーパーソンが来日することになりました。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/d-premier/d-pre_tech.html
 
上記でもご紹介しているManuel de la Fuenteさんと同僚のQuentin Sannieさん
のお二人が来訪されたのです。
 
先ず、彼らが世界中を飛び回ってD-Premierのプレゼンテーションをしている
そうなのですが、常にKiso Acoustic HB-1を持ち歩いて音出しをしているとのこと。
それほど気に入ってもらいましたが、何といっても小型軽量というメリットが
大きいようです。私としてもうれしい話でした。
 
そして、何と名監督デヴィッド・リンチのロスアンゼルスにある自宅を訪れて
DEVIALET D-PremierとKiso Acoustic HB-1で実演してきたというのです!!
 
新しいところでは、2006年製作のアメリカ合衆国・ポーランド合作映画である
『Inland Empire』の監督を務めたわけですが、それはそれは多数の作品を
手がけた名監督です。やはりセンスが光る製品は多方面で評価されるものです。
 
            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
ハルズサークルの皆様は既にDEVIALET D-Premierのことはご存じのことでしょう。
でも、実際に聴かれたという方は会員の何パーセントだろうか〜(^_^;)
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/d-premier/d-pre_top.html
 
40センチ四方のコンパクトサイズで6.9Kgという扱いやすい重さ。
考え方によっては、これほどハルズモニターの企画にマッチする製品はないと
思われるのですが、なぜ今まで私は踏み切れなかったのか?
 
一つは入荷数が少ないこと、もうひとつの理由は美しいボディーに万一の傷が
付いてしまったらどうしようか…、ということでした。
 
そこで私は考えに考えて、これらの問題を解決するアイデアを思いつきました!!
 
全国で唯一試聴が出来る当フロアーから一気に全国津々浦々の会員の皆様の
自宅へと、DEVIALET D-Premierの魅力を体験するステージを広げようと思います!!
 
本企画を利用されたい方は先ずハルズサークルのご入会から。
 


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る