発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年4月22日
No.710 「DEVIALET D-Premierは何とB&W Nautilus対応の設計がされていました!!」
 
これから間違いなくヒットするであろう音質のDEVIALET D-Premierですが、
当面は日本では私の独占販売という事でセールスをスタート致しますが、一部
の雑誌にこんな記事が掲載されるとご紹介しました。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100414/2010_SPRING_Analog.pdf
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100414/2010-04_article_hifinews.pdf
 
さて、次の写真をご覧下さい
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100414/photo1.jpg
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100414/photo2.jpg
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100414/photo3.jpg
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100414/photo4.jpg
 
何でD-Premierが三台も四台もスタックしてあるのか?
 
実は、D-PremierはSDカードによって様々なプログラムをインストールするこ
とが可能であり、将来的に進化し続けるアンプであると紹介していましたが、
その機能性の一項目としてアクティブ・チャンネル・ディバイダー機能をも
設定可能であるという事が新事実として解かりました!!
 
つまり、一台のD-Premierで再生する帯域をデジタル領域で設定出来るという
事であり、2Wayから4Way以上のどんなスピーカーに対してもマルチアンプ駆動
が出来るということなのです。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/453.html
 
私は現在ここで実演しているB&W Nautilusのデジタル駆動に関しては上記の
ようにGOLDMUND  MIMESIS 24MEなどのユニバーサル・プリアンプが必須で
あると思っていたのですが、何とD-Premierを4台使用することで実現出来て
しまうということなのです!!
 
しかも、システム構成も大変シンプルであり、魅力的なD-Premierのリモコン
もそのまま使用できるわけです!!
 
当然Nautilus以外のスピーカーにも同様な対応が出来ますので、D-Premierの
魅力が益々大きくなってきたということで速報させて頂きました!!
 
直ちに納品可能な在庫が入荷しましたので、ぜひ皆様ご検討下さいませ!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る