発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2009年2月20日
No.639 「緊急企画⇒Friday concert Vol.35-Project K2をH.A.L.が斬る!! 」
 
           ■ 今回の企画内容 ■

今回の発想はいたって単純です!!

「H.A.L.でなくては出来ないこと!! 今でなくては出来ないこと!!」

このモットーにのっとり、そのものズバリのタイムリーなビッグイベントを
企画致しました!!

先ずはそのイントロです…2009年1月20日 アメリカ合衆国大統領就任式から
始まる次のファイルを1ページずつご覧下さい。

★このリンクは現在ハルズサークルのみに公開されています。

スポーツの祭典からグラミー賞、エリック・クラプトン・ジャパンツアーから
第81回アカデミー賞まで、本場アメリカの熱狂を伝える場面にJBLあり!!

興奮と感動の陰でスピーチを届けるのもコンサートの大音響を伝えるのもJBL
という存在感が60年以上の歴史と共に進化してきたわけです。

そして、2009年2月17日のこと、JBLの歴史にまた新しい1ページが誕生しました!!
盛況盛大のうちに発表されたK2 S9900を各社の記事からご覧ください!!

http://www.phileweb.com/news/audio/200902/17/8733.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090217/jbl.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000061-zdn_lp-sci

http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/newsheadline_3075.html

http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/feature_591.html

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0902/17/news017.html

実は、この私も若い頃はJBLにあこがれたものであり、ちょっと変わったJBLの
変則5ウェイ・マルチアンプ駆動のスピーカーを使っていたものでした(^^ゞ

そして、聴くのはもっぱらジャズ・ロックという曲がほとんどで、今回は70年
代から80年代に私が聴いてきた曲を中心に迫力で迫りたいという趣向のFriday
concertを行ってみようと思ったものです。

さて、上記のように各社から報道されたProject K2 S9900の詳細ですが、何と
この発表会の席上で上映されたビジュアルデータをハルズサークルの皆様だけ
にお届け致します!! これは発表会でスクリーンに上映され、出席した各社が
見たものですから、ハルズサークルの皆様も発表会に参加されたも同じこと!!

★このリンクは現在ハルズサークルのみに公開されています。

JBLのタイトルから始まる66ページに渡るスライドショーをどうぞお楽しみください。

精細かつ美しい写真でK2 S9900のアウトラインをご覧頂いた後には、何と!!
報道各社に配布されたものと同じ「Project K2 S9900 White Paper」を全国の
どのショップよりも早くハルズサークルの皆様にお届け致します!!

★このリンクは現在ハルズサークルのみに公開されています。

16ページに渡るシステムコンセプトと詳細な解説とスペック、これを一読して
頂ければ私からの説明は不要というもの。あとはじっくりとProject K2 S9900
の素晴らしさを実際の演奏として皆様にお聴き頂くことだけに集中できると
いうものです!!

H.A.L.の総力を上げてProject K2 S9900を鳴らし切るということはどういう事
なのか!? 前代未聞の豪華なシステム構成で皆様に興奮のひと時をお届けします!!


the subject .1「こんな物凄いドラム・ベースを聴いたことがあるか!?」

JBLの醍醐味は何と言ってもリズム楽器の迫力。私が30年前にJBLに惚れ込んだ
音とは目の前で空気が爆発したように炸裂したドラムでした。
ハイスピードとは何だろうか、引き締まった低域とはどういうことか?
ダンピングファクターってどういうこと? などと興奮していたものです。

フルデジタル伝送によってGOLDMUND TELOS 5000を使用します!!

こんな組み合わせは、申し訳ないですがJBLのIndustrial Design Daniel Ashcraftだって、
System DesignのGreg Timbersも、Transducer DesignのJerry Moroだって誰も
聴いたことがないでしょう。

私が知りえる限り地上最高のドライバビリティーを有するTELOS 5000によって
K2 S9900のために新開発された1500AL-1と476Mgが果たして悲鳴を上げるのか
それとも、ゆとりの表情を見せるのか!?

イーグルス、フリートウッドマック、サンタナ、スティービーワンダー、
ビートルズ、山下達郎、スティーリーダン、などなど、あー!!あれもこれも
聴きたい!!何をかけようか!! これは聴き逃し出来ないワンアンドオンリーの
エフコンになりそうです!!

皆様の腹に響き全身をしびれさせる熱いを音をクールなGOLDMUNDでお届けします!!


◇Friday concert Vol.35-JBL Project K2 S9900-inspection system Vol.1◇

………………………………………………………………………………
GOLDMUND Multiformat Player EIDOS REFERENCE (税別\8,500,000.)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/ultimate/eidos_ref.html
          and
TRANSPARENT PIMM+PLMM(税別\606,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE 1.5m(税別\95,000.)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/accessories/index.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
GOLDMUND  MIMESIS 24ME(税別\5,800,000.)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/ultimate/mimesis24.html
     and
TRANSPARENT PLMM+PI8(税別\606,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
     and
Harmonic Resolution Systems SXR Audio Stand/3Frame(税込み\2,030,000.)
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/news/
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/pdf/SXR.pdf
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE 10.0m(特注)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/accessories/index.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………

GOLDMUND TELOS 5000(税別\38,000,000.)
http://www.goldmund.com/products/telos5000/

………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

GOLDMUND TELOS 5000付属専用 LINEAL SPEAKER CABLE
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/accessories/index.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
JBL Project K2 S9900(税別\4,000,000./1pair)
     and
H.A.L.'s original“B-board”(二枚/税込み\256,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/B-bord.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/521.html
………………………………………………………………………………


the subject .2「K2へ登攀するアプローチは何通りもある!!逆転の発想です!!」

フルデジタル伝送による超ハイテンションのシステムでK2 S9900をキリキリと
絞りあげた後に私が用意するのは極上のSweetsです。(^^ゞ

何が甘いのか!? しかし!!決してデザートではありません!!

K2にふさわしい最高峰のアナログプレーヤーと管球式フォノイコライザー、
そして、最近発見した極上・最高級の管球式ハイエンドアンプ、というライン
アップでアナログレコードのみを使用し、伝送系はすべて真空管という全く
対象的なシステム構成でJBL Project K2 S9900のもうひとつの表情を引き出します。

ここの試聴室で使用しているLPレコードは、実は私の個人的なコレクションを
持ってきているものです。当然古いもの(笑)ばかりですが、だからこそレアで
あり皆様を興奮させる録音がたくさん持ちネタとしてあるものです。

アナログレコードに真空管だったら、そりゃ〜ゆったりのんびりした音だろう
とお思いでしょうが、そうは問屋がおろしません!!(^^ゞ

本来のアナログとはCD化する前の音源と同じものであり、源流をたどれば同じ
マスターであり音源から作られているものです。そして、私が選んだ管球式の
アンプOctave Jubileeシリーズですが、このアンプの出す低域は実は凄いのです!!

空気をはらんだ自然さがあり、高速反応のスピード感を有し、ぐぐっと来る
重量感をすべてモノにしていると言える驚嘆の管球アンプなのです!!

輪郭表現はリジッドに、しかし、その音像の中身に温度感と柔軟性があると
言ったらお分かり頂けるでしょうか!?

当然、こんな豪華なシステムでJBLの設計者たちも聴いたことはないでしょう。
自分たちが送りだしたスピーカーが、この日本で自分たちが体験したことの
ない音で鳴らされるのです。こんな素晴らしいシステム構成で実演されると
いうことを知ったら悔しがるでしょうか(笑)

GOLDMUND TELOS 5000と対比してJBL Project K2 S9900を鳴らす第二幕は絶対
聴き逃すと損です!!


◇Friday concert Vol.35-JBL Project K2 S9900-inspection system Vol.2◇

………………………………………………………………………………
Caliburn Analogue Playback System (税別 \18,400,000.)
http://www.zephyrn.com/products/continuum/continuum_index.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto56.html
          and
Lyra Titan (税別\540,000.)
http://www.scantech.co.jp/titan.html
          and
TRANSPARENT PIMM+PLMM(税別\606,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
………………………………………………………………………………

                ▽ ▽ ▽

………………………………………………………………………………
AESTHETIX Vacuum Tube PhonoStage Preamplifier / Io Eclipse(税別\3,750,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/081104/IoEclipse.pdf
     and
TRANSPARENT PLMM+PI8(税別\606,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
     and
Harmonic Resolution Systems SXR Audio Stand/3Frame(税込み\2,030,000.)
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/news/
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/pdf/SXR.pdf
………………………………………………………………………………

                ▽ ▽ ▽

………………………………………………………………………………
Octave Jubilee Preamplifier (税別\4,500,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/090208/JubileePre1.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/090208/JubileePre2.jpg
     and
TRANSPARENT PLMM+PI8(税別\606,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

ESOTERIC 7N-A2500 MEXCEL XLR 7.0m(税別\2,280,000.)
http://www.teac.co.jp/audio/esoteric/7na2500/index.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
Octave Jubilee Reference Mono Poweramplifier (税別\8,000,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/090208/JubileeMono1.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/090208/JubileeMono2.jpg
          and
TRANSPARENT PIMM+PLMM(税別\606,000.)×2set
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

JORMA DESIGN JORMA PRIME Biwire/3.0m (税別\3,350,000.) 
http://www.cs-field.co.jp/jormadesign/jormadesignmain.htm

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
JBL Project K2 S9900(税別\4,000,000./1pair)
     and
H.A.L.'s original“B-board”(二枚/税込み\256,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/B-bord.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/521.html
………………………………………………………………………………

今回のエフコンは業界関係者の見学や飛び入りがあるかもしれません。もしか
したらハーマンインターナショナルの代表者がスピーチをしたいと申し入れが
あるかもしれません!?(^^ゞいや、これは勝手な想像ですが(笑)

このイベントが終わった翌日にはK2 S9900は他の場所に移動してしまうので、
この機会でないと聴けないハイエンドオーディオの一期一会という企画です。

当日は私のノリで(^^ゞ終演が長引く可能性もありますので、今からお詫びし
ておきましょう!! 今回の選曲は比較試聴のためではありません。私が皆様に
お聞かせしたい曲、感動して頂きたい曲をどんどんおかけしていきます!!

商品解説はしないつもりです(^^ゞ

とにかく音楽を楽しんでください。じっと座っているだけでも手に汗握ると
いう体験をお土産に皆様をおもてなししたいと思います!!

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■ハーマンインターナショナルの皆さん、今回はMarklevinsonは使いません。
 ごめんなさい<m(__)m>でも、その代り皆さんが聴いたことのないJBLの音を
 出してみることに挑戦したいと思います!!

■参加者の皆様の体験レポートが今から楽しみでなりません!!


        ◇ “Friday concert”Vol.35 ◇

    開催日時:2/27  金曜日:午後6時開場 開演午後7時〜終演午後9時


         << 今回の“エフコン”予約方法 >>

            キーワードはズバリ!!

    ★応募方法はハルズサークルのみに配信されています。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さあ、今からでも間に合います。こんなイベントに参加したいという方は
この機会にハルズサークルにご入会下さい!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る