発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2007年1月24日
No.461 「一月前のアンケートが新製品として本日正式発表されました!!」
12/1配信のNo.1409にて下記のようなアンケートのご協力をお願いしていました。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/448.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/449.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/450.html

さあ、PS-1500のレポート三部作です。
もう皆様ご存知だと思いますが、コンポーネントに対する取り組みは色々と行ない
ましたが、私がここで出来ない実験が一つだけあります。

そうです!! “200V仕様のPS-1500はどうなのか”ということです。
http://www.teac.co.jp/av/esoteric/ps1500/

                  -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、この下調べで何かあるな〜^_^;と思われた方もいらっしゃるかと思いますが
本日正式に下記の新製品としてプレス関係に発表されました!!

◆業界最速情報 http://www.dynamicaudio.jp/file/070122/PS1500-200V.pdf

ESOTERIC PS-1500/200V→100V仕様 税別定価 \630,000.

本来は通常のものよりも原価として10%値上がりする予定だったのですが、
5%ほどの定価アップということでがんばってくれました。

私の税込み販売価格は \5**,**0. ということでご案内させて頂きます!!

そして、上記のファイルにもありますが基本的には受注生産ということで一般公開
されますが、今後はどのようなタイミングで納期が設定されるのか、ということに
なりますと…。

このPS-1500/200Vはキーパーツとなる6N Cu素線WBトランスの生産で、ある程度の
台数をまとめて作るという必然性がありながら、特殊な電圧仕様のために需要と
してはいきなり多くを求められないだろうという相反する想定があります。

そこでESOTERICが決定したのは、この6N Cu素線WBトランスの1ロットでの生産を
20台としてスタートしようということでした。そして、最初の20台を三月末までに
生産予定としていますが、初ロットの需要としてはある程度見込めるものですが、
第二ロットについては、発売前の現在は未定だそうです。

つまり、21番目のオーダーに関してはその後に受注するペースによってある程度
数がまとまってからの生産ということになってしまいそうで、それで第二ロットの
出荷予定が決められないということです。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私は一ヶ月前のアンケートにご協力頂いた皆様に、いや他のハルズサークルの皆様
にもなるべく早期にお届けしたいという願いがあり、本日より正式な受注を承るこ
とに致しました。

こんなハルズサークルにどうぞご入会ください。

皆様のご注文をお待ちしております。<m(__)m>


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る