発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2005年11月1日
No.373 「第二回“エフコン”が開催されました!!」
予定通り10/28にシリーズ企画、第二回“エフコン”が盛況のうちに開催されました。
最もご遠方から駆けつけられたW様は仙台市の会員でした。

先ずは、当日の模様をご覧下さい。

http://www.dynamicaudio.jp/file/051028/guest.jpg
(ご来場の皆様にWeb掲載をご快諾頂きました)

ここの試聴室ではスピーカーなどコンポーネントのスペースを優先しており、かつ
最適リスニングポイントを絞り込んで私がシートの位置を決めているので意外と
収容人数が少ないものです。ちょっと窮屈で申し訳ございませんでした<m(__)m>

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

当日の“Friday concert”Vol.2での進行はこんな概要でした。先ずは…

the subject .1「Wisdom Audio The Adrenaline Series M-50の可能性を探る!!」

これは私がNo.1173で述べたチューニングの苦労話で使用した曲と同じ大貫妙子を
かけて、“ACTIVE BRAIN”のノブをわずか5ミリだけ動かして、その音質変化の
微妙なところを皆さんに聴き比べて頂きました。先週は5ミリをプラスの方向へ
回したのですが、今回はマイナスの方向へ回し変化を確認して頂きました。
もちろん、その後で私の選曲で数曲お楽しみいただきました。


the subject .2「CDトランスポート三つ巴の対決をNautilusがJudgeする!!」

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/event0510-12.html
ここでもご紹介しているCEC TL-0X がここで登場します!!
http://www.cec-web.co.jp/frame_set.html
そして、それを鳴らすのが何と何とこのシステムだから堪らない!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/351.html

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、この現場写真がこれです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/051028/system.jpg

こちらの左端にセットしたので前述のBrumester 969 vs CEC TL-0Xの比較が出来な
かったものでした。しかし、この三台の比較試聴には皆さん集中して聴き入られて
いらっしゃいました。こんな出し物が揃うのもここだけですから(^^ゞ

さて、皆さんの印象はいかがでしたでしょうか?


the subject .3「前代未聞!!合計7本のACケーブルを交換しての比較試聴とは!?」

今回もちゃんと実演しました!!参加者の感想をお待ちしておりますので、どうぞ
よろしくお願い致します。システム構成は前回同様ですが、実は続きが…


the subject .4「何と!!あのGOLDMUND TELOS 2500が国内初の演奏を披露する!!」

http://www.dynamicaudio.jp/file/051028/telos2500.jpg
これは確かにうなるだけのものがありました。出来れば皆様にはお一人ずつで
ベストなコンディションで再度試聴して頂きたいものです。

  -*-*-*-*- GOLDMUND TELOS 2500“エフコン”お披露目システム -*-*-*-*-

 GOLDMUND  EIDOS REFERENCET(850万円)
      ↓  
 GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE
      ↓   
 GOLDMUND  MIMESIS 24ME(500万円)
      ↓  
 GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE
      ↓  
 GOLDMUND TELOS 2500 (1,200万円)
http://www.dynamicaudio.jp/file/051025/02.jpg
      ↓  
 MOSQUITO NEO

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

このシステムで皆様に楽しんで頂いたのですが、フルデジタル伝送のシステムでも
“PEIP”デバイスの効果はあるのか? と、なんとこのシステムでも実験をしました。
“Pケーブル”+“PD”で2本“Pケーブル”+“PI”で2本の合計4本の電源ケーブル
を純正のGOLDMUNDパワーケーブルと差し替えました!!

フルデジタル伝送だからノイズフロアーが低いのだ、という理屈はわかっていたの
に“PEIP”デバイスを使ったら更に良くなってしまうという不思議な体験を私も
初めてしたものでした。その後の土日に来店される皆様にはこの状態で試聴して頂け
ます。
お一人でじっくりと試聴して頂ければと思います。ご来店お待ちしております。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る