発行元 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.233 「ハルズサークルの活用法とP-0s with VUK-P0カウントダウン更新!!」
今回は2/18に配信された-☆-H.A.L.'s Circle Review-☆-No.0584-を
緊急に抜粋して掲載しました。

「今世紀最高のトランスポート・P-0s with VUK-P0カウントダウン!!」

            本日も大変ありがたいご注文を頂戴しました!!

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

東京都渋谷区在住  A・A 様より

川又様

やっぱり、P0が欲しくなってしまいました。
諸般の事情により、dCSの*****1394を、下取りというか、売りに出した上で、
P0を購入したいのですが...差額がどれ位必要になるでしょうか?

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

大分県別府市在住 K・K 様より

ずっと我慢というか迷っていましたがとうとう誘惑に負けました。

これもH.A.L.であの音を聞いてしまったからです。No.0582に書かれていた
仙台の方が試聴しながら川又さんとお話されていた時に、後ろで聞かせて
いただいておりました。

P-0s with VUK-P0の音を聞いたのは3回目だと思いますが、オーケストラを
あの音量で聞いたのは初めてでした。

「あーっ・・・・」とあっけにとられたというのが正直な感想です。

併せて川又さんが言われていた「入り口を最高のものにしないと後にいく
らお金をかけても・・・・」というのがずっと頭から消えず、とうとうこ
うなったというわけです。

ただ、DAコンバーターも持っていませんので、川又さんがお勧めくださ
るものから選ぼうと思います。それから後の部分はハイエンドにほど遠い
状態ですが時間をかけて育てて行くつもりです。

支払いは分割を希望しますので、金利なしの回数とかというお話もメール
で読んだような気がしますので、その辺りとりあえずお知らせください。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

川又より

いや〜、驚きました。仙台のS・T様が試聴されていたときに後ろにいらし
たとは…、大変失礼致しました。そして、そのK・K 様もついに清水の舞台
に上がられたお仲間になってくださいました。本当にありがとうございます。

ということで…。


■□■□■□ 限定50台 現在の受注数<< 42台 >> 残数 8台 ■□■□■□

     このP-0s with VUK-P0対象の特別クレジットを発動中!!
          詳細はバックナンバーの-No.0448-にてどうぞ
  http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/216.html

        遂に残数は一桁になってしまいました。
                    さあ、どうしましよう!??

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

川又より

No.0581でご紹介した千葉県のS・I様も、そして世田谷区のK・S様も本日
時間をずらしてP-0sの試聴に来店され、唸っていかれました。聴けば聴く
ほど、ディスクの中に封じ込められた真実を語ってくれるのがP-0sです。

No.0581からNo.0582で登場して頂いた“さいたま市HS様”がエールを
送られた藤沢市のK.S.様へのメールでccを頂戴しましたが、H・S様が
次のような素晴らしいコメントを述べておられましたので、ご紹介した
いと思います。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ハイエンドの世界に入るきっかけを作ってくれたのは、仕事で知りあった
方で、インターネットカフェをオープンするために確保していた機材が
あまったからと言って譲ってくれたSTUDER A730でした。

80年代後半、輸入機器の日本語マニュアルを作るということで、当時の
STUDER・REVOX JAPANにMacintosh(こちらはパソコンのほうです)を納
めたのも因縁でしょうか。

A730を無駄にしないためには、周りを固めるしかない、ということでい
ろいろと機器を買い始めて、借金地獄(?)に陥りました。

そういう環境で長いことやって来たので、私は耳が肥えているわけでは
ありません。

プアな環境が長かったから、良い機材を使った場合に変化を劇的に受け
止めることができるだけなのではないかと思います。でも、「本物」だ
けが教えてくれる世界があることがわかりました。

A.アインシュタインはこう言ったそうです。

「ベートーベンの第9交響曲を、空気圧曲線で表現することはできる。
  だが、それを見たいと思う人はいるだろうか?」

今、私は思っています。正しい空気圧曲線を描くように再生することに
よって、私たちはベートーベンの思いに限りなく近づくことができるの
ではないかと。

P0sはそのために必要不可欠なものなのだ、と。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

仏教で「縁」という言葉がありますね。英語では適当な単語を知らないの
ですが、たとえば「magic」という言葉が意味を伝えてくれるのではないか
と思います。

人の一生には、巡り逢うべくして出逢うものがいくつかあると思います。

文学的には縁とか奇跡という言葉で表現され、数学的には極めて起こりに
くい確率で表現されます。

どちらも表現方法は異なるけれども、同じひとつの不思議にたどり着こう
としているのではないかと思います。

技術の歴史の中で、CDの再生技術が頂点に達した時代に生まれ合わせた奇跡、
さらにP0sという最高の再生装置を手に入れ、音楽を楽しむチャンスに恵まれ
た奇跡。

もっと有り難いのは(確率的にも起こりえないことが起こりそれに感謝する
気持ちが「有り難い」ということだそうですね)、川又様を中心にして、
見知らぬ私たちがメールで会話をしている不思議です。

H.A.L.'sサークルがこのような出逢いを生み出しているというのは、この世俗
にあって、素晴らしいことだと思います。

背負った借金は、冷静に考えるとちょっと怖いものがありますが、後悔はして
いません。それは、自分が負わなければならない、素晴らしい出逢いへの代償
であり、永遠に到達できない世界をかいま見させてくれた人々への感謝と投資
だからです。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

P0sが届くのを心待ちにされているのが、自分のことのように思われます。

私も高校生の頃に戻って、ケーブルはどうしようか、ラックはどうしようかと
わくわくしました。音を出しても、感動の連続です。

P0sはCD再生の原点に帰ってくれるだけではないようです。

多分、K.S.様も「あの日の自分」に戻った感覚をお持ちになるのではないかと
思います。そんな日が来るのももうすぐですね。

P0sを所有する幸運に恵まれた人だけが知り得る物語は、これから始まります。

もし、機会がありましたら、いつかお会いしましょう!
同好の士として、初対面であっても、旧知の友人のように語り合うことがで
きると思います。

K.S.様のミュージック・ライフが、より豊かなものでありますように!



川又より

“さいたま市HS様”素晴らしいメールありがとうございました。
本当に私以上にオーディオと音楽に対して真剣な取り組みをされており、
頭が下がる思いでございます。素晴らしいお言葉ありがとうございました。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私は二年前に配信したバックナンバーNo.0098で提唱している企画
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/113.html
「H.A.L.'s音質向上委員会」が当時はちょっと時期尚早であったのかと
改めて思い始めました。よかったら読み返してみてください。(^^ゞ

あれから会員数も大変に増えて、上記のような暖かいご支援とご理解を
頂けるようになり、当時の企画を今スタートさせていたら大分違った
展開になったのではないかと思うのです。

現実に上記のようなハルズサークル会員同士の親交が出来つつあるわけ
ですから…。P-0sを所有する皆様だけでもハルズサークルの中に更に
一つの同好会が出来そうですね。(*^_^*)

P-0sが取り持つ縁は単純に購入したというだけで終わりにはならない
ようです。所有することから始まり、同じ志の仲間ができるということ
は素晴らしいことだと思います。

そのお仲間に加わることが出来るのが、あと八名様というのはちょっと
寂しいものですが…。最後に会員同士の待ち合わせの場所はここでも結
構ですよ。どうぞご利用下さい。喫茶店のマスター役でコーヒーを用意
してお待ちしております!!



このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る