発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.224「着々進むカウントダウン!? それって何??」
最近のH.A.L.'s Circle Reviewではお馴染みのカウンターなのだが、それは…
ここでご紹介している限定50台のP-0s with VUK-P0の残り台数のことである。


-*-*-*-以下は1/28で550号となったH.A.L.'s Circle Reviewの抜粋です-*-*-*-


   「今世紀最高のトランスポート・P-0s with VUK-P0カウントダウン!!」

■□■□■□ 限定50台 現在の受注数<< 28台 >> 残数22台 ■□■□■□

     このP-0s with VUK-P0対象の特別クレジットを発動中!!
          詳細はバックナンバーの-No.0448-にてどうぞ
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/216.html

日々このカウントダウンにご注目頂いている皆様がいらっしゃるようですが、
昨日配信した…京都市のYAS様には納品まで試聴して頂くことがなかったもの
でした。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/temp/rep2.htm

これまでは私がここでP-0sを実演し、他のトランスポートとの違いをしっか
りと比較試聴して頂き、それによって受注したものばかりでしたが、上記の
レポートのように、その素晴らしさは半端なものではありません。

もちろん、YAS様にはP-0sの音質をイメージして頂くための布石として…
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_moni0135.html

このようにP-70&D-70の自宅試聴を体験して頂き、その上で私からそれ
以上のパフォーマンスを保証するということでお求め頂きました。

その結果がYAS様のレポートにあるように「ブラボー!!」となったわけで
した。本日も更に一台カウントダウンされました。さて、トランスポート
に何を求めているのか!?

システムの最も上流に位置するこのコンポーネントで欠落してしまった
情報は、DACやアンプに何百万円投資しても蘇ることはありません!!

私が音質的な保証書をお付けするP-0s with VUK-P0をどうぞ今回のチャン
スにゲットして頂き、これからはトランスポートには何の心配もなく
他の部分で音質向上を検討してください。それが現在のベストチョイス
であると自信を持って申し上げます。どうぞご検討下さい。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

これらの気になる情報も、ほぼ毎日配信のハルズサークルで入手できます。
皆様もぜひご登録下さい。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る