発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
    
2017年5月16日 No.1389
 H.A.L.'s One point impression!! - Ceramic Ball Interface!!

No.1099 2014年3月13日
「今朝(3/11)入った突然のニュース!!何とBlack Ravioliの輸入販売が完了!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1099.html

上記のニュースで述べた突然の販売終了まで、このBlack RavioliのBFシリーズは
記憶しているだけで通算300個以上は販売してきました。それほど画期的であった
訳ですが、それ以来インシュレーターとして推薦できるものは中々ありませんでした。

Black RavioliのBF-3は1個5万円していましたので、コンポーネント一台に4個を
使用すれば20万円ということになりましたが、相応の素晴らしい効果がありました。

ここでインシュレーターに関しての私見として次の解説をご一読頂ければと思います。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「気になるBlack Ravioliの中身と特徴を解説!!」より       引用開始
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/840.html

市販のインシュレーターの材質としては金属、木材、アクリル、合成または
天然皮革、水晶(人工の結晶体)、セラミックなどなど実に色々なものがあります。

そして、インシュレーターの機能性を示す効果のあり方は二種類あります。
スパイク構造に代表されるように機械的接点を点支持にすることで共振を防止、
または振動を伝搬する際に振動モードに歪を与えないでメカニカル・グランディング
をとるというもの。説明のためにこれを[A]とします。

もう一つは、点支持ではなく面接触させることでコンポーネントそのものの振動を
吸収する考え方で、既存のフットとラックの棚板の間で緩衝材として機能するものです。
説明のためにこれを[B]とします。

この二種類の機能性・効果には各々にメリットとデメリットがありますが、その各論を
私が述べてしまうと両方式の商品に対してイメージダウンになりますのでノーコメントと
しておきます。もちろん両方の製品には特有の効果がありますので商品価値は認めた
上での説明ですから、誤解なきようよろしくお願い致します。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、上記の解説をしかけたところでしたが製品名を特定しなければ問題は
ないだろうと判断致しまして、Black Ravioliの特徴を述べるためにインシュ
レーター全体の総論として[A]と[B]の比較を説明したいと思います。

先ず、上記のインシュレーターの機能性を[A]と[B]によって分類するという事は
製品そのものの硬度、つまり材質の硬さということに置き換えて説明出来ます。

[A]の分類による特徴としてはインシュレーターそのものが硬質で硬い材質で
あるということが言えます。この場合にはコンポーネントの振動そのものを
制御するということで、リジッドな材質で機械的な支点を明確にします。

その結果、フォーカスイメージが鮮明になり音像の輪郭がくっきりとして
そのために音場感や奥行き感の向上に寄与するという働きがあります。

また、同様な効果を狙ってコンポーネントに純正付属品として同梱されている
フットやスパイクなども設計者が意図した音質をユーザーに届けるという責任
を追求するものとして私も歓迎するものです。

しかし、この[A]の分類では弱点もあります。それはインシュレーターの下側、
つまりラックの棚板であったり床面であったり、インシュレーターをセット
する土台となるものの性質と環境に影響を受けるという事です。

インシュレーターの下側に接するものが木材かコンクリートや石か、または
ガラスかなどの材質の変化によって、その材質特有の響きというか傾向を音質
に含むようになってしまいます。つまり、インシュレーターの下側とのアイソ
レーション効果はあまり期待できないという事です。

では[B]はどうでしょうか?点支持ではなく面接触させることでコンポーネント
そのものの振動を吸収する考え方、という事は材質はある程度の柔軟性が必要と言えます。
指で押してみて形状が変化する程の柔らかさ、また究極的にはエアーサスペンションの
ようにインシュレーターの上下にあるものを完全にアイソレーションするという
ものも[B]の範疇に含めても良いかもしれません。

[B]のような性質のインシュレーターは余韻感が大変美しく、響きの要素が
一種の浮遊感として音場感を形成するという傾向もあり、同時にアナログ
プレーヤーのようにハウリング対策としてコンポーネントの設置場所からの
振動伝搬を遮断するという効果もあります。

言い換えれば設置場所の影響を受けないということが[A]と反対のメリットと
して述べることが出来ます。そして、響きの美しさという項目に貢献度が大きい
インシュレーターとして[B]の特徴を述べることが出来ます。

しかし、[B]の分類でも弱点もあります。残響成分がきれいに再現されると
いう楽音の消滅方向への時間軸の推移に関しては魅力的なわけですが、リズム
楽器のアタックの鋭さ立ち上がりという点では多少甘口になります。

そして、低域の楽音の音像もすこしゆったりとしたイメージになります。
この方が雰囲気があって好ましいというユーザーはそれで良いでしょう。

これを見方を変えて説明しますと、コンポーネントが発する固有の振動があった
場合に、その振動を制御し減衰させるという機械的な抑制効果は少ないと言えます。

極論を言いますと、振動しているものをフローティングさせるので害はなくな
りますが、その振動にブレーキをかける、あるいはがっちりと抑え込むという
働きは期待できないという事です。

材質として柔軟性あるものは振動を遮断するというアイソレーション効果は
ありますが、柔らかい材質であるが故にコンポーネントを機械的にホールドする、
がっちりと固定するということには不向きという傾向があるのです。

[A]と[B]の特徴をメリット・デメリットとして述べましたが、私が注目している
Black Ravioliとは一体どちらに属するのか? ここがポイントです!!

                                引用終了

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、上記の論点を念頭に置いて私が推薦したいインシュレーターというアイテムでは
今まで中々良いものが見つかりませんでしたが、実は灯台下暗しという事だったのです!

2011年12月23日
No.885「次世代H.A.L.リファレンス・オーディオラックはこれに決定しました!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/885.html

東日本大震災の年に当フロアーのリファレンスラックを一新した時の写真をご覧下さい。
http://www.dynamicaudio.jp/file/111221/2011.12.21.01.jpg

現在では現地メーカーの方針変更で商品名は変わっていますが、finite elementeの
Pagode Master Reference Rackという当時の最上位機種であったわけです。

私がこのラックの採用に踏み切る際に従来のラックと比較試聴した項目に、実は
ラックの脚部が床に接する標準仕様のスパイクと同社が推奨するCERABASEとを
交換して比較試聴し、その効果のあり方を納得してラック全数にCERABASEを最初から
標準装備として展示導入したものでした。下記の輸入元アクシスのサイトをご覧下さい。

finite elemente Ceramic Ball Interface
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/ceramic-ball-interface/

ここで解説されている“CERAテクノロジー”とは実は私が前述しているインシュレーターに
関する理屈と同意義の物だったのです。長らく私はこれを見逃していたのでした!

そこで、今回アクシスよりサンプルとして下記の三機種を入手して、長年の課題でも
あったコンポーネント個々をより良い音質で鳴らすための更なる取り組みとして
私のリファレンススピーカーであるHIRO Acousticで試してみることにしました。

CERABASE slimline (税別¥75,000./4P)
CERABASE compact  (税別¥95,000./4P)
CERABASE classic  (税別¥110,000./4P)

使用箇所は下記のシステム構成にて表記してありますのでご確認下さい。
実装状態ではこのように、元々のフットには使わずボトムプレートに密着させます。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20170514-cbs.01.jpg

◇ H.A.L.'s Sound Recipe / Ceramic Ball Interface - inspection system ◇

………………………………………………………………………………
ESOTERIC Grandioso G1(税別¥1,600,000.)★CERABASE slimline(税別¥75,000./4P)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/g1/index.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1317.html
     and
TRANSPARENT OPC2+OPI(税別¥2,700,000.)★Transparent OPI 1out
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-conditioner/power-conditioner/
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/#cnt-power-cord
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

ESOTERIC 7N-DA6100II BNC(Wordsync用)×3 (税別¥750,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/7nda6300_6100_2/index.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC  Grandioso P1 (税別¥2,500,000.)★CERABASE compact(税別¥95,000./4P)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/p1d1/index.html
          and
TRANSPARENT OPC2+OPI(税別¥2,700,000.)★Transparent OPI 1out
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-conditioner/power-conditioner/
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/#cnt-power-cord
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

★Grandioso P1+D1の接続は付属:HDMI Cable
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1083.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC  Grandioso D1(税別¥2,500,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/p1d1/index.html
     and
TRANSPARENT OPC2(×2)+OPI(税別¥3,450,000.)★Transparent OPI 2out
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-conditioner/power-conditioner/
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/#cnt-power-cord
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

TRANSPARENT OBL1.5(1.5m) Balanced OPUS line cable (税別¥2,900,000.) 
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC  Grandioso C1 (税別¥2,500,000.)★CERABASE classic(税別¥110,000./4P)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/c1/index.html
     and
TRANSPARENT OPC2(×2)+OPI(税別¥3,450,000.)★Transparent OPI 2out
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-conditioner/power-conditioner/
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/#cnt-power-cord
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

TRANSPARENT OBL20(6.0m) Balanced OPUS line cable (税別¥3,800,000.)中・高域用
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
TRANSPARENT XLBL 25(7.5m)REFERENCE XL line cable(税別¥1,810,000.)低域用
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC  Grandioso M1(2Pair 税別¥6,400,000.)★Bi-Amp
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/m1/index.html
     and
TRANSPARENT OPC2(×2)+PIMMX (税別¥2,040,000.)中・高域用
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-conditioner/power-conditioner/
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/#cnt-power-cord
     and
TRANSPARENT XLPC(×2)+PIMMX (税別¥1,100,000.)低域用
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1311.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-conditioner/power-conditioner/
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/#cnt-power-cord
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

TRANSPARENT OSC12(3.6m) OPUS speaker cable(税別¥5,250,000.)中・高域用
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/
     and
TRANSPARENT XLSC10(3.0m)REFERENCE XL speaker cable(税別¥2,050,000.)低域用
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/transparent-2/

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
HIRO Acoustic Laboratory MODEL-CCCS (1Pair ¥22,480,000.)
http://www.hiro-ac.jp/index.html
http://www.hiro-ac.jp/production.html
     and
H.A.L.'s B-Board×2 (1枚/税別・配送費込み¥122,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html
………………………………………………………………………………

最初はディスクトランスポートESOTERIC Grandioso P1のみに使用して、上記の
私の解説で述べていたように響きが増長する傾向と低音が膨らむ傾向があるかどうか、
という両方の変化を同時に確認すべく聴き慣れた選曲からはじめました。

■FIFTY SHADES OF GREY ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK
  3.THE WEEKEND / EARNED IT(TRADUCIDA EN ESPANOL) 
http://www.universal-music.co.jp/p/UICU-1262

何も使用しない状態からTransportのみにCERABASE compactを使用したところ、
6年前に見出したBlack Ravioliの効果を彷彿とさせる変化に、これだ!!
と膝を叩いて納得してしまいました!! これはいいです!!

CERABASEが気を付け! の号令をかけたがごとく、重低音の音像はびしっと背筋を
伸ばしたかのように輪郭を際立たせ、ぐっと重みを増す響きが凝縮するのです!!

■マーラー交響曲第一番「巨人」第二楽章 小澤征爾/ボストン交響楽団

■UNCOMPRESSED WORLD VOL.1
http://accusticarts.de/audiophile/index_en.html
http://www.dynamicaudio.jp/file/100407/UncompressedWorldVol.1_booklet.pdf
TRACK NO. 3 TWO TREES / TRACK NO. 4 SAMBIENTA

近年多用している上記の課題曲を繰り返し聴きながら、プリアンプにCERABASE compactを
追加し、残るCERABASE slimlineは4個1セットしかないのでモノラルDACのGrandioso D1には
使用出来ないので、Grandioso G1のマスタークロックに使用しました。

この三段階の変化について各論を述べていくと大変なのですが、次第にCERABASEを
増やしていくと、感じ取っていた変化のベクトルを更に増長させる進歩があり、
各ポイントで感じた印象を述べるには手持ちの3セットをすべて使用した状態が
最も大きな効果をもたらしたので、その時点での感想ということになります。

先ず、私は柔軟性あるインシュレーターで見られる響きと余韻感の再現性向上と
いう視点において、EARNED ITの雄大な低音の量的なものと質的なものの両方で
チェックしていたのですが、CERABASEの使用によって表れたダイナミックであり
響きの途中経過で変質しないという低域の特徴にすぐさま気が付きました!!
素晴らしいです!!

それは瞬発力があり弾けるような低音の迫力でも音像を鮮明にして低弦楽器の
沈み込む深々とした低音を噴出させ、打楽器によるパルシブな低音の輪郭をも
克明に描き、低域の引き締まった再生音に大きく貢献しています!!

そして、更にSAMBIENTAで鳴り響く重厚なシンセサイザーの低域のように連続楽音にも
同様な効用をもたらし、脈動感として空気を震わせる唸りのエンベローブを描くのが
得意なHIRO Acousticの魅力をぐっと引き出してくれるのですから堪りません!!

このような低域の再現性の素晴らしい変化にばかり注目してはいられません。
SAMBIENTAの導入部で広い空間に飛び散るように展開するパーカッションの響きが
みずみずしく極めて鮮明な音像を描くようになり、インパルス応答が大きく向上
しているのが確認されました。

インパルス応答が向上するという事は、パーカッションのように楽音のライズタイムが
極めて高速であり応答性が素晴らしくなるということなのですが、実は微細な信号の
立ち上がりが確保され、本来の姿を取り戻すという事は通奏楽音に関しては滑らかさを
向上させるということにつながってくるものなのです。

その証拠に、TWO TREESにおけるサックスの質感が極めて鮮明になり、しっとりと
落ち着いた音色で聴けるようになり、リードのバイブレーションが空間に作用して
余韻感の滞空時間をぐっと延長させるという望むべき方向性に導いてくれるのです!!

この曲でのピアノの響きが空中に広まっていく展開の何とも美しいことか!
打鍵の瞬間をとらえる能力は上記のように以前にもまして向上しているので、
立ち上がりの鮮明さが倍加し、その後に拡散していく余韻には素晴らしい透明感が!!

そして、極めつけはオーケストラでした!!

CERABASEという名前のように高硬度ハイテク・セラミックボールと精密機械加工
されたステンレスとアルミニウムのハウジングとの組み合わせという構成から、
弦楽器が硬質になり管楽器は鋭い音になってしまうのではと思われる方も多いと
思いますが、実際には全く正反対の質感になってしまうのです!!

弦楽五部の各音階において流れるような優美な質感、各部の内部の音色を丁寧に
色分けして聴かせる解像度の素晴らしさ、弓の動きが完璧に同期している情景が
目に浮かぶような鮮明であり美しい弦楽器に惚れ惚れしてしまいました!!

木管楽器のパートが時折放つ薫り高い響きがHIRO Acousticの空間再現性で開花し、
その音源の根っこに当たる定位のいちポイントに出現する音像の立体的な存在感、
清々しく響き渡る木管のしっとりとした音色にほんのりとぬくもりを感じる意外さ!

金管楽器の発祥点が少し高い位置に感じられ、トランペットの輝きはあれど眩しさはない。
すっきりと尾を引く金管楽器の質感は澄み切った空気感を含み安心して聴き惚れる!

6年前から採用しているfinite elementeのPagode Master Reference Rackの足元に、
こんな超強力な排振・制振アイテムを装備して実に多数のコンポーネントを試聴し、
その質的なレベルと高さを思い知り、その効用の上でオーディオシステム全体を
評価してきたことに改めて高い信頼感と自信を持ったものでした!!

Ceramic Ball Interfaceシリーズの単体使用と、その効果を実感し、これは新世代の
Isolationアイテムとして皆様に推薦していこうと決意したのです!!

さあ、これからハルズサークルの皆様にどんな提案をしていきましょうか!!
皆様も是非ハルズサークルにご入会下さい!!

川又利明
担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!


戻る