発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1022 2013年3月19日
 【新企画⇒H.A.L.'s Circle Review“配信3,000号”記念企画-Act.1】
  Message from Emilai Inc.


Vol.5「製品に込められた制作者の哲学・情熱をストーリーとして伝えること!!」

「新企画⇒H.A.L.'s Circle Review“3,000号”記念企画-Act.1」

平成12年5月17日にH.A.L.'s Circle ReviewのNo.0001が配信されました。
「H.A.L.'s archive」をご覧頂ければ、この第一号の内容がご覧頂けるもの
ですが、今の私から見ると何とお粗末であったことかと思わず失笑がもれて
しまうものです。しかし、自分でコンピューターを購入してから二ヶ月目に
スタートしたものであり、今から考えれば無理もないか…、という思いがあり
ます(^^ゞ

ハルズサークルのスタートした当時は確か…、私の記憶ではそれ以前からの
お得意様のアドレスと従来から郵送で情報をお送りしていた皆様からの更新で
最初の会員数はわずか260名様しかいなかったものでした。

お陰さまで、それが今では2,300名様以上という大きさになり、オーディオと
音楽を通じての文字通り“輪”が広がってきたものです。
本当にありがとうございました。<m(__)m>

そして、ビジネス面でも私の売上の90%以上はハルズサークルの皆様からの
ご愛顧によるものであり、私にとってかけがえのないものとなっています。

また、お取引先各社におかれましても、良い意味でハルズサークルを通じて
情報発信をすることが、インターネットを通じて全国に話題性を広げていく
“生きた媒体”として活用されるようになってきたものです。

長きに渡り私を支えて下さった会員の皆様と、多大なご協力を頂戴したお取引先
各社には改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

これより配信3,000号記念企画として、各社様からのハルズサークルに寄せる
メッセージをご紹介させて頂きます。その後にもプレゼント企画や特別セール
などの新企画も近日中にスタートさせて参りますので、どうぞご期待下さい!!

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■H.A.L.'s Circle Review-配信3,000号達成によせて-Message from Emilai Inc.

Vol.5「製品に込められた制作者の哲学・情熱をストーリーとして伝えること!!」

H.A.L.'s Circle会員の皆様、ダイナミックオーディオ5555 川又様

平素より大変お世話になっております。
株式会社エミライで音響・映像部門を担当しております島でございます。

この度はH.A.L.'s Circle Review配信3,000号を迎えるとのことで、僭越ながら
お祝いを申し上げたくご連絡を差し上げた次第です。

今日に至るまで途切れることなく続いてきたH.A.L.'s Circle Reviewの
書き手である川又様に改めて敬意を表すると共に、3,000号というペースを
支えてきたH.A.L.'s Circle会員の皆様にも敬服する次第です。

思えば、私が10代の頃から続いてきたH.A.L.'s Circle Reviewですが、その
前身ともいえる、川又様の「音の細道」を抜きには語れないのではないかと思います。

当時、表紙カバーをつけて何度も熟読したのを懐かしく思い出します。
販売促進のツールというにはあまりにももったいない、その圧倒的な情報量と
情熱的な語り口は、今なおH.A.L.'s Circle Reviewに受け継がれているのでは
ないでしょうか。

今まで私のオーディオへの情熱が冷めない理由の一つに、毎週届けられる
H.A.L.'s Circle Reviewがあるのではないかと思います。

入会当時、私は学生の身でございましたが、今もこうして川又様とお仕事を
させて頂けること、大変有り難いことと感じております。

自社取り扱い製品のレビューを頂いた時は、川又様に認めて頂けたという喜びと、
これから多くの会員の皆様の厳しい評価を受けることへの緊張とで、何とも
複雑な気持ちになったものです。

弊社でも様々なメーカーのFounder、CTOと話をする機会がありますが、
どのメーカーの人間もオーディオが大好きで音楽が大好きです。

そうした生の声をお届けするのが様々な事情により難しい環境にあるなかで、
H.A.L.'s Circle Reviewのように製品に込められた制作者の哲学・情熱を
ストーリーとして伝えることができるメディアは大変貴重な存在ではないかと思います。

弊社は感動的な音楽体験を多くの方に経験して頂きたいと願っております。
川又様およびH.A.L.'s Circle会員の皆様に、より感動して頂けるよう、
皆様のお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

繰り返しになりますが、この度はおめでとうございます。
H.A.L.'s Circleの末永いご発展を心よりお祈り申し上げます。

株式会社エミライ 取締役 島幸太郎
[事業概要] http://www.emilai.co.jp/about-audio/
[オーディオブランドem] http://www.em-audio.com/
[ECサイト]http://www.emilai-ec.com/

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■川又より

島幸太郎様ありがとうございました。ハルズサークル登録の履歴を見ましたら
13年前、大学時代からのご愛読ということで本当にありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。そして、昨年の↓これが出会いのきっかけでした。

2012年6月16日 No.929「日本初上陸!!こんなブランドご存知でしたか!?」 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/929.html

上記の数日前、6月12日にはハルズサークル会員としてではなく、取り引き先と
してのビジネス上での初めてのメールを頂戴したものでした。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ダイナミックオーディオ5555 川又様

先日HAL3の島さんのフロアでご挨拶させて頂きました株式会社エミライの
島でございます。

実は、今度弊社で輸入代理を担当する予定のデンマークのZensatiという
ケーブルブランドがございまして、経営者のマーク・ヨハンセン氏が今週末
から来週頭にかけて急遽来日することになりました。

http://www.zensati.com/
こちらがZensatiのwebサイトです。

その際、日本一のオーディオ専門店を訪問して、製品を試聴して欲しい、
商品説明を直接したいとのことで、私としては川又さんを是非ご紹介したいと
考えております。

価格帯のレンジが非常に高額な製品ですので、まずは川又さんに聴いて頂き、
ご判断頂くのが最良の方法だと確信しております。

お恥ずかしい話で川又さんから買い物をさせて頂くにはまだまだ分不相応な
状態ではございますが、メールマガジンはいつも拝読しております。

川又さんの情熱が感じられるいつもの紹介文で自社取扱商品の名前が掲載される
日を夢見ております。

直近かつ急なご提案となりまして大変恐縮なのですが、ご検討頂けませんでしょうか。
プロモーション方法なども含めて弊社でご協力させて頂けることがございましたら、
検討致しますので是非おっしゃってください。

メールにてのご連絡で大変恐縮ですが、ご検討よろしくお願い申し上げます。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

はい、初回のメールからきちんとした文章で好感が持て情熱が伝わってきました。
きちんとアポイントを心がける取り引き先には私も丁寧に対応させて頂いています。
アポなしで軽い気持ちで突然やって来る人には時間は使いません。

しかしですね〜、大学在学中からハルズサークルの配信をずっと読み続けて
きた青年がオーディオビジネスの道に進んでしまったということは、私も
オーディオ業界の先達として責任重大だな〜と思いました。

実は他の会員で、慶応大学在学中にハルズサークルにご入会頂き、12年経った
今年になって初めて問い合わせを頂きメールのやり取りをしている会員もあり、
10代で入会されて社会人になっていかれた会員も多数いらっしゃるのです。

そんな音楽とオーディオが好きな若者たちが毎回の配信を10年以上も読んで
下さり、ひいては将来の職業選択に関わる影響力もあったとは感謝しつつ
私自身が驚いているものです。

足掛け13年目にして3,000号の配信という事は、私にも会員の皆様にも貴重な
歴史となったものだとしみじみと感じるものでした。

そして…ここ↓につながります!!

私の出番がやっと来たかな〜というのはこの記念写真からでしたね!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/2012.06.19.jpg
左から株式会社エミライ取締役 島 幸太郎 氏、同社代表取締役 河野謙三 氏
ZenSati CEO & Founder Mr.Mark Johansen、そして川又です。

H.A.L.'s One point impression!!-ZenSati Seraphim驚異の事実!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/939.html

ZenSati Seraphimが遂にH.A.L.の音を変え始めました!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/960.html

実は本日、同社代表取締役 河野謙三 氏 自らがZenSatiのあるケーブルを私に
持って来てくれました。この新製品のリリースはこの場では致しませんが、
近日中にご紹介出来ると思いますので、どうぞ期待していて下さい!!

■さて、エミライという会社名は大変ユニークなのですが、これどういう意味か、
 ご存知の方は少ない…というか、ほぼいらっしゃらないのではと思います。
 実は「笑みのある未来を、恵みのある未来を」というふたつを掛け合わせての
 命名だったのです!!いいじゃないですか〜、皆様の未来にも笑みと恵みを!!
 そのためにもどうぞハルズサークルにご入会下さい!!



担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る