《H.A.L.'s 訪問記》


No.0031 - 2013/6/3


東京都世田谷区 H.K 様-H.A.L.'s AGS-ANKH Story 訪問記特別編
Vol.31「川又さん、今度の日曜日までに納品して下さい!!」

 
今年になってから再発見したAcoustic Grove Systemに関しては下記のような
インプレッションで、そのパフォーマンスをお伝えしてきたものでした。

「新発見⇒H.A.L.'s impression!!-Acoustic Grove Systemの素晴らしさ!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1008.html

「Acoustic Grove Systemも来月より常設展示が決定しました!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1013.html

「遂に念願かなってハイセンスなシステムが完成しました!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1034.html

「AGS ANKHが更に完成度を高めてくれました!!驚きの序章です!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1039.html

Acoustic Grove Systemの素晴らしさを皆様にも体験して頂こうと下記の企画
を実施しておりますが、実際にどのようなセットアップがなされたのかを
久しぶりに訪問記の特別編としてまとめてみましたのでご紹介致します。

【推薦企画⇒H.A.L.'s Monitor-Acoustic Grove Systemを派遣します!!】

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

東京都世田谷区 H.K 様-H.A.L.'s 訪問記
Vol.27「目と耳と口で感じた“Synesthesia”の素晴らしさ!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_visi0027.html

H.K 様とはそろそろ20年になろうかというお付き合いのお得意様ですが、
上記のような訪問記のシステム構成から現在は大きく変化がありました。

そもそもは私が最初にオーディオシステムを納入したのは世田谷区深沢の新居。
そちらから港区のマンションに移転されたのが五年前のことでした。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_visi0013.html

その二年後に再度世田谷区の閑静な住宅地に一戸建ての新居を注文建築で建てられ、
オーディオルームが新しくなったのを機会に次の最新システムへと変更された
ところで、色々とルームアコースティックのご相談を承りました。そこで…
私はAGSをぜひにとお薦めしての訪問となったわけです。

 ◆H.A.L.'s 訪問記特別編-東京都世田谷区 H.K 様-システム構成◆
 
………………………………………………………………………………
AMAZON SYSTEM AMAZON2i (税別\740,000.)
http://www.scantech.co.jp/amazon_2i.html
               with
LYRA  TITAN  (税別\540,000.)
http://www.scantech.co.jp/titan.html
 
                ▽ ▽ ▽
 
LYRA AMPHION AMPHION PHONO (税別\298,000.)販売完了/下記リンクは参考
http://www.scantech.co.jp/amphion_phono3.html
 
………………………………………………………………………………
    アナログプレーヤーシステム
                 and
………………………………………………………………………………
ESOTERIC X-01D2(税別\1,400,000.)
http://www.teac.co.jp/audio/esoteric/x01d2/index.html
………………………………………………………………………………
    CD/SACD プレーヤーシステム
 
                ▽ ▽ ▽
 
GOLDMUND  LINEAL IC CABLE 1.0m(税別\165,000.)
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC C-02(税別\1,400,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/c02/index.html
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
GOLDMUND  LINEAL IC CABLE 6.0m(税別\315,000.)
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
GOLDMUND TELOS 600 (税別\5,900,000.)
http://www.phileweb.com/news/audio/201004/06/9852.html
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
Acoustic Zen  SATORI 6 ft /pair (税別\104,000.)
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
B&W  800Diamond / PianoBlack(税別 \3,600,000.)
http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/800_Series_Diamond/800-Diamond.html
………………………………………………………………………………

            ■ Customer's room ■

私はH.K 様が新居に移転される度に訪問し、セッティングを行いながら音質を
調整するということを繰り返してきましたが、今回のお住まいではオーディオ
ルームとして設定されたお部屋は二階で大よそ14畳のスペースでした。
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032701.jpg

しかし、次の写真を見てお分かりのように、屋根の傾斜を利用して天井は高く
エアボリュームは想像以上にあって低域の不快感がないということが先ずは
良かったと思います。

引っ越し業者と当社の配送スタッフが共同でセッティングして、取り合えず
音は出たのですが、H.K 様も一次反射音がひど過ぎてお困りだったのです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032702.jpg

ずっと以前にはESOTERIC P-0sとdCSのDAC、更にGOLDMUNDのMIMESIS 20MEへと
アップグレードされていましたが、現在はESOTERIC K-01へとシンプルな
プレーヤーに変更され、今回の新居に移転されるのを機会にプリアンプも同社
の新製品C-02へと変更されています。
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032703.jpg

アナログプレーヤーも下記のようにシンプルなもので、一時はB&W Nautiluaの
大掛かりなシステムでしたが、近年は大分落ち着いたシステム構成となりました。
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032704.jpg

到着した私は先ず上記のセッティングのままで取り敢えずは聴き始めました。
最初にオーケストラを聴き始めた時、もう瞬間的にH.K 様の悩みが理解されました。

オーケストラの各パートの定位感がほとんど感じられません。一次反射音が強く、
そのために二次、三次の反射音が執拗に残響を繰り返し、音像が見えません。

演奏の経過に従って音量が大きくなる楽音が入れ替わり立ち替わりスピーカー
のセンターに盛り上がってきます。つまり再生音圧の大きな楽音がモノラル
再生のようにセンターに立ちふさがる感じで、ステレオには聴こえません。

引っ越しされた当初からH.K 様もこの現象に気が付かれ、私はうかがった範囲
での情報から推測し、QRD BADを数枚空いている壁面に取り付けて頂いたり、
床には毛足の長い敷物で吸音される事も推奨してやって頂きましたが、残念ながら
根本的な解決には至っていませんでした。これではいかんな〜と直感し訪問前に
想定していたルームチューニングに取りかかりました。

先ずはパワーアンプとスピーカーの配置を入れ替えます。AGSの導入によって
スピーカーから放射された音波が直近の壁面で一次反射している状態を直ちに
沈静化してくれるので、音源であるスピーカーが壁面に接近しても大丈夫!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032705.jpg

お持ちしたAGSは下記のラインアップです。仕上げは標準色です。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20130216/SYLVAN_ANKH.pdf

□ANKH-I:ST-15フラットタイプ(W600×D230×H1500) (税別 \280,000.)2台

□ANKH-II:CO-15コーナータイプ(W400×D400×H1500) (税別 \330,000.)2台

□ANKH-III:DT 卓上・床置きタイプ(W660×D110×H300) (税別 \100,000.)希望台数

□Sylvan:標準タイプ(W400×D200×H1400) (税別 \210,000.)2台
http://www.noe.co.jp/product/pdt1/pd1_12_06.html

ただし、本企画でお持ちするのはメーカーのサンプルであり、ST-15もCO-15も
高さは同じですが、上下2ユニットに分割してあるものです。多様な環境で
セッティングしやすいように日東紡音響エンジニアリングが使用しているもので、
効果を確認しつつ実験しやすいように分割してあるので誤解なきよう一言。
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032706.jpg

これらのAGSを写真のようにセッティングするまでに、実はいくつかの実験を
行っていたのでした。

先ずは、Sylvan二台だけをスピーカーの両側面に配置した場合、次にコーナー
タイプのCO-15を追加した場合、更にST-15フラットタイプをスピーカー前方の
両側面に置いた場合、それらの配置による変化を試しながら結果的にベストと
思われるセッティングに落ち着いたのが、この↓セットアップです!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032707.jpg

今まではオーケストラの演奏を聴いていると、各パートの楽音がひと塊りに
なってしまいステージ感がないままに渾然一体となった再生音でした。

Sylvanに加えANKHを導入し、更にコーナーにも配置するごとに弦楽五部の音像
が判別できるようになり、木管のパートが肥大していた音像からフォーカスを
結ぶように変化していくのが感じられます!!

これはヴォーカルでも同様な変化が起こり、今までは左右スピーカーの中央に
あるテレビ画面よりも大きかった歌手の音像が集束して、B&W  800Diamondの
トゥイーター位置よりも高い空間に口許の輪郭を鮮明にして浮かび上がってきます!!

大編成の演奏も混濁がなく、バックのサイドメンの伴奏からくっきりと分離して
展開するようになったヴォーカルでも明らかに効果を確認することが出来ました。

今回は約二時間の実験試聴でしたが、Acoustic Grove Systemにはバーンイン
やエージングというものは不要です。セットした瞬間から効果が表れ始めます!!

変化を実感されたH.K 様には申し訳ないのですが、実験が終わったところで
日東紡音響エンジニアリング株式会社の山下晃一氏は撤収作業を開始しました。

実は、おおらかなお人柄のH.K 様は今回お持ちしたAcoustic Grove Systemの
お値段は全く知らなかったというもので、私が大よその金額を初めてお話しす
ると、えっ…という驚きの表情が一瞬よぎりました。さて、どうなる事やら…。

さて、新居に移転されてからオーディオシステムのチューニングに伺うのが
恒例のようになっていますが、実はお招きに預かった夜は毎回のように奥様の
手料理で歓談のひと時を過ごすことも恒例になっていました。

今回もホタテ貝柱のカルパッチョとイタリア産とドイツ産の生ハム、春野菜の
煮物、サーモングリルのキャベツ添え、ラムチョップローストのフルコース。

オリーブのオイル漬けを味わいながらパンを何切れも頂き、結果的に三人で
ワイン三本を空けてしまいました。いやいや、いつもながら奥様の腕前は大した
もので、感激しつつ舌鼓を打ち気が付くと終電にギリギリの時間帯。

前回はあまりの美味しさと楽しさで終電に間に合わず、東京を西から東へ抜け
千葉県までタクシーで帰った事もありましたから今回は要注意でおいとましました。

せっかくの楽しい食卓を囲んでのひと時には勿論商談などしていません(^^ゞ
いや、正確に言えばH.K 様からAGSの質問は色々と頂きましたが、お値段を含め
具体的な事は何も話しをせず、その後のH.K 様のお求めに応じるというスタンス
で私から売り込むような事は致しません。ただ一言H.K 様から気になる一言が…

「今度の日曜日に友達が来るんだよな〜」

私もH.K 様も美味しいワインで程良く酔いが回っていたので、せっかくの良い
気分を台無しにしたくないので商売の話はなしで当日は終わったのでした…。

そうしたところ、翌日H.K 様から電話が…。私は先ずは昨夜のお礼を申し上げ
たのですが、いきなり…

「川又さん、昨日のアレさ〜、明後日の日曜日までに間に合うかな〜」

いやいや、ありがたいやら、大至急の納品ということでてんてこ舞い!!
日東紡音響エンジニアリングの山下氏を捕まえて説明すると、何と!!

「分かりました、今日の夕方にはお届けしましょう!!」

ということで、AGSをいったん試したら後戻りできないというH.K 様からの
ご注文で急遽の納品が行われ、デモ機ではない正式な製品として納まったのが
↓こちらの写真です。
http://www.dynamicaudio.jp/file/ko2013032708.jpg

H.K 様本当にありがとうございました。壁面処理が当たり前だったルーム
チューニング・アイテムの限界を悟り、今回思い切ってAGSystemをお持ちして
体験して頂いて何よりでした。

これで再生装置のグレードにふさわしい音質に仕上がりまして、私も肩の荷が
降りたようでほっとしました。どうぞ心おきなく好きな音楽を楽しんで下さい。

最後に、ハルズモニター企画は会員であればどなたでもご利用頂けます。
ぜひこの機会にご入会頂ければと思います。よろしくお願い致します。


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る