発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2011年5月4日
No.813 「新着投稿⇒“Musicmask”を逆Sound check!!」
 
■皆様は視覚と聴覚の矛盾を考えたことがおありでしょうか? 

例えば放送やDVD、最近ではBlu-rayなどでオーケストラの演奏を見て楽しんで
いたとしましょう。あるシーンでは指揮者を画面にクローズアップし、ある
カットでは弦楽器奏者の動きを映し、また次には管楽器奏者の指の動きを映し
たりと様々なアングルで目を楽しませてくれます。

しかし、再生音は一定のステレオフォニックで流れているのが実情です。

ジャズのライブをテレビで楽しむ事もあるでしょう。ピアニストの指が鍵盤上
を高速で跳ね回るシーンに息を呑み、ベーシストの表情がアップにされ、
ドラマーの額には汗が光り、シンガーの表情に見入った事はありませんか?

しかし、再生音は一定のステレオフォニックで流れているのが実情です。
(もしくは5.1chでサラウンドを楽しんでいたとしても…)

画面で見せている視野にもしも立っていたら、カメラの位置に自分がいたら
どう聴こえるでしょうか? もしも、カメラアングルのめまぐるしい変化に
ともなって、カメラの位置で拾った音に一々切り替えていたら大変なことに
なってしまうでしょう。

でも、視覚情報として捉えている事と視聴者が聴きやすく楽しめる映像に伴う
再生音の在り方にずれがあるのも事実なのです。

再生音だけを聴いていると聴き分け出来ないような小さい音の楽器でも、画面
で演奏している姿を見せられてしまうと聴いているように錯覚してしまう事も
あるものです。

私達が通常聴いている2チャンネル・ハイファイというのはオーケストラだったら
S席の真ん中で聴いているという位置関係ではないでしょうか。

その位置でカメラを固定して、ずっと同じアングルだったら…長い演奏中だと
見ているのはずっとステージの全景ですから退屈してしまうでしょう。
ジャズのライブでも同じことが言えると思います。

エンターテイメントの世界では目も耳も楽しませてくれるという常識があり、
私達はそれを当たり前に見て聴いているわけです。

さて、視覚情報はないのに目を見開いて音のする方向に無意識のうちに眼球は
反応して動いてしまう。視神経は活発に働いているのに光は入って来ない状態。

そんな状況では今までに体験したことのない音に対する感性の高まりがあるのです!!

聴覚が捉えた音の情報が目の前にあるのに、視覚には音源の姿・風景は与えない。
それを補うかのように視覚が得られない情報をあたかも聴覚が補足するような
人間の本能に基づいた大脳への刺激が3D再生音を生み出すのでしょうか!?

ハイエンドオーディオをこれほど追求してきた私が驚愕する音の盲点を…
この“Musicmask”が教えてくれたのです!!

そして、それは聴く人全てに同様な感動を与える事を確認しました!!

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

東京都江東区 M.Y 様-H.A.L.'s 訪問記 Part.2
Vol.22「音を磨く!! 進化したサウンドがここに!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_visi0022.html

上記にてご紹介しているM.Y 様より“Musicmask”体験記を頂きました!!

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ダイナミックオーディオ
川又店長様、

私はNo.2407のメルマガを読んだとたんに 「なんか、すごく怪しいぞ!!」
と思い、速攻で予約応募のお返事をしました。

私は、怪しいものは大好きです。

その後「これは是非とも即刻体験せねば!!」との思いがつのり、
本日ダイナに伺って実体験させて頂きました。

まあ、物見高いということなのですが。

まだ予約応募のメールを出されていない方へお勧めがてら、体験記をご報告
いたします。

お店に伺うことのできる方にも、これは、とにかく一度は体験されることを
お勧めしたいです。

今までの人生で体験されたことのない、全く新しい感覚を体験できる可能性が
高いです。

まず川又さんのご指示でマスクを装着します。
川又さんからもご説明がありますが、装着して目を前後左右に動かして、
全く光が入らない状態にすることが重要です。

最初はスキーのゴーグルの感じで着けてみました。
顔の形によっても違いますが、私の場合は目を下に向けると光が入りました。
かなり下の方にマスクを移動しました。文字通りの漆黒状態です。

この時点で早くも、精神状態が不安定になりました。
写真の現像で暗室を使われたことのあるような方以外では、日常生活では、
目を開けた状態で全く光が入らないということは、あり得ないと思います。

新しい、感覚のバランス状態に入ったようです。
これから体験される方(私はもうダメです)是非、脈拍をとってみて下さい。
心拍数が上がっているかもしれません。

ここで川又さんの選曲で楽音を聴き始めます。
今まで体験したことのない精神状態になりました。

脳の感覚器官が混乱しているような感じでした。
軽いパニック状態のような感じで、楽曲として聴く状態ではありませんでした。

反射的に目を閉じたくなりましたが、川又さんのご説明にあるように、目を
閉じたらブチ壊しです。まばたきは、普通にして大丈夫です。
とにかく目を開けていることが重要です。

個人差もあると思いますが、わりとすぐ楽音が聞こえてきました。
曲名はネタバレになると申し訳ないので(意外性も、重要です)書きません。

聴いたことのある曲でしたが、驚くほど新鮮な音質感、音場感で聴こえました。
聴き終わった後、マスクをはずして川又さんがもう一回かけて下さいましたが、
機材が変わったかのような聴こえ方の違いでした。

同じ体験をした人でないと、感覚を言葉で説明するのは非常に難しいです。
(男性には出産の痛みなるものは、わかりませんね)
また、感覚には個人差がありますから、皆が同じ状態になるとは限らないでしょう。
とにかく、これは体験するしかないと思います。
そして、試してみる価値は充分にあると思います。(なんたって、面白すぎる)

機材のセッティングにもよるかと思いますが、皆さんのオーディオルームの
照明を消してもダメだと思います。(やってみましたが、ウチではダメでした)

機材や電気製品の電源ランプや、戸外の光が漏れて入って「漆黒」状態には
なりませんでした。私は(プラモデルとか)自作派ですが、これと同じものを
作るのは結構な手間だと思います。買った方が早いでしょう。

「新しい感覚はわかったけど、これがオーディオに役に立つのか」という疑問
をお持ちになった方もおいででしょう。

私は、あれこれイジクリ回す派です。恐らくこのマスクは、変えた時の効果を
明確に感じることができると思います。

また、ご自分の機材の音を全く新しい観点で見直すことができると思います。
私は2曲、聴かせて頂きましたが、楽曲は選ばないと思います。フルオケの
カリカリのチューニング派の方も、大音量爆音系の方も、いろいろな感じ方を
体験できると思います。

私は自分の機材の音をこれで聴くのが、とても待ち遠しいです!!

川又さんのお書きになっているようにネットでも購入することはできますが、
私は、こんな面白いものを教えて頂いたご恩に、川又さんから購入させて頂きます。

ということで、よろしくお願いいたします。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

川又より

M.Y 様ありがとうございました。義理がたい最後のお言葉には感謝しております。
体験しないと解らないというのはごもっともな事です。しかし、4000円前後と
いう価格の商品で往復送料をかけてのハルズモニターという企画まで行うかと
いうと私もちょっと考えてしまいました。

下記にも述べていますが、この“Musicmask”の単価では私のビジネスにプラス
になるという事ではなく、皆様の音楽鑑賞に貢献したいという事が主目的だと
思っているからなのです。ですから、初回セールの後には店頭販売も致します。

webでのネット販売では気に入らなかったら100%返金するとなっていますが、
通信販売だけではそのようにしないと注文が入らないかもしれないということ、
または自信の表れということもあるでしょう。

でも、相当に耳の肥えた会員の皆様がこのように感動され、事実今日などは…

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_visi0024.html

更に↑こんな超ベテランのVIPまでもが“Musicmask”を体験され納得して頂きました。
軽く「注文しとくよ!!」とおっしゃって下さいました(^^ゞ

私が皆様に提供したいのはこれなのです…Let's enjoy music!!
本日も予約数が増えてきました。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る