発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年11月18日
No.769 「“The Sonus faber”のチューニング完了しました!!そして…!!」
 
スピーカーのチューニングとは何か? まず最初はリプレースメントという事で
環境によって変化するスピーカーをどこに置くのか、ということから始まり、
後はそのスピーカー自体に調整箇所・機能があるかどうかによって変わります。
 
この“The Sonus faber”の調整機能というのは主にサウンドステージに関わる
ものであり、それをどのように生かすかによって大変大きな違いとなります。
 
私は数時間かけて、これを楽しみながら行いました。簡単ではありませんが…
その詳細は後日のレポートにまとめるつもりですが、私の感性でチューニング
した後の音がどうなったか? これは語るよりもお聴かせしたいものです!!
 
■“The Sonus faber”はsoulution 745 & 721 & 700にて演奏開始しています。
 
■Octave Jubilee Preamp & Jubilee Powerampにて11/18の18時まで演奏します。
http://www.fuhlen.jp/octave/products/jubilee_01.html
http://www.fuhlen.jp/octave/products/jubileemono_01.html
 
■GOLDMUND TELOS 5000でも試聴出来るようにセットアップ致しました!!
 
この“The Sonus faber”を語るには用意すべき資料も多数にのぼり、まだ
私のインプレッションを発していませんが、このスピーカーはこの私の知る
スピーカーの中でも最高のものとして自信を持ってお勧めできるものです!!
 
価格が価格なのだから当たり前だ!…と、お思いでしょうが、実はこのスピー
カーはただの大型スピーカーというわけではないのです。
 
後日、じっくりと語りますが、その前に聴いてみてはいかがでしょうか?
Sonus faberというメーカーがここまでやれるのか、ということを失礼ながら
実感しているものです。まさに脱帽の思いです!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る