発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年4月30日
No.717 「Kiso Acoustic HB-1の取り扱い説明書にも載っていない裏技とは!?」
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/707.html
 
上記ではギタリスト荘村清志氏のコンサートでHB-1が使用されるというスクープ
を発表していますが、そのコンサート初日の翌日にKiso Acoustic代表 原さん
が訪ねてこられました。何と、同伴されてきたのは今まで電話とメールのやり
取りだけだった高峰楽器製作所の土井さんでした!!
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/090910/014Kiso.jpg
 
この↑写真に写っている方です。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/090910/037Kiso.jpg
 
そして、完成したHB-1に品質合格の認定ステッカーにサインしている方です!!
テクニカルな事をひとえに引き受けている土井さんには何を質問しても答えて
くれますから、ある意味原さんよりも詳しいかも(^^ゞ
 
原さんには何度もお目にかかっていますが、土井さんとは初対面であり滅多に
会えないので思わず↓記念撮影をしてしまいました。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100418/P1070603.JPG
 
中央が原さんで左が土井さんですね。四年以上の開発期間中ずっと原さんと
仕事をしてきたという間柄で、HB-1のもう一人の生みの親と言っても過言では
ないと思います。
 
さて、本題ですがHB-1の取り扱い説明書をじっくりと確認した結果、記載され
ていない事を確認し、今回のハルズサークルの皆様に初めてお知らせするHB-1
のちょっとした秘密です!!先ずは↓この写真をご覧下さい。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100418/P1070560.JPG
 
HB-1のボトムを撮影したものですが、気がつかれましたか?
入力端子の上にひとつ、フロント側左右に二つ穴が開いていますが、そこには
何とナットが埋め込まれています。
 
HB-1は一般家庭において音質本位にはスタンドに乗せて使用するように説明書
にも記載されていますが、どうしても壁面や高いところにセットしたいという
場合にビスを受ける固定用ナットを既に仕込んであったのです。
 
私は発売当時に見かけていましたが、ついぞ今までご紹介する機会がなかった
ので遅くなってしまいましたが、HB-1の美しい響きを部屋の空間の上の方から
降り注ぐようにして聴きたいという場合に利用して頂ければと思います!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る