発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年2月15日
No.694 「Documentary of Kiso Acoustic HB-1-inspection event!!」
 

「四種類のKiso Acoustic HB-1を聴く!!」とはこんな企画です。
 
 
さて、先日は三時間ほどかけて三種類のHB-1を比較試聴していました。
HB-1MPK/Hawaiian Koa & Goldener Madrona/All Hawaiian Koaの三種類です。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/693.html
 
私にとっての初物All Hawaiian Koaは先月生産されたもので、まだ若い(^^ゞ
これはHB-1MPKも同様です。それに対してGoldener Madronaは昨年の夏に私が
聴いたものと同じということで、他者よりは熟していると言えるでしょう。
 
しかし!!
 
いきなりですが、若いのにHB-1MPKとAll Hawaiian Koaは素晴らしかった!!
 
そして、大変印象的だったのは同じHawaiian Koaで製作したスピーカーなのに
各々に個性が光っているということ、明らかに響きの違いがあるという事です。
 
私は色々と考え検討し、更にKiso Acoustic代表の原さんとも話し合った結果、
これらの音質の違いを文章で表現することは今回しないことにしました。
 
なぜか!?
 
All Hawaiian Koaの艶めかしい弦楽器にしびれ、HB-1MPKの端正なヴォーカル
に胸騒ぎし、こんなに違うのにどれも魅力的なHB-1に対して私の拙い文章表現
で皆様に先入観を与えたくない…ということ。
 
そして最も重要なことは言葉ではなく実演によって四者の個性を皆様にお伝え
するチャンスをKiso Acoustic代表の原さんから頂いたということです!!(^^ゞ
 
           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
二週連続企画としてHB-1が登場以来初という四者比較の試聴会を実現しました!!
 
      ◇ Kiso Acoustic HB-1-inspection system Vol.12◇
 
………………………………………………………………………………
ESOTERIC G-0Rb(税別\1,350,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/g0rb/index.html
     and
TRANSPARENT PLMM×2+PI8(税別\846,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
     and
Project“H.A.L.C”H.C/3M(税込み\560,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/halc/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
ESOTERIC 7N-DA6100 BNC(Wordsync用)(税別\240,000.)→and ESOTERIC D-01
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/mexcel/index.html
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC P-01+VUK-P01(税別\2,500,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/p01/
     and
TRANSPARENT PLMM×2+PI8(税別\846,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
     and
Project“H.A.L.C”H.C/3M(税込み\560,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/halc/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
ESOTERIC 7N-DA6300 XLR 1.0m×2 (税別\560,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/mexcel/index.html
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC D-01+VUK-D01(税別\2,500,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/d01/
     and
TRANSPARENT PLMM×2+PI8(税別\846,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
     and
Project“H.A.L.C”H.C/3M(税込み\560,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/halc/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
Transparent Reference MM2 Balanced (1.5m) (税別\1,700,000.)
http://www.axiss.co.jp/ftran.html
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
JEFFROWLAND  Criterion (税別\2,780,000.)
http://www.ohbashoji.co.jp/products/jrdg/criterion/
     and
TRANSPARENT PLMM×2+PI8(税別\846,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
     and
Project“H.A.L.C”H.C/3M(税込み\560,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/halc/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
ESOTERIC 7N-A2500/XLR 7.0m(税別\2,280,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/7na2500/index.html
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
MARKLEVINSON   No.53(税別\7,200,000.)
http://www.harman-japan.co.jp/product/marklev/no53.html
          and
TRANSPARENT PLMM+PIMM(税別\720,000.)
http://www.axiss.co.jp/transparentlineup.html#POWER
          and
SXR Audio Stand+Isolation Base(税別\580,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/080520/HRS.pdf
http://www.dynamicaudio.jp/file/080520/SXRaudiostand.pdf
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
 
SILTECH Royal Signature series King 2.5m (税別\2,720,000.)
http://www.harman-japan.co.jp/product/siltech/index.html
 
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
Kiso Acoustic HB-1/Mahogany(税別\1,300,000.)
★Performance time more 4,000 hours
         vs
Kiso Acoustic HB-1MPK(税別\1,700,000.)
         vs
Kiso Acoustic HB-1/All Hawaiian Koa(税別\2,000,000.)
         vs
Kiso Acoustic HB-1/Hawaiian Koa & Goldener Madrona(税別\2,000,000.)
                 and
Acoustic Revive製 RSS-504-58(税別\268,000.)
http://www.acoustic-revive.com/japanese/speaker_s/speaker_s_01.html
                 and
H.A.L.'s original“P-board”×2 (税込み\136,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/508.html
………………………………………………………………………………
 
さあ、こんな物好きな企画で手間暇かかる試聴会をやるというのだから(^^ゞ
私はヒマなのか〜(^^ゞいえいえ、大変忙しいのです。だって仕事を自分から
作り出し増やしているのですから!!
 
今しかできない試聴会はこんな風に実施されました!!


           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-


初日はあいにくの天候でしたが、このイベントのためにわざわざご来店頂き
ました皆様、本当にありがとうございました。私の選曲と進行を思い出して
頂くためにも簡単なドキュメンタリーを制作しましたので早速公開致しました。
 
使用システムは下記にてご紹介の通りですが、一部パワーアンプのみ変更して
おりました。そして、予定時刻よりも皆様早くご来店になりましたので10分
ほど早めてのスタートとなりました。
 
まず最初はこの曲からです。
 
■YPM-005 山本英次「グリーン・スリーヴス」より11.荒城の月
http://www32.ocn.ne.jp/~ypm/cd.html
 
このピアノソロのシンプルかつダイナミックな演奏をHB-1/Mahoganyで聴いて
頂き、そもそもHB-1とは!!という解説をひとしきりさせて頂きました。
と、いうのもご来場の皆様の75%の方々が本日HB-1初体験という事なので(^^ゞ
 
■神尾真由子「パガニーニ 24のカプリース」18.  カプリース第18番ハ長調Op.1-18
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/MayumiKamio/
http://www.aspen.jp/artist/jp/mayuko_kamio.html
 
今度はヴァイオリンのソロですが、ここから四種類の比較試聴を開始しました。
演奏した順番は次の通りです。
 
HB-1/Mahogany→Hawaiian Koa & Goldener Madrona→All Hawaiian Koa→HB-1MPK
 
ヴァイオリンの胴が鳴り響くニュアンスと弦と弓の摩擦感がたっぷり含まれた
録音で、各々のHB-1の個性が染み出てくるような比較試聴となりました。
 
■Joe Henderson/Double Rainbow(POCJ-1270)より 12. MODINHA
http://www.amazon.co.jp/Double-Rainbow-Music-Antonio-Carlos/dp/B0000046YR
 
テナーサックスの図太くも繊細な響き、若き日のクリスチャン・マクプライド
のウッドベースとのデュオによる録音です。サックスのソロからペースとの
デュオへと展開していきますが、演奏順は次のように変化していきます。
 
HB-1MPK→Mahogany→Hawaiian Koa & Goldener Madrona→All Hawaiian Koa
 
■森山直太郎の4トラック目の「手紙」
http://www.naotaro.com/index.asp
 
打楽器のソロ、弦楽器のソロ、プラスのソロとペース、そして次には日本語の
ヴォーカルということで、この曲を聴いて頂きました。この曲では森山直太郎
のヴォーカルを三種類の質感で録音してあり、その比較も興味深いものです。
演奏順は次のように変化していきます。
 
All Hawaiian Koa→HB-1MPK→Mahogany→Hawaiian Koa & Goldener Madrona
 
■ワレリー・ゲルギエフ指揮/ムソルグスキー:管弦楽作品集
 組曲「展覧会の絵」(*)/交響詩「はげ山の一夜」より
 歌劇「ソロチンツィの市」〜ゴパーク(リャードフ編曲)
MUSSORGSKY: Pictures at an Exhibition Vienna Philharmonic / Philips
http://www.phileweb.com/shop/super-audio-cd/8/875.html
 
オーケストラの演奏を一楽章まるごと聴くと長いので、1:49秒という短い曲で
比較して頂くことにしました。演奏順は次の通り。
 
Hawaiian Koa & Goldener Madrona→All Hawaiian Koa→HB-1MPK→Mahogany
 
さあ、ソロ楽器から始まって主要な演目からオーケストラにたどりつき、ここ
までで約90分間という時間を使ってしまいました。さすがに同じ曲を4回聴く
というのも大変でしょうから、次からは多少エンターテイメントの要素を含め
皆様のリクエストを取っていくことにしました。
 
次の演奏中はこうなります。
 
Mahogany→Hawaiian Koa & Goldener Madrona→All Hawaiian Koa→HB-1MPK
 
私からこのように説明しました。
 
「最初のMahoganyで私が選曲した曲を最後までじっくりと聴いて頂きましょう。
 そして、その曲の傾向を意識して、同じ曲で比較したいHB-1を皆様に投票で
 選んで頂きます。同じ曲をどのHB-1で聴きたいか、考えながら聴いて下さい。」
 
という進行に変えることにして、最初のMahoganyで演奏した曲がこれです。
 
■Rodrigo Y Gabriela 「11:11」1'Hanuman' inspired by Carlos Santana
http://www.rodgab.com/
これはギターの高速かつダイナミックな演奏だけでなく、ギターの胴をパーカ
ッションのように叩く音が低域に向けての倍音の含み方をデフォルメした録音
であり、ギターとは思えないような重低音が叩き出されてきます。その低域と
ギターの弦が弾かれるハイスピードな展開を克明に描くこと低域の再現性が
異なるものであり、チェックポイントを多数含む選曲です。
 
そして、聴き終わった後に私から…
 
「では、今演奏したMahoganyと比較したいHB-1はどれでしょうか!?」
 
と問いかけると、何と75%の皆さんが挙手したのはHawaiian Koa & Goldener
Madronaでした!!皆様のリクエストで課題曲を比較して頂き、今度はこのHB-1
で違う曲を演奏します。そして、この曲であればHawaiian Koa & Goldener
Madronaに対して皆様は何をリクエストされるのでしょうか!?
 
■諏訪内晶子/フィルハーモニア管弦楽団、指揮:シャルル・デュトワ
  3. ラロ:ギター 作品28
http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/akiko-suwanai/discography.html
 
前回の激しいギターと正反対の選曲でHawaiian Koa & Golden Madronaでの
演奏を聴いた後に比較したいHB-1はどれか!!
 
★何と75%の皆様がHB-1MPKで比較したいというリクエストになりました!!(^^ゞ
 
HB-1のすべてが各々の魅力を持っているので親バカ的な発想ですが、HB-1MPK
を指名して頂き大変うれしく思いました。ありがとうございました。<m(__)m>
 
さあ、オーケストラバックのヴァイオリンを聴いた後に再度HB-1MPKで次の曲
を聴いて頂き、更に比較したいHB-1を選んで頂くことに…。でも、そろそろ
時間が来てしまいましたのでラスト1となってしまいました。その曲は…?
 
■Tiffany/ティファニーより 12.Amazing Grace
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/VR/tiffany/index.html
 
ゆったりしたピアノから彼女のヴォーカルが入ってきますが、素晴らしいですね〜
HB-1MPKで聴くヴォーカルは最高です(^^ゞ
 
さあ、このヴォーカルを聴いて比較したいHB-1は何か!?
 
このジャッジは割れましたが、50%の皆様がAll Hawaiian Koaをリクエスト!!
 
いかがだったでしょうか? お楽しみ頂けましたでしょうか?
 
★前述と同じリクエストタイムを二日目も行いましたが、何たることか!!
  参加者は全く違うのにリクエストの順番は初日と全く同じ結果になりました!!
 
一体何回配線を切り替えた事やら…(^_^;)
 
でも、面白かったはずです!! ぜひ皆様のご感想をお待ちしていますね!!
そして、明日もこのパターンで開催致しますので、今夜から明日の昼までの
メールにて応募頂けますので、ぜひご参加下さい!!
 
私は、これからもHB-1を体験したユーザー数をどんどん増やしていきたいと
思っていますので、皆様も感動しにいらして下さい!!
 
寒い中で本日ご参加頂きました皆様にお礼申し上げます。
また、ご感想などもお待ちしておりますのでよろしくお願い致します<m(__)m>


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る