発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2010年1月16日
No.691 「新企画⇒誕生“H-Board”とは?」
 
          ■HB-1のための専用Board■
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/660.html
 
Kiso Acoustic HB-1を聴いて感動した感想を上記のショートエッセイで述べて
いますが…、その中にこんな一節があります。
 
            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
さて、ここでスタンドの色合いが見えているが、これはAcoustic Reviveの
特注品となる。その原型は同社のRSS-600であり、塗装と上下ベースのサイズ
がHB-1に適合するように設計された。
 
http://www.acoustic-revive.com/japanese/speaker_s/speaker_s_01.html
 
そして、HB-1をいよいよスタンドに乗せたのが次の写真。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/090615/hb1_stand.jpg
 
当初持ち込まれたスタンドは柱部分の高さが約45センチというもので、その
ままセットすると目の前のコンポーネントが邪魔になって視界に入らない。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/508.html
 
それでH.A.L.オリジナル商品である“P-board”(250×420×H50mm 19kg)を
使って少しでも高くしようと配慮したもの。
 
更に、このセッティングでのメリットもあった。それは、このスタンドの床に
接するベースのフットの構造がスパイクではないということ。下記に写真あり。
 
http://www.acoustic-revive.com/japanese/speaker_s/speaker_s_02.html
 
このように丸いフットの中にラバー系の材質が貼られており、このフロアーの
タイルカーペットの毛足の上に置くとメカニカルアースが不十分ということに
なってしまう。それを“P-board”に置くことでしっかりと落ち着き、音質的
にも好ましいセッティングとなった。
 
            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
この時点で“P-board”をご使用頂くことで何ら問題ないのですが、ちょっぴり
残念なことは横幅はジャストなのだが、前後の寸法が違うということ。
 
■製品名 RSS504-58 税別定価 \268,000. 全高 58cm  タイプ ★推奨
柱部断面・楕円形 ブルーブラックメタリック仕上げ 
 
そこで、私は専用スタンドの床に接するベースと全く同じ面積となるように
前田製管株式会社 新材料事業部に見積もりを要請したのが次の図面です。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/100106/HALbord20091228.jpg
 
RSS504-58のベースプレートとすっきり同じ面積のコーナー部の仕上げを追加
加工しながらも、何とか“P-board”と同じ質量を確保できないかと調べた
ところ、上記の図面で厚み70mmで作成できることが判明しました!!
 
これをご使用頂ければフローリングでもカーペットの上でも、私がここで演奏
しているHB-1の音質を安定化させることが可能であり、皆様のお部屋の床の影
響を極力抑える事がスマートなデザインで可能となります!!
 
音質本位に私が推薦するMMW(Metal Matrix Works)の詳細は下記をご覧下さい。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html
 
さあ、オリジナル商品第五弾!! HB-1のために作りました“H-Board”を新たな
ラインアップとして公開し、ご注文を承りますので何卒よろしくお願い致します。
 
■製品名“H-Board”(W245×D301×H70mm 19kg)配送費込み・税別販売価格\65,000.
  二枚一組で税別\130,000.ですが、一枚単位でも販売可能です。
 
既に当フロアーの展示品は発注しておりますが、下記のように生産には大変に
手間暇がかかります。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/540.html
 
また、“H-Board”専用の型を同時に作成するわけですが、この型は一台しか
作れませんので仕上がりまでにはちょっと時間がかかってしまいます。
 
ここへの展示品の入荷が二月末の予定であり、皆様のご注文に対しては三月に
順次発送ということになりますので、よろしくお願い致します。
 
青森県弘前市  H.T様、このオリジナル商品がきっとお役に立つと思います!!
全国のHB-1オーナーの皆様、そして他のショップでHB-1を購入された皆様にも
ご提供致しますので、“H-Board”による音質向上にどうぞご期待下さい!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る