発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2009年10月11日
No.678 「マラソン試聴会予告 Audio Opera 2009' 私のテーマが決定!!」
 


         ■The Trinity - Chapter.1&2■

「三位一体」神・キリスト・聖霊を一体と見る教義をThe Trinityと呼ぶ。
その意味するところを現代では企業名や商品名など多方面で引用している。

今回はオーディオにおける三位一体を次のような発想で関連付け、ハイエンド
オーディオの真髄を追求していくことにした。

音楽の源流となるプレーヤー、伝送と増幅を司るアンプ、オーディオオペラと
して歌手を意味するスピーカー。
このような分野別での三位一体で奏でる演奏の数々を実演する。

また、三種類のスピーカーは同じ使命を持ちながら個性を光らせ、歌手として
の役目を三位一体で表現し比較する楽しみを。

そして、三種類のアンプは回路デザインにおいて対照的な発想で設計されたも
のをエントリーし、三位一体となってスピーカーを歌わせるという同じ使命に
色彩感を与える。

更に、現在のオーディオシステムにおける最も高音質なソースコンポーネント
としてはディスクプレーヤーに他ならず、トランスポート、D/Aコンバーター、
マスタークロックという個々の使命が再生する情報量を三位一体となって支配する。

このような機能性における存在感の違いはあれど、各アイテムにおいて三位一体
となって音楽を奏でるという事実はコンポーネントの比較によって再生音に
大きな違いと個性を感じさせるという無限の可能性を秘めている。

ハイエンドオーディオの三位を私がセレクトしコーディネートすることで一体
となった音楽を披露したい。

そこに独自の選曲と演出によって結果的にはオーディオにおける三位一体とは
「音楽による感動」を意味するということを実感して頂ければと願っています。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

現時点でスピーカーのTrinityを公開致します!!

VIVID Audio G1 GIYA(640万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/archive/?no=161

Avantgarde duo omega G2(予価370万円)

Kiso Acoustic HB-1(130万円)
http://kisoacoustic.co.jp/

Nautilusを踏襲する球面波を再生するVIVID Audio G1、ホーンスピーカーで
ありながらスフェリカルホーンという開口180度で同じく球面波を再生できる
Avantgardeの新作スピーカー、そこに10センチウーファーが大きなホールで
どのように鳴るのか(これは私も怖いくらいの冒険です)に挑戦するHB-1という
三者を私なりに料理していきます。

これほど対極的であり個性の違うスピーカーでどんな味を目指すのか? 

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ディスクプレーヤーのTrinityを公開致します!!

ESOTERIC P-01+VUK-P01(250万円) これはわかりますが…?
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/p01/index.html

ESOTERIC D-01+VUK-P01×6台(750万円) を使用します!!
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/d01/index.html

ESOTERIC G-0Rb(135万円)合計7台にWord syncを供給します。
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/g0rb/index.html

ESOTERIC PS-1500(60万円)この出力はD-01だけで埋まってしまいますね〜
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/ps1500/index.html

おいおい、6台のDACを使うというと5.1chでもやるのか!?(*_*)
いえいえ、ちょっと違いますね〜(笑)

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私がセレクトしたアンプのTrinityを公開致します!!

■Pre Amplifier 

soulution 721(350万円)
http://www.noahcorporation.com/soulution/720.html

OVTAVE Jubilee Preamp(450万円)
http://www.fuhlen.jp/octave/products/jubilee_01.html

JEFFROWLAND Criterion(278万円)
http://www.ohbashoji.co.jp/products/jrdg/criterion/

Burmester 077(430万円)
http://www.burmester.de/en/produkte/index.php?product=1,4,17

■Power Amplifier 

soulution 700(1300万円)
http://www.dynamicaudio.jp/file/080922/soulution_700.pdf

OVTAVE Jubilee Mono(760万円)
http://www.fuhlen.jp/octave/products/jubileemono_01.html

Marklevinson No.53(720万円)
http://www.harman-japan.co.jp/product/marklev/no53.html

6台のDACを使うということと今回のアンプの選択がどのような演奏をするのか!?

それは音楽を楽しみ感動して頂くという基本に根ざした選曲と演出により、
帰路に就いた参加者の頭の中に一つのメロディーが浮かんでくるような思い出
というお土産をお持ち帰り頂こうと考えているものです。

さあ、何をやるのでしょうか!? 先ずは第一幕へご来場ください!!

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/675.html



このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る