発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2009年7月4日
No.664 「響きを作る芸術Kiso Acoustic HB-1の全てを聴く、知る!!」
 
 
【新企画リサーチ⇒響きを作る芸術Kiso Acoustic HB-1の全てを聴く、知る!!】
 
          ■ 企画動機はここから ■
 
さて、来週にはKiso Acoustic HB-1のハワイアン・コアがやってきます。…と
前号でお知らせ致しましたが、本日その写真を見ることが出来ました!!
高峰楽器製作所の担当者から次のようなコメントがありました。
 
「マホガニーモデルと違う部分は側面板・胴板がハワイアンコアになりフロント
 パネルには杢の美しいGoldener Madronaという銘木を使用しました。
 また、杢をさらに引き立たせるため下地にセラック塗装を施しています。」
 
ということで凝りに凝った仕上げであり、これは商品ではなく作品という次元
の芸術的な美しさと言えます。
 
杢=木目というイメージでは流れるような筋模様というか連続性のある模様を
想像されるでしょうが、今回採用されたGoldener Madronaという木材の美しさ
は誰しもが息を飲むほどのものだと思います。
 
仮に一般的な木目を目にした時、三センチ四方のスペースに区切って観察する
と、あるポイントからとなりの区画に目を移しても想像できる範囲の連続した
木目の流れを見ることになるでしょう。しかし!!
 
何と、このGoldener Madronaの木目は隣り合う三センチ四方の区画でも全く
違う模様がうねっているのです!!この美しさを言葉で表現するのがいかに困難
であり虚しいものか、実物を、あるいは写真でも見て頂ければきっと皆様の
美意識を揺さぶり、その残像はいつまでも皆様の記憶に残ること間違いありません。
 
それほど魅惑的であり美しいものです。響きを作るスピーカーは視覚にも響き
を作り出してくれます!!この意味は実物をご覧になると分かると思います!!
 
そして、天然素材から作られる一台一台は完全にペアの木目で仕上げられます
が、逆に同じ木目はふたつと存在しない世界にひとつだけという仕上げにより
皆様にお届けするという完全ハンドメイドとなっています。
 
Kiso Acoustic HB-1のハワイアン・コア・モデルは2009年7月7日の午後三時から
翌日にかけてここにやってきます!! 
 
私はこれほど美しいスピーカーを見た事はありませんでした!!ホントです!!
 
見たい方、聴きたい方、そして誘惑に負けてもいいという覚悟のある方はぜひ
ご来店ください!! 
 
その誘惑に負けることに快感と喜びを覚える作品が登場したのです!!
 
            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
私の数々の企画の目的はすべて皆様の喜びとご満足ということにあります。
今回の新企画も私=H.A.L.ならではという主旨のものであり皆様にどのように
ご賛同頂けるだろうかという会員からのご意見によって本企画を成長させて
行ければと考えております。
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/660.html
 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/663.html
 
既存の全てのコンポーネントに共通する大いなる進化とは何か!?
 
それはKiso Acoustic HB-1を鳴らすことで今までと全く違う音、響きの美しさ
を発揮し始めるということです。つまり、皆様が今まで使用してきたアンプや
プレーヤーからこんな音、こんな響きが聴こえてくるのか!?という違う次元の
音楽が流れ始めるということです。
 
それによって皆様が過去にコンポーネントに投資された金額が蘇り、我がシス
テムがこれほどの美音を奏でるのか!!という喜びにひたれることを保証します。
 
そこで、私の好奇心は更に加速し新企画をひねり出しました!!
 
■マホガニー、メープル、ハワイアン・コアの三種類のHB-1を一堂に集め、
 木材の違いによる響き、音質の違いを外観の美しさを愛でながら一辺に比較
 試聴出来る機会を作りたい!!
 
■その際にはKiso Acoustic代表の原氏、高峰楽器製作所で実際にHB-1を作る
 担当者など、国産であることの最高のメリットである製作者との対話と講演
 を同時に実現しようということ。どんな雑誌よりも生きた情報が得られます。
 
■この企画が実現した時には当フロアーを貸し切りの状態で使用し、招待客のみ
 が体験できるという濃厚な(笑)イベントとして開催するものとします。
 
■地方からのご来店も想定して週末に開催しようと考えております。
 
http://www.takamineguitars.co.jp/kaisha/index.html
 
この企業理念に基づき活動されている高峰楽器製作所は岐阜県中津川市にあり、
Kiso Acousticも同様である。私の企画で両社を代表する人物をお呼びたてす
るなどは大変おこがましいことであり、そんなご無理をお願いするには…
 
そうです!! H.A.L.のサイトをご覧頂いている皆様の情熱と期待感のエールをお寄せ下さい!!
 
インターネットのメリットを生かして日本全国の皆様からの反響の大きさをお知らせ下さい!!
 
先ずは皆様に本企画を支持して頂けるかどうか、喜んで頂けるかどうかという
ご意見をうかがうための準備段階のリサーチにご協力頂ければと思います。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
        << H.A.L.'s Collection-実施前リサーチ >>
 
            キーワードはズバリ!!
 
 
           「Kiso Acousticの全てを聴く知るに賛成webより」
 
このキーワードを件名に貼り付け他の本文を削除し、お客様の署名のみ記入
して下記アドレスに返信してください。
 
       mailto:kawamata@dynamicaudio.co.jp
 
★現在のところは希望者数のリサーチが目的の募集です。今回の返信が即ち
 本企画への正式応募というものではありませんので誤解なきようよろしく
 お願い致します。後日企画内容をハルズサークルに配信致しますので、これに
 参加したいという方は先ずハルズサークルにご入会下さい。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
さあ、日本のオーディオファイルの反響はいかに!?


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る