発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2008年8月7日
No.601 「Audio Sinfonia 2008'!!今年のマラソン試聴会は一味違います!! 」
      ■ハイエンドオーディオが奏でる交響曲!!■

開催日時:10月25日/土曜日 11:00-20:00  10月26日/日曜日 11:00-18:00

会場: 梅窓院 祖師堂  地下鉄銀座線 外苑前 1A出口 徒歩1分


今回の会場は首都東京・港区南青山にありながら商業目的ではない施設であり、
運営方針、外観デザイン、エントランスのインテリア性を含めて荘厳であり
モダンな雰囲気を醸し出している建築物です。

以前の会場であった秋葉原という立地では再開発された商業地の一角という
イメージが色濃くありましたが、今回の会場は芸術性をアピールするには大変
ふさわしい会場となっています。

32回目というマラソン試聴会の歴史を振り返り、オーディオ製品の実演に芸術
性というイメージを専門店らしく上積みし、ご来場の皆様の満足感を高めてい
いきたいと思います!!


交響曲は主に管弦楽によって演奏される多楽章からなる大規模な楽曲。
原則として4つ程度の楽章によって構成され、そのうちの少なくとも1つの楽章
がソナタ形式であることが定義です。

標準的なハイドン、モーツァルトの交響曲形式は次のような形式でした。

第1楽章 - ソナタ形式
第2楽章 - 緩徐楽章〔変奏曲または複合三部形式〕 調は第1楽章の近親調
第3楽章 - メヌエット 主調(第1楽章と同じ調)
第4楽章 - ソナタ形式またはロンド形式 主調または同主調

この形式になぞらえたプレゼンテーションを行い、オーディオ装置を駆使して
多様な音楽を交響曲として組み上げていくという構成に挑戦していくものです。


■Audio Sinfonia 2008'のMCは次の四名に決定しました!!

・5555 川又   東   島 
・サウンドハウス   厚木 

■担当者別に「オーディオ交響曲」としてのテーマを設定します。
 第1楽章のオーディオソナタとして二つの主題をとして設定し、第2楽章では
 選曲の面白さで気分転換、第3楽章ではシステムを変えて次に備えるために
 音楽に集中した雰囲気の違う選曲で楽しんで頂き、第4楽章 のソナタ形式で
 フィナーレを迎えます。
 
 交響曲における音楽様式をオーディオシステムで表現し、多種多様な主題に
 よって各自の実演内容は全く違うものになってきます。

■今までのマラソン試聴会と大きく違うところは、二日間の開催で実演システム
 の内容が違うということです。四名のMCは一日一曲の「オーディオ交響曲」
 を演奏し、二日間で二曲を実演します。つまり、全八曲が演奏されますが
 その内容はすべて違います。

■これから四名のMCが知恵を絞ってひとり二曲の「オーディオ交響曲」を作り
 上げていきます。皆様はどの曲を狙って聴きにいらっしゃいますか?
  それとも八曲すべてを制覇できるでしょうか!?

今後の続報にどうぞご期待下さい!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る