発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2006年3月7日
No.408 「どうぞご安心を!! 意外とシンプルなダイナのPSE対応方針発表!!」
*4月から「PSEマーク」のないオーディオ/AV電気製品の販売が禁止に
http://www.phileweb.com/news/d-av/200602/17/14869.html

電気用品安全法により4/1からは丸PSEマークのないオーディオ製品などの販売が
禁止になります。

最近はテレビ・新聞などのマスコミでも盛んに取り上げられるようになってきた
PSEですが、業界最大手を自認するダイナミックオーディオとしては下記のように
対応することになりましたので早速お知らせ致します。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

その.1「PSEマークのある製品に関して」

・従来通り「買い取り」「下取り」「中古販売」を致します!!


その.2「PSEマークのない製品に関して」

・PSE適合検査を行い基準を満たす場合には「買い取り」「下取り」「中古販売」
 を致します!!  ダイナミックオーディオにてPSE適合検査を行いマークを貼り
 付けることが出来るからです。どうぞご安心下さい。

*PSEマークの有無に関わらず「買い取り」「下取り」出来ない商品もあります。
 これは査定段階でご案内できるものであり従来通りです。

*PSE適合検査を当社が行う場合には手数料は発生しませんが、お客様の強いご希望
 によってメーカーに依頼した場合には有料となります。これは中古品が故障して
 いた場合などの従来の対応と同様とご理解下さい。当社内での検査は無料です!!

*PSE適合検査を実施する際に万一製品が破損した場合には保証できません。
 この検査では「外観検査」「電源を入れての機能・性能の検査」この他に「絶縁
 耐力検査」があります。この絶縁「絶縁耐力検査」というものは使用者が感電し
 しないように絶縁状態を検査するものです。

 電源電極と製品の外装部に1000Vを一分間加電し電流が流れないかどうかを確認
 するものですが、アンティーク・ビンテージ製品などは老朽化と設計の脆弱さか
 ら万一の破損が発生する可能性がゼロとは言えないものです。

 万一漏電があった場合には測定器自体に高速センサーによるプロテクションが
 搭載されているので電源部が損傷することはまずないと考えられます。しかし、
 このような場合にはPSEマーク取得検査をお勧めしない場合もあり、また万一故障
 した場合には保証は出来ないものです。

 どうしても下取り・買い取りして欲しいという場合のみ、お客様のご承諾の上で
 PSE適合検査をすることも出来ますが、委託販売などの方法もありますので当社の
 スタッフにご相談頂く事がよろしいかと思います。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

結論として「買い取り」「下取り」「中古販売」に関してダイナミックオーディオ
のご利用では従来通りということになりました!! どうぞご安心下さい!! (^。^)


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る