発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2005年11月14日
No.379 「“Friday concert”Vol.5のメインテーマが決定しました!!」
開催日時:11/18 午後6時開場 開演午後7時〜終演午後9時 当フロアーにて

さあ、今回は絶対によそではやらないこと、出来ないことに着目しました!!

the subject .1「GOLDMUNDのプライスレンジを音質で体験・納得する試み!!」

絶対に他所では出来ない物好きな企画です。(笑) いや、もしかしたら、これこそ
GOLDMUNDファンが待ち望んでいた企画かもしれません!!

  -*-*-*-*- GOLDMUNDの価格別パフォーマンス比較実験システム -*-*-*-*-

 GOLDMUND  EIDOS REFERENCE (850万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/ultimate/eidos_ref.html
      ↓  
 GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE
      ↓   
 GOLDMUND  MIMESIS 24ME(500万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/ultimate/mimesis24.html
       vs
 GOLDMUND  MIMESIS 30ME(210万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/hi-end/mimesis30.html
      ↓  
 GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE
      ↓  
 GOLDMUND TELOS 2500 (1,200万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/news/index.html
http://www.dynamicaudio.jp/file/051025/02.jpg
       vs
 GOLDMUND TELOS 600 (510万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/ultimate/telos600.html
       vs
 GOLDMUND MIMESIS 18.4ME-D (190万円)
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/hi-end/mimesis18_4.html
      ↓  
 MOSQUITO NEO  (405万円)

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今を去ること10年以上も前のことだが、MARKLEVINSONとKRELLで出力が150W、300W
600Wと段階的に違い、当然価格も段階的に違うパワーアンプをすべて並べて次から
次へと切り替えて比較したことがありました。

しかし、いくらパワーが違うとは言え、再生している音量は同じ。つまり同じ音量
を出すだけなのだから定格出力の何十分の一も実際には使わないのだから、大出力
のパワーアンプなどは必要ないのでは、と思えるような実験でした。

しかし、実際には大音量を出すから大出力のアンプが必要だ、というわけではない
ということを、私は当時の実験で納得したものでした。アンプの設計者が自分の
理想を実現するために必要とするパワーとは一体どのくらいなのか。そして、それ
を使い切ることがなくても音質的に貢献するのであれば、定格出力のすべてを使う
という必要もないでしょう。

ここにGOLDMUNDのトップモデルとセカンドモデルを網羅して、プリアンプを固定し
てパワーアンプの切り換えをしたらどうなるか? 逆にパワーアンプを固定してプリ
アンプだけを切り換えたらどうなるのか?

同社のフラッグシップのプレーヤーとしてEIDOS REFERENCEがここにあるという
最大のメリットを生かして、GOLDMUNDのプライスと音質の関係を実体験として
皆様に検証して頂こうという企画です。

これで満足が出来るのか、いや!! 上級機でなけれは我慢できないのか!!
H.A.L.におけるシステム構成と環境が本当のGOLDMUNDの価値観を教えてくれる
ことでしょう!! さあ、これは前代未聞のONEブランド比較試聴会です!!



the subject .2「世界のハイエンドに挑戦するTECHNICAL BRAINの舞台がここに!」

お時間があれば先ずは下記をご覧下さい!!

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/290.html

このプロローグで述べていることが、やっと現実のものとなりました。結果的に
出た音がどのような品位のものなのか、それを認識できる設計者だけが本当に
納得できるコンポーネントを作り上げるものです。

ここでご紹介しているTECHNICAL BRAIN  Monaural Power Amplifier TBP-Zeroに
ペアのなるプリアンプが遂に完成し、それをH.A.L.でデビューさせ評価して欲しい
という連絡が本日入りました。そのプリアンプとは…!?

http://www.technicalbrain.co.jp/products/tbc/top.html

そうです!!私が昨年感激したTBP-Zeroに、遂に同じ設計者による同一思想によって
開発された純正のプリアンプTBC-Zeroが初登場致します!!

  -*-*-*-*- TECHNICAL BRAIN TBP-Zero+TBC-Zeroデビューシステム -*-*-*-*-

 ESOTERIC G-0s ■“Pケーブル”+“PD”■    
     ↓
 ESOTERIC 7N-DA6100 BNC(Wordsync)×3本
      ↓
 ESOTERIC P-01 ■“Pケーブル”+“PD”■
      ↓
 ESOTERIC 7N-DA6300 XLR ×2本
      ↓
 ESOTERIC D-01 ■“Pケーブル”+“PD”■
      ↓  
 TRANSPARENT  OPUS MM Balanced INTERCONNECT CABLE 2.0m *税別 240万円
      ↓   
 TECHNICAL BRAIN TBC-Zero *税別 170万円■“Pケーブル”+“PD”■
      ↓  
 ESOTERIC 7N-A2500 XLR 7.0m
      ↓  
 TECHNICAL BRAIN TBP-Zero *税別 280万円■“Pケーブル”+“PI”■
      ↓  
 TRANSPARENT  OPUS MM  Speaker Cable 3.0m *税別 423万円
      ↓
 MOSQUITO NEO

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私はこのシステムで発見される多様な音質チェックのレベルは大変高度な次元で
あると自負しています。フロントエンドにESOTERIC、スピーカーにはNEOという
布陣がTECHNICAL BRAINの新作を厳しくも優しくサポートしてくれることでしょう。

上記のthe subject .1におけるGOLDMUNDと同じスピーカーを予定しているという
ことは何を意味しているのか!? ここに立ち会った皆様は世界的にも稀な体験を
されるということになります!! ぜひぜひお越し下さい!!



the subject .3「前代未聞!!合計7本のACケーブルを交換しての比較試聴とは!?」

今回は、この実験をどりシステムを行うかは秘密です。と言っても上記のどれか
ということになってしまいますが(笑)どうぞご期待下さい。

   -*-*-*-*- フル“PEIP”デバイス検証リファレンスシステム -*-*-*-*-

              未決定


           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

これから年末までの金曜日は「マラソン試聴会」と「インターナショナルオーディ
オショー」を合体したような試聴会を私のセンスで実施致します!! (^。^)

本企画はハルズサークル限定の招待となっております。
ぜひ皆様もハルズサークルにご入会下さい。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る