発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2005年11月9日
No.377 「“Friday concert”Vol.4のメインテーマが決定しました!!」

【新企画⇒“エフコン”の第四回開催のプログラムが決定しました!!】

     ◇今週金曜日11/11開催内容をお知らせ致します◇

【早版⇒H.A.L.'s Blief News 】

Vol.1「これからDyna 5555 ではイベントを全フロアーで行います!!-続報あり!!」

【Editor's Column】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 「新企画⇒“Friday concert”Vol.4」

開催日時:11/11 午後6時開場 開演午後7時〜終演午後9時 当フロアーにて

さあ、今回も内容盛りだくさん、かつ最高級の食材を集め私がクッキングした
サウンドをお楽しみ頂きたいと思います。

the subject .1「振動板を持たないスピーカーで体験する150KHzフラットの世界」

インターナショナルオーディオショーでも、ハイエンドショー2005でも一般公開は
されていないBigな新製品が国内初の店頭公開となりました!!

http://www.highend.jp/ から
http://www.highend.jp/Lansche%20Audio%20Systems.htm

Lansche Audio Systems No.4 (税別 \3,330,000.)

私も大きな期待を持って注目している超広帯域2.5kHz〜150kHzというイオン・プラ
ズマ・ドライバー“コロナ”を使用しているということだ。
http://www.highend.jp/Corona%20Ion%20Tweeter.htm

    -*-*-*-*- Lansche Audio Systems No.4検証システム -*-*-*-*-

 ESOTERIC G-0s    
      ↓
 7N-DA6100 BNC(Wordsync)×3本
      ↓
 ESOTERIC P-01 & D-01 and 7N-DA6300 MEXCEL AES/EBU 1.0m ×2
      ↓
 ESOTERIC 7N-DA6100 MEXCEL RCA 1.0m
      ↓   
 HALCRO dm8(AC DOMINUS)
      ↓  
 ESOTERIC 7N-DA6100 MEXCEL RCA 7.0m
      ↓   
 HALCRO dm68 ×2 (AC DOMINUS×2)
      ↓  
 STEALTH Hybrid MLT Speaker Cable 5.0m H.A.L.'s Special Version
      ↓  
 Lansche Audio Systems No.4

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

どこまでも透き通った音質は皆様も初体験となることでしょう。
一見するとイオン・プラズマ・ドライバー“コロナ”は150kHzまでの超広帯域再生
が最大の特徴のように思われますが、実は過渡特性(トランジェント)が究極の
ハイスピードであるということが最も大切なことなのです。

これに合わせてSystems No.4ではミッドレンジとウーファーにも超が付くほどの
高速反応を求めました。それは実際の演奏でどのような局面で感じられることなの
かを私の解説の選曲で楽しみながら味わって頂ければと思います。ご期待下さい!!



the subject .2「英国モニタースピーカーの真っ向対決!!ATC vs B&W一騎打ち!!」

このテーマを実現するために、そして両者の個性をより引き出すために私が召集
した最強のエレクトロニクスがこれです!!

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/329.html

そうです!! 世界中のスタジオで採用される実績と、私も最高レベルで評価してい
るChordのフラッグシップを登場させることにしました。

   -*-*-*-*- ATC vs B&Wに最適な“エフコン”システム -*-*-*-*-

 ESOTERIC G-0s    
      ↓
 7N-DA6100 BNC(Wordsync)×3本
      ↓
 ESOTERIC P-01 & D-01 and 7N-DA6300 MEXCEL AES/EBU 1.0m ×2
      ↓
 ESOTERIC 7N-DA6100 MEXCEL RCA 1.0m
      ↓   
 Chord  CPA 4000E(税別価格\1,620,000.)
      ↓  
 STEALTH  Indra 3.0m H.A.L.'s Special Version (税別 \2,380,000.)
      ↓  
 Chord  SPM 14000(税別価格\8,000,000.)
     ↓  
 PAD YEMANJA BI-WIRE SPK 5.0m  (参考出品)
     ↓
ATC  SCM100Tsl (税別 \3,500,000.)
http://www.electori.co.jp/atc.html
                vs
B&W 800d(税別 \3,000,000.)
http://www.marantz.jp/bw-speakers/index.html

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私は、この両者の比較では厳密さもさることながら大音量、ハイパワードライブの
世界を皆様に楽しんで頂こうと考えております。
そこ両スピーカーの定格インピーダンスである8オームで1,000W、更に800dのよう
に最低インピーダンスでは3.1オームと厳しくても4オームで2,000Wのパワーを発生
させるSPM 14000を用意することにしたのです。これは贅沢です!!

歪感のない大音量は意外に壮快であり気分がいいんだ!! ということを皆様にも
体験して頂けることでしょう!! このハイパワードライブによる比較試聴は他の
イベントでは体験できないクォリティーであることを保証いたします!!



the subject .3「ベルトドライブ CEC TL-0Xの隠された魅力を暴く!!」

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto52-01.html

この随筆で述べているサーボシステムの原理をどのメーカーも尊重しているはず
なのだが、各社の試聴システムと環境がどの程度のレベルにあるかによって設計者
が音質として確認できる領域に限界があることは事実だろう。

そして、ここH.A.L.のレベルで試してみるとメーカーの設計者が知らなかった、
あるいは見えなかったことが色々と出てくるものなのです。

今回更に魅力ある音とは何かを経費ゼロというユニークな実験で楽しみながら
 TL-0Xの魅力を引き出していくという趣向です。どうぞご期待下さい。<m(__)m>


   -*-*-*-*- CEC TL-0Xの比較実験システム -*-*-*-*-

 GOLDMUND  EIDOS REFERENCET(850万円)
     vs
 ESOTERIC P-01(220万円)
     vs
 CEC TL-0X(180万円)
      ↓  
 GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE
      ↓   
 GOLDMUND  MIMESIS 24ME(500万円)
      ↓  
 GOLDMUND LINEAL DIGITAL CABLE
      ↓  
 GOLDMUND TELOS 2500 (1,200万円)
http://www.dynamicaudio.jp/file/051025/02.jpg
     ↓  
 MOSQUITO NEO  (405万円)

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

シンプルであり、超強力なこのシステムによって描き出されるトランスポートの
真実とは何か!? オーディオ雑誌では決してやらない、あるいはマラソン試聴会で
も実演できない微妙であり決定的な実験を行います。これを聞き逃すと損ですよ!!



the subject .4「前代未聞!!合計7本のACケーブルを交換しての比較試聴とは!?」

   -*-*-*-*- フル“PEIP”デバイス検証リファレンスシステム -*-*-*-*-

 ESOTERIC G-0s ■8N-PC8100 vs“Pケーブル”+“PD”■    
      ↓
 ESOTERIC 7N-DA6100 BNC(Wordsync)×3本
      ↓
 ESOTERIC P-01 ■8N-PC8100 vs“Pケーブル”+“PD”■
      ↓
 ESOTERIC 7N-DA6300 XLR ×2本
      ↓
 ESOTERIC D-01 ■8N-PC8100 vs“Pケーブル”+“PD”■
      ↓  
 TRANSPARENT  OPUS MM Balanced INTERCONNECT CABLE 2.0m *税別 240万円
      ↓   
 VitusAudio SL-100■ESOTERIC 8N-PC8100 vs“Pケーブル”+“PD”■
      ↓  
 ESOTERIC 7N-A2500 XLR 7.0m  (税別価格\2,280,000.)
      ↓  
 VitusAudio SM-100■AC DOMINUS  vs“Pケーブル”+“PI”■
      ↓  
 TRANSPARENT  OPUS MM  Speaker Cable 3.0m *税別 423万円
      ↓
 MOSQUITO NEO

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

そうです!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/366.html
【H.A.L.'s “PEIP”インプレッション!! 】のシステムですが、私が体験した
ことをそっくりそのまま実演致します!! 別に手を抜いた企画ではありませんので、
どうぞ誤解無きようにお願いいたします(笑)

フロントエンドから始まってパワーアンプに至るまで合計7本の電源ケーブルを
すべて差し替えての実演というのは通常の営業の中では中々出来ないものです。

特に最後のAC DOMINUS  vs“Pケーブル”+“PI”は体験しないとわからないもので
しょう!! 皆様も実際に聴けばお分かりになります!!

私がなぜ“PEIP”を皆様にご提案し始めたのか!? ここが原点だったのです!!

今週の“エフコン”に参加を希望される皆様は事前に“PEIP Club”へのご入会を
お願いしたいものです!! <m(__)m>

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

これから年末までの金曜日は「マラソン試聴会」と「インターナショナルオーディ
オショー」を合体したような試聴会を私のセンスで実施致します!! (^。^)

ぜひ皆様もハルズサークルご登録の上でご応募下さい。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る