発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
    
2016年12月26日 No.1357
 感動しました!!未知の領域です!!Kiso Acoustic HB-G1最高音質!!

昨日はHIRO Acoustic MODEL-CCCSとESOTERIC Grandiosoシリーズに対して、
Transparent OPUS Power Isolatorがもたらした素晴らしさをお知らせしましたが、
今日は下記のシステム構成で感動してしまいました!!

ポイントはマスタークロックだけでなくプレーヤーとアンプすべてにOPIを使用した事。
更に、ES-LINK Analog用ケーブルを強化したことです。

◇ H.A.L.'s Sound Recipe / Kico Acoustic HB-G1-inspection system  Vol.6 ◇

………………………………………………………………………………
ESOTERIC Grandioso G1(税別¥1,600,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/g1/index.html
     and
TRANSPARENT OPC2+OPI (税別¥2,700,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/20161209-OPI.pdf
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC Grandioso K1(税別¥2,000,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/k1/index.html
          and
TRANSPARENT OPC2+OPI (税別¥2,700,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/20161209-OPI.pdf
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/
     and
shizuka NCB4246(税別¥120,000.)
http://www.shizuka-acc.com/ncbseries
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

ESOTERIC 7N-DA6300II MEXCEL / XLR 1.0m (税別¥580,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/7nda6300_6100_2/index.html
ES-LINK Analogにて伝送
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/f1/index.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
ESOTERIC Grandioso F1(税別¥2,000,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/f1/index.html
     and
TRANSPARENT OPC2+OPI (税別¥2,700,000.)
http://www.dynamicaudio.jp/file/20161209-OPI.pdf
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1332.html
http://www.axiss.co.jp/brand/transparent/power-code/power-cord-2/
     and
shizuka NCB4246(税別¥120,000.)
http://www.shizuka-acc.com/ncbseries
     and
finite element MR02-2+CERABASE 4P (税別¥970,000.)
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/finite-elemente/
………………………………………………………………………………
                ▽ ▽ ▽

Vitus Audio-Andromeda Speaker cable 3.0m(税別¥2,120,000.)
http://www.cs-field.co.jp/brand/vitus/products/andromeda.html

                ▽ ▽ ▽
………………………………………………………………………………
Kiso Acoustic HB-G1(税別¥4,500,000.)
http://www.kisoacoustic.co.jp/
     and
H.A.L.'s  Z-Board×2(1枚/税別・配送費込み¥60,000.)スピーカー本体用
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html
     and
H.A.L.'s  P-Board×2(1枚/税別・配送費込み¥65,000.)クロスオーバーネット用
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html
………………………………………………………………………………

大貫妙子「pure acoustic」【最新リマスター/SHM-CD仕様】より「雨の夜明け」
http://www.universal-music.co.jp/onuki-taeko/products/upcy-7097/

冒頭の清水靖晃のクラリネットがセンターに浮かび上がった瞬間に驚きです!!
リードのバイブレーションが空気中に漂うような実態感、その割に鋭さが緩和され
しっとりとした質感が以前と異なる存在感に私はただ事ではないと直感しました。

溝口肇のチェロ、ヴァイオリンは中西俊博と藤原真、ヴィオラは久保田明宏で
コントラバスは野中英士という弦楽の美しい響きに、実は今までカーテン一枚が
スピーカーの前にあったのではないかと思わせる程の解像度の変化が凄い!!

このアルコで奏でられる合奏では各々の弦楽ひとつずつが、独立した響きをまとい
ぷっくりと空間に浮かぶような立体感ある描写力の違いにしびれてしまいました!

驚くのはまだ早かったのか、これら伴奏の弦楽器がつぶやくようなピッチカートに
奏法を変えると、その中央に大貫妙子のヴォーカルが登場しますが、フォーカスが
以前よりも絞り込まれて極めて鮮明な音像の輪郭が素晴らしいのです!!

更に、大貫妙子の歌声にかかるリブァーヴが拡散する空間サイズが拡大していて、
HB-G1が創生した人に優しい響きの要素と相まって美しく展開し消滅していく過程を
克明に描き出してくるのですから、溜息と感動が交互に私の頭と胸を揺さぶるようです。

そして、見事だったのは曲の半ばでは右側で溝口肇のチェロがヴォーカルに寄り
添うようにアルコで単独の伴奏を始めますが、そのチェロの流れるような音色
そのものに今までにない色彩感を含んでなんとも素晴らしいこと!!

また、センターの奥からコントラバスのゆったりした低音の響きがヴォーカルの
背後で始まると、重量感というか密度感も違っているのです。これはいいです!

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Rhapsody on a Theme of Paganini Op.43
反田恭平(ピアノ)、アンドレア・バッティストーニ(指揮)
RAI国立交響楽団 / 東京フィルハーモニー交響楽団
http://soritakyohei.com/album/rachmaninov/

東京フィルハーモニー交響楽団の弦楽五部がこれほどまで滑らかで素直な質感で、
冒頭から以前の記憶にないオーケストラの描写力にぐっと引き付けられてしまいました。

反田恭平のピアノにはハイライトが当てられたように、打音の瞬間から明るさと
エネルギー感が変化していることが印象的です。電源アイソレーターの追加によって
ピアノの質感と響きの情報量が増加するなど信じられない人も多いと思いますが、
HB-G1とESOTERICはきちんと反応しているのが誇らしく思いました。

スネアーの軽快な楽音は以前よりも鮮明であり、細かい打音の連続から発生した
余韻がステージを漂って消えていく時間がこんなにも長かったのかと驚き、そして
グランカッサの重量感と迫力が切れ味良く響き渡る快感に心躍る思いで聴き惚れる!

私が好きな展開は13.Variation VIII. Tempo Iにおける反田恭平の鮮烈な演奏と、
それに素晴らしい同期を見せるオーケストラの各パートにもハイライトが当たり、
今まで見えなかったラッピングを取り払ったような鮮やかさが鳥肌ものの感動を呼ぶ!

私は昔からコンポーネントの潜在能力を引き出すのが優秀なケーブルだと述べて
きましたが、今回は電源アイソレーターと電源ケーブルの相乗効果が未知の領域で
響くKiso Acoustic HB-G1の可能性を再び感じさせてくれました!!

さあ、益々磨きをかけたKiso Acoustic HB-G1を是非聴きにいらして下さい!!
皆様のためにS席を用意してお待ちしております!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/appoint.html

川又利明
担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!


戻る