発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1216 2015年5月2日
 「あ〜、美しい。と思わせるハイエンドラックを本日展示導入!!」

2011年12月23日
No.885「次世代H.A.L.リファレンス・オーディオラックはこれに決定しました!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/885.html

H.A.L.のリファレンス・オーディオラックを上記のように刷新して早四年。
当フロアーの音質向上は数々の試聴で証明されてきましたが、下記の現地
メーカーのサイトを見ると、実はPagode Master Referenceの更に上位機種が
あることに気が付かれたでしょうか。

http://s529860707.website-start.de/englisch-1/hifi-racks/pagode-aps/

The Pagode APSの美しさと完成度に大変感心を持ち、これは日本のユーザー
にも紹介しなくては、と本日思い切って展示導入したのがこれです!!

The Pagode APS モデル名 APS02-2 CERABASE Classic 4p付属 税別定価¥1,080,000.

誇らしげなゴールドエンブレムが同社の他の製品と明らかな差別化を見せます。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-aps.01.jpg

各々のシェルフ(棚板)のラウンドデザインを改めスクエアなカットが美しい!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-aps.02.jpg

写真では中々質感がお伝えできませんが上品で落ち着いた色彩感は見事です!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-aps.03.jpg

特にピラーの仕上げにウッドを追加して金属質なイメージを上手にカバー!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-aps.04.jpg

職人の手作業で仕上げられた肌触りが高級感をもたらします!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-aps.05.jpg

従来からのPagode Master Referenceの展示を全数入れ替えるのは困難ですが、
先ずは実物一台をご覧下さい。全国唯一の展示スタートで皆様にご紹介します。

■新製品と新旧モデル名に解説はこちらからご覧下さい。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-finite-elemente201505.pdf

■新製品The Pagode APSと技術解説はこちらからご覧下さい。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150501-finite-elementModel.pdf


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!


戻る