発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1212 2015年4月27日
 「突然の来訪でした。この方どなたか分かりますか!?」

一体誰が来たのか? 先ずは私との記念写真を下記にてご覧下さい!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150426-Mr.Heeb01.jpg

ヒントとしては手前に大きく写し込んだ製品にご注目頂ければと思います!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150426-Mr.Heeb02.jpg

そうです!!下記のページの左側の人物、CH PrecisionのThierry Heebさんです!!
http://www.zephyrn.com/chprecision/index.html

アポなしの突然の来訪でしたが、どうやらwebで当フロアーの様子を見たので
はと思います。ですから私としては当然↓このシステムを聴かせないわけには
いきませんので、私の選曲で三曲程聴いて頂きました。

「聞きしに勝る音CH Precision M1が鳴らすHIRO Acousticの快感!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1208.html

一曲終わるごとに大きな笑みを浮かべてwonderfulとbeautifulとexcellentを
連発してのコメントを頂きました。とてもフレンドリーで親しみやすい方ですね〜。

それに想像以上にお若い(笑)いや、反面では私が老けてしまったということか。
私は図々しくも英語はしゃべれないので、あなたのサインと日本のユーザーに
向けてHIRO Acousticで試聴した印象を簡単に書いて欲しいとお願いしたのが
↓これです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150426-Mr.Heeb.pdf

おやおや、器用に日本語も書けるのですね〜。挨拶も日本語でしてくれて大変
好感の持てる人物でした。私は益々CH Precisionが好きになってしまいました。

お帰りになってしばらくしたら、早速こんなメールが届きました。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Dear Mr. Kawamata,

Thank you very much for your kind reception at Dynamic Audio today.
Once again, thank you for the excellent demo.

Best regards,
Thierry Heeb

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

HeebさんはHIRO Acousticに大変強い関心を示しカタログが欲しいというので、
手持ちは一枚しかない資料を差し上げました。きっと、Heebさんはこれから
行く先々で東京で我が社のアンプで鳴らしたスピーカーは素晴らしかった!!
それはHIRO Acousticというんだ!!と語ってくれることでしょう。

ここH.A.L.で実演する事、実物が試聴できること、これらが実は世界に向けて
情報発信されているということなのですね〜。

そうそう、正式定価は決定していませんが、私はHeebさんにMODEL-CCS Improvedの
お値段はこのくらい(1400万円以上)になる予定と紙に書きました。すると、
CH Precision M1と同じくらいだね〜と言ったのが私にも分かりました。

私は大きくうなずいて、そうそう…、とジェスチャーと笑顔でコミニュケーション
したものでした。いやいや、CH Precision M1を作った男に認めてもらって私も嬉しい!!
さあ、これからも多数の出会いに期待しましょう!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!


戻る