発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1208 2015年4月16日
 「聞きしに勝る音CH Precision M1が鳴らすHIRO Acousticの快感!!」

「HIRO AcousticとCH Precisionを聴くための東京への旅が始まった!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1207.html

上記のニュースでも紹介したシステム構成で、最近はソースコンポーネントは
下記を使う事が多くなってきました。

Abendrot Audio STUTE(税別¥3,500,000.)
http://jp.abendrot.co.uk/
          and
Aurender W20 (税別¥1,900,000.)
http://www.aurender.jp/products/w20/
          with
dCS Vivaldi Upsampler(税別¥2,450,000.)
http://www.taiyo-international.com/products/dcs/vivaldi-upsampler/

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

上記でご紹介したCH Precision M1が予定を早めて本日ここに到着しました!!
詳細は後日述べるとして電源投入直後で鳴らした音に私は驚き感動してしまいました!!

これは本腰を入れて試聴していかなくてはなりませんが、素晴らしい第一印象
を速報としてお伝えしたくなってしまいました!!

セッティングに関してはCH PrecisionのオプションボードSBOARDを用意しました。
http://www.zephyrn.com/chprecision/lineup.html#

そのSBOARDを床において見たら、MODEL-CCS Improvedと並べてジャストサイズ。
こんなにコンパクトなんですね〜、と思わず喜んでしまいました。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150415-chm1.01.jpg

だって、このサイズ44cm×44cmの床面積でセッティング出来てしまいますから。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150415-chm1.02.jpg

さあ、置いてみるとこのようになります。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150415-chm1.04.jpg

本当に運命的な出会いと思えてしまうマッチングではありませんか。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150415-chm1.03.jpg

輸入元担当者がいるうちに何通りかの比較試聴をしてCH Precision M1の動作
モードを選択したのですが、私の選択は2×200W/8Ω(Bi-amp mode)です。

この選択に関しての音質的な特徴は後日述べますが、電源投入直後だという
のに、私の課題曲の三曲を鳴らしたところ全てが別次元の音なのです!!

MODEL-CCS Improvedのインピーダンスは4Ωなので、2×400W/4Ω(Bi-amp mode)と
いう事になりますが、私の求める音量では最初からこんなパワーとなりました。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150415-chm1.05.jpg

■UNCOMPRESSED WORLD VOL.4 - on the piano
http://accusticarts.de/audiophile/index_en.html
18.Kirk Montreux / ETERNAL DESERT(LA CALIMA EDIT)

CH Precision L1のボリュームを-0dBにして、この課題曲をかけるとこんなことに!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150415-chm1.06.jpg

このパワーが何のストレスもなく美しく、そして力強くHIRO Acousticから
放たれていく快感に私は痺れてしまいました!!

CH Precisionとはこんな素晴らしいパフォーマンスだったのか!!
そして、HIRO Acousticとはこんな潜在能力を秘めていたのか!!

私は今週末から集中して試聴に取り組む事にします!!しかし、誰よりもこの音
を聴かなければいけない人物がいます。そうです…、廣中さん、あなたです!!

1,300万円のパワーアンプが新たな世界を切り拓いてくれたわけですが、
肝心なMODEL-CCS Improvedのお値段はそれ以上になってしまうのでしょうか?

誠にバランスの良いペアリングではありますが^^;そろそろ価格設定を決める
時期になって来たようですね。それにはあの試作品で比較試聴しなければなり
ませんが、その音決めをこのシステムでやる事に大きな価値があると思います。

全国の皆様が東京にHIRO Acousticを聴きに来られるのですから、そろそろ
静岡から出てきませんか…。5月10日までに試聴してみましょう!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!


戻る