発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1098 2014年3月12日
 「新企画⇒H.A.L.'s Recommendation-究極のアナログディスク限定販売!!」


□季刊ステレオサウンド No.190 2014年 SPRING(特別定価:2,415円)
 3月1日(土)紙版・デジタル版同日発売予定
 ※特別付録(SACD)付き。デジタル版に付録は付きません。
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=1915

3月1日に発売された上記の季刊ステレオサウンドの最終ページに、ほんの
小さな下記の囲み記事で次の企画が発表されています。

─────────────────────────────────
石川さゆり アナログ・ラッカー盤 特別予約注文受付開始

生涯に一度、石川さゆりの名曲をラッカー盤で聴くことが叶えられないかとの
熱いご要望を愛好家諸兄よりいただいた。弊社は、石川さゆりさんとテイチク
レコードの理解と許諾を特別に得て、世に一本しかないトラックダウン・マスター
テープからダイレクトカッティングする夢のラッカー盤を特別頒布いたします。

受付期間:2014年4月30日まで。

最少実行枚数:30枚以上。上記期間内に、ご予約総数がこれに達しない場合は
見送りとさせていただきます。ご了承ください。

カッティング曲:天城越え/朝花ギターバージョン/津軽海峡冬景色/風の盆恋歌
(録音クレジットは全曲フラットトランスファーシリーズSSCDR002、SSCDR003と同じ)
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1019.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/990.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1015.html

カッティング面:片面4曲

回転数:33 1/3

直径: 12inch

価格:180,000円(税別・送料サービス)★新消費税率での販売となります。

制作/監修:石川さゆりレコーディング・チーフエンジニア
(株)ミキサーズラボ会長・内沼映二氏
http://www.mixerslab.com/engineers/uchinuma/

カッティングエンジニア:アナログカッティングの匠・ビクタークリエイティブメディア(株)
マスタリングセンター小鐵徹氏
http://vcm.victor.jp/media/mastering/kotetsu.html

ご注文枚数が実行枚数に達しましたら、当社販売部よりお振込方法等のご案内
をさせていただきます。
─────────────────────────────────

さてさて…、こんな小さな記事を見逃すといけませんし、私が声を大にして
ご紹介したい粋で酔狂な企画なのですが、オーディオ愛好家にとっては生涯に
一度だけの音を聴けるという大変素晴らしい試みなのです!!

          そもそも…Lacquer diskとは何…!?

■ラッカー盤は硝酸セルローズ、ベンソール、ブチルアルコール、ヒマシ油、
 などの混合容液をアルミ芯盤上に塗布して乾燥させたものです。

■ラッカー盤とはLPレコードの原型であり、カッティングした最も新鮮な音溝
 が刻まれた原盤なのです。
 http://www.toyokasei.co.jp/jigyou/workflow/workflow.html

■塩化ビニール製のLPレコードには弾性限界というものがあり、音溝をスタイラス
 チップの針先が通過する際に微小な変形を伴いますが、針が通過すると元通り
 に復元される特性があります。しかし、ラッカー盤はカッティング針の挙動
 を正確に刻むために弾性はなく、そのために耐久性はあまりありません。

■ラッカー盤はカッティング直後にメッキ処理を行ってマスター盤、マザー盤、
 スタンパー盤へとプレス工程に進行するための原型であり、カッティングした
 音溝の原型維持は半永久的ではありません。音質的な賞味期限があります。

■ラッカー盤に針を落として最初の再生音が最高の状態で、再生を繰り返す
 度に音質の鮮度は失われていきます。また、数年間という保存は出来ません。
 最高の音質はカッティングしてから早い時期に再生することで得られます。
 出来れば数ヶ月以内にお楽しみ下さい。早ければ早い程に新鮮な音質です。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■本企画ではStereo Sound Flat Transfer Seriesで使用されたマスターテープ
 をSTUDER A80にて一回ずつ再生し、その出力信号をノイマンのカッティング
 マシンに直結して一枚ずつ制作していきます。大変な手間暇とカッティング
 エンジニアの職人技で実現した企画です。

■以上のこだわりから最低生産枚数を30枚として実現する企画です。
 4月末までに30名様からのご注文がない場合には本企画は白紙化されます。

さあ、いかがでしょうか!? 

ラッカー盤という宿命から商品としての音質は最初の一回きりの再生音が究極
ということになりますが、この貴重なディスクをオーディオルームに飾っておき、
「あの時聴いた音は素晴らしかったな〜」という記憶を胸に抱いて音楽を聴き
続けて行くという生涯に価値はないでしょうか?

完全なる複製が何回でも出来てしまうデジタル時代において、そんなロマンを
感じさせる企画に私は惹かれてしまいました!!

決してビジネスベースで展開できないからこそ、ステレオサウンド紙面での
扱いも小さなものになってしまったのでしょう。でも、見逃すわけにいきません。

私は最初に「粋で酔狂な企画」と述べましたが、繰り返し同じ音質を保証する
デジタル音源とは究極の対比となる本企画に対して全国の音楽愛好家の皆様の
中にもロマンチストは多数いらっしゃるだろうと思い皆様にお知らせ致しました。

18万円ですから決してお安くはありません。しかし、私がH.A.L.のシステムで
ここまで感動し、今までも、そして今後も聴き続けて行くであろう石川さゆり
の名曲を生涯にたった一度の究極のアナログサウンドとして体験し、皆様の
貴重な思い出として頂くことに商品価値があると思うのです!!

“粋で酔狂”な音の遊び人の皆様、こんな企画で貴重な一枚を手に入れませんか!?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

        << 石川さゆりラッカー盤ご注文方法 >>

            キーワードはズバリ!!
 
           「石川さゆり/Lacquer disk-webより」

このキーワードを件名に貼り付け、皆様のお名前、ご住所、電話番号を記入して
下記にメールをお送り下さい。★複数枚数を希望される方は追記して下さい。

         mailto:kawamata@dynamicaudio.co.jp

★本紙での発表で読者からの受注数も確認致しますので、その受注数とwebからの
 皆様の発注数が30名以上になりましたら本企画が実現します。今後の展開にご注目下さい!!

★本企画の実現がかないましたら具体的なご契約ということで再度ご案内致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さあ、全国の“音の遊び人”の皆様からの反響をお待ちしております!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る