発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
2012年10月25日
 No.967 あのMark Levinsonが録音した曲をご本人の解説付きで聴いた!!
 
【新企画⇒H.A.L.'s“Sunday Concert”Vol.25】Legendary person comes!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/963.html

私は…かのMark Levinsonにお会いするのは初めて。色々な伝説を耳にする事は
多々ありましたが、いったいどんな人物なのか!? 先入観はいかん、と思いつつ
初対面でどのような挨拶をすべきかは考えていました。
MLASを設立したのがちょうど40年前の事。当時彼は22歳か23歳だったわけだ。

「40年前の私にとって貴方は神様だった…」

株式会社アーク 代表取締役社長 野田頴克 氏にお願いして通訳して頂いた
最初の一言はこれでした。

そんな気持ちを抱いていたのは私だけではなかったのでしょう。はるばる神戸
から名古屋から、愛知県、栃木県、茨城県からと全国から多数の皆様が彼に
会いに来たのですから!!

2012年10月20日のこと。翌日のイベント本番を前にして打ち合わせのため一足
先にMark Levinsonがやってきました。下記はセットアップされたシステムです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/SundayConcert_DanielHertz.jpg

実は、お客様の目の前では話せないような事、つまりは彼の本音を聞き、また
私の要望も伝え色々なディスカッションを二時間以上もしていたのです。

そして、私がセッティングしたDaniel Hertzシステムの音を聴いてもらい、
問題はないかどうか、そしてMark Levinsonが持参した音源も聴かせてもらい、
私が今までに聴いたDaniel Hertzとは違っていることに気が付きました。

速報!! Daniel Hertzを集中展示・試聴の日程が最終決定しました!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/927.html

上記のスケジュールで上陸したばかりのDaniel Hertzシステムを聴いていましたが、
どうも三か月前とは違うのです。熟成していました…、これは素晴らしい!!

そんな感想を述べると喜んだMark Levinsonと記念撮影をということに。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030657.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030659.jpg

そうしたら、Mark Levinsonからこんなポーズを取ってくれと言われ…(^^ゞ
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030663.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030666.jpg

ちょっとしたアクシデントもありましたが、私の先入観はご本人と会って、
きれいさっぱりなくなってしまいました。いやいや、フレンドリーなお方だ!!

翌日の21日、開店前の午前10時半の事です。何と、そんな早くからMark Levinsonが
やってきました。そして、最初に同行の野田氏に通訳してくれと言い…

「ミスターカワマタ、昨日の私はジェットラグで疲れていたのもあり、あなたの
 貴重なアドバイスに対して真摯な回答をしていなかったと感じている。
 大変申し訳ない、お詫びしたい…」

と言うのです。そんなこと、どうぞ気にしないで下さいとすぐに答えました。
野田社長も彼の唐突な一言で思わず微笑んでいらっしゃいましたっけ。

そんな早くから来られたのはパワーアンプの内部でコネクターの接触不良らしい
症状があったのでチェックしたいという彼の意見からだったのです。
Mark Levinsonのコメントは的中しました。内部基板のコネクターを刺し直し
たら完璧に症状は消えてしまいました。当たり前ですが、さすがでした…。

一旦、当フロアーで出て他の用件を済ませてイベント前に戻って来られると
いう予定で、私は早めに会場の準備を整えました。ご覧下さい。椅子の数!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030669.jpg

今までのイベントでこれほどの椅子を用意した事はありません。改めて抽選に
漏れてしまった皆様にお詫び申し上げます。そして…

2012年10月21日の午後4時…、超満員の皆様から盛大な拍手が沸き起こり、
ちょっと照れながらMark Levinsonが入場してきたのです。

いやいや、さすがに場馴れしているというか、貫禄と言いましょうか、
お客様の前に進み出ると自然に、そう…自然に語り始めました。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030670.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030671.jpg

通訳の野田社長も慣れたもので流暢に専門用語の混じるMark Levinsonの話し
を通訳していきますが、実は英語を理解される方も多くてジョークへの反応は
素早く笑い声が絶えないという進行が続きます。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030682.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030687.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030676.jpg

今回はMark Levinsonが自分のノートパソコンに音源データを入れたものを
持参して、M6 PreamplifierのUSB入力に接続しての演奏を開始するという。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030690.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/Mr.MarkLevinson_2012.10.21.04.jpg

いやいや、大太鼓の音には度肝を抜かれました!! そして、曲の途中では少し
でも客席の側でボリューム感をチェックしようと注意を怠りません。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030688.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030692.jpg

曲の合間には彼が自分のポリシーをとつとつと語ります。金もうけ主義の
メーカーではなく、本当の音楽愛好家のために何をすれば良いのか、熱く語る
Mark Levinsonのトークが長くなってしまうと野田社長は思わず「長い…」と
難しい顔をすると彼はソーリーと言って失笑していました。フレンドリーです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030693.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030694.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030696.jpg

自分で録音した曲のエピソードなど次から次へと話題が続きます。いや〜
本当に雄弁であり、またDaniel Hertzシステムの音質そのものが彼の言葉を
裏付けるように物凄いのだから驚いてしまいます。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030712.jpg

熱く語るMark Levinsonと燃えるような音のDaniel Hertzシステムの音が我々を
圧倒する時間が過ぎていく中、彼のトークに私の名前が出始めました。そして
ここに出てこいと言うのでお客様の前に近づいていったわけです。そうしたら…
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030717.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030719.jpg

そうしたら私の名前の後にfamous…という一言が述べられているのでした。
いやいや、恐縮してしまいます。恐れ多いです。(^^ゞ

でも、野田社長に聞いたところでは来日前にネットで調べたり知人に訊ねたのか、
事前に私の事を研究されていたみたいです。驚いてしまいました。^_^

私の記憶も定かではないのですが、歴史的なコンサートホールが消失してしまい
それを復興させるためのチャリティー活動も行っていると語っていました。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030726.jpg

とにかく、人を惹きつける魅力とカリスマ性があるのは事実。皆様の表情から
もお分かり頂けると思います。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030729.jpg

ご来場の皆様にもご協力をお願いして記念撮影をしました。皆様のお顔が見え
隠れしている場合もありますので、撮影したカットを全て掲載しました。

そして、ご来場の皆様にはサイズ修正していないファイルもお送り致しました。
こんな壮観な集合写真は滅多に撮れません。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/2012.10.21.01.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/2012.10.21.02.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/2012.10.21.03.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/2012.10.21.04.jpg

そうそう、私が撮影していたらMark Levinsonが一緒に撮ろうというので
私も参加しての写真が下記になります。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/2012.10.21.05.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/2012.10.21.06.jpg

いやいや、実に有意義な二時間でした。いや、正確には二時間では終わらず
来場者の皆様一人ずつと記念写真を撮ったり、サインをしたり名刺をプレゼント
したりとサービスタイムが続き中々終わりませんでした。

お客様にも大変楽しんで頂き喜んで頂きましたが、実はMark Levinsonご本人も
大そう機嫌が良くなり、最後にまた私と記念撮影しようという事になりました。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030741.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030743.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030744.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030746.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20121021/P1030748.jpg

そして、これらの写真も自分のwebサイトやfacebookに使いたいというので
彼にもお送りしておきました。近い将来に皆様との出会いが彼のサイトに
アップされるかもしれませんね!!

今回ご来場の皆様、本当にありがとうございました。皆様のご感想など頂け
ましたら嬉しく思いますので何卒よろしくお願い致します。<m(__)m>

と、思っていたら早速メールを頂いてしまいました!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/hf_hear.html
ありがとうございました。

本企画で演奏したDaniel Hertzフルシステムもマラソン試聴会で演奏致します。
Mark Levinsonから音楽ファイルの物凄い曲を頂きましたので、ぜひ皆様にも
聞いて頂ければと楽しみにしております!!10月27日に演奏致しますのでご期待下さい。


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る