発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


2011年6月28日
No.829 「MORDANT-SHORT Performance6セッティングのポイント!!」
 
本日は実に多数のご来店と試聴ありがとうございました。今日こそはと思って
いたオーケストラなどの試聴インプレッションは残念ながら今日も書けません
でした。お詫び致します。でも、手応えは素晴らしいので今夜もエージングを
行って明日こそお届けしたいと思います。その代わり…(^^ゞ
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/110626/msr6.02.jpg
 
この試聴室にしっくり納まったPerformance6とESOTERIC G-0RbとP-01そして
DEVIALET D-Premier Dual Monoのセットアップ風景です。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/110626/msr6.03.jpg
 
正面からはこのようになり、Performance6のプロポーションが分かります。
そして、これ↓がポイントになります。
 
http://www.dynamicaudio.jp/file/110626/msr6.01.jpg
 
どうですか、Performance6の入力ターミナルはこのようにトゥイーター後方の
ATT (Aspirated Tweeter Technology)機構の砲弾型突起と同じデザインで無垢
の金属から削り出した独自のコネクターを装備しているのです。凝ってます!!
 
これらはトライワイヤー接続で出来るようになっており、写真では手前の床面
に置いてある付属バャンパーを使用すればシングルワイヤーでも使えます。
 
しかし、私は最初にトゥイーターの入力ターミナルにスピーカーケーブルを
接続してシングルワイヤーで聴きましたが、これはお勧めできません。
 
付属ジャンパーは低域に信号を伝える分には良いですが、中高域のドライバー
では出来れば使用したくないものです。
 
トゥイーターとミッドレンジは共同作業で楽音を再生しますので、ミッドレンジ
にも適切なスピーカーケーブルを使用したいものなのです。
そこで私が使用しているのがこれ。
 
KIMBER KABLE バイワイヤリングスピーカー端子用ショートワイヤー KS-9038
税込み定価 1セット 210,000円 →  http://goo.gl/kWIIJ
 
一台\325,000.のスピーカーに使うには贅沢か?いや〜、潜在能力を引き出して
くれるのですから、ぜひ奮発して頂きたいものです!!
 
あるいは、バイワイヤー・スピーカーケーブルを使用されるのであれば必要は
ありませんので、誤解なきように。
そして、バイアンプで駆動するという事であれば当然その場合にも不要です。
 
ポイントは付属ジャンパーを出来るだけ使用しないということでご理解下さい。
 
           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
しかし、一台\325,000.という価格のスピーカーがこれほど私を感動させて
くれるとは私自身が想像もしていなかったのである!!
 
MORDAUNT-SHORT モダン ショート ≫ Performance6 
http://naspecaudio.com/mordaunt-short/performance6/
 
前号では突然発したMORDANT-SHORTの奇跡を粋な録音のヴォーカル曲を主体に
私の思うままに述べてみた。実は後日述べることになるが、最初に因幡 晃の
CDを選んだ事にはちょっとした訳があった。それは後ほどの試聴による確認
を予定するとしてPerformance6 に対する私の興味は尽きない。



担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る