発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明




2007年5月31日
No.499 「皆さん、ご存知ですよね!? MoMAって何か??」
最初にMoMAというのはこれです↓ご存知の方は今更…という方も多いと思いますが。

http://www.moma.org/

そうです!! Museum of Modern Art ニューヨーク近代美術館のことですね。

ちなみにこれも参考まで↓ 1989年のところを見て下さい。

http://www.goldmund.com/company/history/

Claudio Rotta-Loria is invited to present the Apologue in the design
collection at the Museum of Modern Art in New York.

とありますね。また、私の記憶ではJEFFROWLANDの傑作、Coherence2もMoMAに展示
されたということを耳にしたことがあります。では、一体全体なぜMoMAが…

この試聴室のテーブルには雑記帳が置いてあり、1998年の秋からずっと続けて来店
された記念にとお客様が感想など色々なことを書き綴ったノートがあります。
皆様がご存知の有名人のサインもいくつもあります(^^ゞ

中には数年前にご自身が書き込みしたものをページをめくって探し出し、懐かしむ
方もいらっしゃれば、ご家族連れで再度来店されたときに自分の足跡をお子さんに
見せていらっしゃる方もあり、皆様の記帳が記念として残されています。

そこにこんな一文を発見しました↓

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Brilliant! There is no one that can compare to the quality and knowledge
you bring in NYC.

I only wish there was a lab such as this in New York City. Well done.

Museum Of Modern Art
Director, Digital Media

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

意訳ですが訳してもらいました。すると次のように意味だとか。(^^ゞ

素晴らしい! ニューヨーク市にはあなたが実現しているこの音質と知識に比較
出来る所はありません。

私はこのような場所がニューヨーク市にもあることをただ願うばかりです。
良くやりましたね。

ニューヨーク近代美術館
デジタルメディア ディレクター

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

おおー!!
ありがたくもうれしいコメントを頂戴したものですが、この方のサインはどうして
も読めないもので^_^; オリジナルをコピーしたものがこれです↓

http://www.dynamicaudio.jp/file/070527/MoMA.jpg

ということで、私は直接ご本人と話した記憶はないのですが、知らないうちに色々
な方々にご来店頂いているという驚きと、ここでの取り組みと演奏の音質を評価
して下さったということを大変うれしく思います。

ということで、話題提供の一つとしてお知らせ致しました<m(__)m>


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る