発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.306 「250本限定生産!!
     ESOTERIC 『Stressfree 8N Cu』パワーケーブルの衝撃!!」
             --- 序章 ---

今年3月に配信したNo.0881で述べている新しい【電気用品安全法】によって、
以前から販売していた各社電源ケーブルがほとんど販売中止になってから早く
も四ヶ月が経とうとしている。

http://www.jet.or.jp/consumer/pse/index.html

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/index.html

簡単に申し上げれば、上記で述べられている“PSEマーク”が付けられていな
い電源ケーブル、ACプラグ、インレットプラグ、コンセントタップなどのマニ
アから見れば大変重要なアクセサリーが販売できなくなったということだ。

そして、輸入されているオーディオ用電源ケーブルのほとんどがこの“PSEマーク”
の適用を受けておらず、輸入製品ではわずかにKIMBER KABLEがこれに適合させ
販売されているに過ぎない。http://www.denon.co.jp/products/import.html

また、国内のメーカーも順次対応を進めているのだが、H.A.L.レベルでは
これは!! という電源ケーブルが最前線にずっとないままに現在に至っていた。

そして、私がプロデュースしている期待のMoebiusだが、製造元であるPADが
アメリカ国内にあるPSE審査機関に対して申請を行っているところであるが、
いまだPSEの取得には至らず今後の進展を見守っている状況なのである。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/moebius.html

このような市場背景の中で、遂に動いたのがESOTERICだった!!


             --- 共同開発 ---

(株)日鉱マテリアルズ(株)アクロジャパン(株)小柳出電気商会との共同開発
によるESOTERIC最高級ケーブルシリーズ第2弾

       ESOTERIC 『Stressfree 8N Cu』パワーケーブル

ESOTERICパワーケーブルは、世界で最初かつ現在でも唯一のStressfree 8Nクラス
高純度銅を開発・製品化した日鉱マテリアルズ(旧ジャパンエナジー)の導体素材
を採用。

このStressfree 8Nクラス高純度銅素材をさらに最高特性へと導くために、コスト
にとらわれない素材、膨大な経験と理論的根拠に基づく試作、徹底した試聴の繰り
返し、低域から超高域まで音調の揃ったパワーケーブルとしての完成度を追求。

『ESOTERIC MEXCEL』ケーブルでの共同開発の実績を誇り、オーディオケーブル
分野をリードする(株)アクロジャパンのケーブル技術、ハイエンドオーディオ
ケーブルから一般用ケーブルアクセサリーまでオーディオファイルに絶大な信頼
と実績を誇る(株)小柳出電気商会の協力を得、エソテリックがプロデュースした
世界最高純度の8N(99.999999%)クラス高純度銅のパワーケーブルが誕生した。

8Nクラスの高純度銅素材は生産性が極めて困難なため、日鉱マテリアルズでの
生産は今回のみで、最初で最後の生産となる。何と限定250本限りの商品化である。


               --- 特徴 ---

8N-PC8100(1.5m)税込み定価\315,000. (本体価格\300,000.)1本
ケーブル延長(特注)50cm増す毎の追加料金\73,500.(税別価格\70,000.)

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/op-pho/8npc8100b.html

電気用品安全法E 適合品

導体 Stressfree 8Nクラス Cu×3
芯線 0.37φ×50本
構造 3芯撚り構造
ケーブル外径 16mm±0.3mm
パワープラグ 特殊りん青銅ダブルバフ(鏡面)加工
(肉厚24K金直メッキ+パラジウムメッキ)
IECコネクター 特殊りん青銅(肉厚24K金直メッキ+パラジウムメッキ)
ケーブル全長 1.5m
*250本限定生産

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

8N-PC8000 STARQUAD (1.5m)税込み定価\210,000. (本体価格\200,000.)1本
ケーブル延長(特注)50cm増す毎の追加料金\42,000.(税別価格\40,000.)

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/op-pho/8npc8000b.html

電気用品安全法E 適合品

導体 Stressfree 8Nクラス Cu×4
芯線 0.26φ×19本×4
構造 スターカッド撚り構造
ケーブル外径 15mm±0.3mm
パワープラグ 特殊りん青銅ダブルバフ(鏡面)加工
(肉厚24K金直メッキ+パラジウムメッキ)
IECコネクター 特殊りん青銅(24K金直メッキ+パラジウムメッキ)
ケーブル全長 1.5m
*250本限定生産
             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2004年7月某日、この全く新しい電源ケーブルのシリアルナンバー「0001」が
ここに持ち込まれた。製品はシリアルナンバーが刻印されたプレートが取り付け
られた木箱に入っているが、そのフタを開けてケーブルの両端を撮影したものが
次の画像である。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/op-pho/8npc8000.html

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

次にESOTERICからの資料より素材と構造面での特徴を述べてみると…。

1.  8N(99.999999%以上)クラスの高純度銅を導体に採用

世界で最初かつ現在でも唯一の8Nクラス高純度銅を開発・製品化した日鉱マテリ
アルズの導体素材を採用。
8Nクラス高純度銅とは高度な品質保証を要求する半導体用途と同等の母材生産プロ
セスによって生産された、99.999999%クラスの純度を有し、金属不純物のトータル
含有量が0.01ppm程度以下である事を原則としています。

純度の分析作業自体も高度なノウハウが必要とされ、日鉱マテリアルズの高精度分
析技術により8Nクラスが保証されています。

また、日鉱マテリアルズの8Nクラス高純度銅は純度を高め、結晶粒を大きくし、
原子配列を極めて健全に仕上げ、原子配列のひずみ(ストレス)をほぼ完全に除去
したストレスフリー加工です。


2.  パワープラグおよびIECコネクター

ESOTERICパワーケーブルの最高特性を引き出すためにスペシャルオーダーで新設計
プラグの設計と素材などにも、ESOTERIC MEXCELケーブルのノウハウに加え、新た
にオヤイデ電気のプラグ/コネクター技術を投入。

ESOTERICパワーケーブルの最高特性を引き出すためにパワープラグとIECコネクター
を新規に開発。

接触部分には鉄製分を全く含まない特殊りん青銅を採用し肉厚24K直金メッキに
加え、さらにパラジウムメッキを施しています。パワープラグの接触部分には
鏡面並みの平滑性を出すために、バフ仕上げを2度行った後同じメッキ処理を
施しています。

音質に対する優位性はもちろんのこと接触抵抗の増大を防ぐと共に耐食性に富み、
耐摩耗性などの経年変化の防止にも大変優れています。
本体部分には特殊樹脂をNC旋盤で削り出し、振動を分散・吸収するスリット入りの
ボディと削り出しアルミリング、カーボンケブラーコンポジットスリーブなどにより
内部、外部振動などの不要振動を極力排除。

これらのコラボレートされたノウハウにより、Stressfree 8Nクラス高純度銅素材
の最高特性を引き出し、コンポーネントの高解像度、低域のトランジェント特性、
さらに音場空間情報などの持てる性能を極限まで高めます。


3.  ケーブルの内装、被覆外装にもこだわりとノイズ対策を徹底

導体の絶縁体は最新の高級素材ポリオレフィン樹脂で被覆、内部シースには外来
ノイズの混入防止および内部から発生するノイズを吸収するためポリオレフィン
樹脂にアモルファス粉体を練り込んだオーディオケーブルとしては世界初の新素
材を開発、静電誘導よるノイズや電磁波ノイズも強力に吸収します。

また銅テープと編組ポリウレタン皮膜銅線による2重のシールド層を設けるという
徹底したノイズ対策構造を経て、UVポリウレタンで外被覆を構成。


4.  なぜ限定生産なのか?

私が開発担当者にインタビューしたところ、現在のところ世界中の産業界において
金属不純物のトータル含有量が0.01ppm程度以下である8Nの銅に対する需要が
ないと言うことが根本的な理由であるという。

オーディオの世界でも歪み率やS/N、周波数特性を測定するための測定器の精度
が高くなると製品のスペックも良くなる。逆に製品の性能の方が上回ってしまい
測定不能であれば開発力が低下してしまうことになる。

こんな理屈からもお解りのように、金属の純度を測定するにも一桁違いの精度
を高めるためには気が遠くなるほどのコストが測定器の製作に求められるという。
現在では金属の純度を0.01ppm以下で測定できる装置は世界的に見ても唯一
(株)日鉱マテリアルズ社が製作し保有しているに過ぎないという。

一般的な住宅の屋内配線に使用される電線だが、工業用も含めてそれらは4Nが
当たり前に使用されているという。この4Nを6Nに格上げするだけで電線の製造
コストは何と200倍から300倍近くに跳ね上がるというのだ。

6N以上の高純度銅の量産メーカは世界的にみても三菱マテリアル(株)と
(株)日鉱マテリアルズに限定されるという。ESOTERICはこの三菱マテリ
アルと共同開発を行ってMEXCELシリーズを完成させたのだが、今回は8Nと
いう金属の専門家から見ても気が遠くなるようにアプローチということで
(株)日鉱マテリアルズに白羽の矢が立ったのである。

しかし、その(株)日鉱マテリアルズから見ても需要がないということと、
8Nを作り出すための設備投資が膨大になることがネックになり継続生産は
出来ないということなのだ。

今回は(株)日鉱マテリアルズでは開発が可能であり、その技術力が同社に
はあり、そして測定によって実証できるというR&Dの目的とESOTERICが高級
オーディオ用の電源ケーブルでの世界初の挑戦を行うという情熱とが結実
したのである。関係各社からも絶対に再生産は採算面で不可能と言われて
おり、今回の250本限定生産となったものである。
そして“PSEマーク”適合品なので、つまり正々堂々と販売できるものだ。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、肝心の音質なのだが…!? 持ち込まれたシリアルナンバー「0001」の
製品は湯気が出るほど(^^ゞ出来立てのものであり、本格的に検証するには
まったくバーンインされていないのでふさわしくないと判断されたものだ。

当日のうちに持ち帰る予定であったものを私が無理に引き留めて、最低で
も50時間はバーンインさせてから本格的に試聴出来るのが今日からという
ことで、これからじっくりと聴き込んでみる予定だ。しかし!! 第一印象
で良くなかったらば、私はこのようなお知らせはしないものです。

通電時間ゼロの状態で私に多くのインスピレーションを与えた8N-PC8100の
詳細レポートにぜひご期待下さい。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る