発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.252 「BRASS SHELLが果たした貢献は700シリーズで開花した!!」

さて、この題名だけではなんだか良くわからないと思いますが、オーディオ
に関連するエンターテイメントとして、ひと時を楽しんで頂くために、まず
はこちらをご覧下さいませ。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/b_shell/b2_shell.html

この文章の最後に次のようなくだりがありますが…。

「彼らはこの音質の変化が、単なる共振モードの違いや質量の差だけでは
 なく、物理的に計測できるのではないかとの検討を、導入したばかりの
 最先端の計測評価システムを用いて分析し始めた。

 まさにそのときにブラスシェルが届き、実は今回の試聴のテーマとは
 異なるものの新しい成果が得られつつあり、ブラスシェルはそれに
 間接的に関わったともいえます。」

さあ、本家本元のB&Wの技術陣にBRASS SHELLがどのような影響を与えたのか?
その結論はまず同社の新製品に採用された“バランスドライブ”という
新技術をご理解頂く事から話しが始まるものです。その新製品がB&Wの
700シリーズなのです。下記の一番上の700シリーズをご覧下さいませ。

http://www.marantz.co.jp/bw-speakers/press.html

*700シリーズは当店2Fにて展示導入

ここで“バランスドライブ”が解説されていますが、それにBRASS SHELLが
どのように貢献したのか!? 詳しいデータとともに紹介しているのがこちら。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pdf/030916/balance.doc
*サイズは2MB

日本中の皆様にBRASS SHELLをお奨めいたします。ハルズモニターも可能です
から気軽にお問い合わせ下さい。どうぞよろしくお願い致します。<m(__)m>
ハルズサークルのご入会はこちらから。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る