発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.205 「国内雑誌発表に先行すること三ヶ月!!満を持して登場する新ブランド!! 」

2002.6.24 今や押しも押されもしない日本を代表するディストリビューターで
ある株式会社ノアの代表取締役、野田頴克氏が来訪されミーティングを行った。
その席上で明らかにされたビッグニュースを全国のハルズサークル会員の皆様に
本日の速報としてお知らせいたします。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私の記憶でも10年以上前のことだろうか。やたらと高価なコンポーネントを
持ち込んで試聴評価をしたことがあったが、当時はパワーアンプ単体であり
他社製品との混在システムであったため、これは! という実感を持って評価
出来なかったのだが、確かな手応えとともに今でも思い出されるのが今回
ご紹介する「Burmester」である。http://www.burmester.de/

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

設立当時からのオーナーであり社長のDieter Burmester氏は、自身がギター
のプロ級の腕前を持つミュージシャンである。設立は1978年というから
もうすぐ25周年を迎える老舗ブランドとも言えるだろう。

当時、ベトナム戦争を終えたアメリカでは、マークレビンソン、ティール、
クレル、ウイルソンオーディオなどなど、堰を切ったようにハイエンド
ブランドが誕生していた。それらは皆様もご存知のように、これまでに
日本のディストリビューターの手によって既に紹介されているのだが、
なぜかこの「Burmester」は日本では積極的な、かつ正当にパフォー
マンスを日本のオーディオファイルに紹介するという活動がなされて
いなかったものだ。「なぜ!??」今それを考えても仕方がないのだが、
このDieter Burmester氏と個人的にも親交を深め、同社のフィロソ
フィーとエンジニアリング、そしてパフォーマンスを情熱をもって
日本に紹介しようという決意を固められたのが野田社長であった。

その日本における橋頭堡として野田社長が指名されたのが、ここH.A.L.
であり、国内におけるマスコミ発表に先行すること三ヶ月という明日
より、いよいよその雄姿が当フロアーに登場することとなった。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

  先ずは、フロントエンドの入り口であるトランスポートは…
                 << CD Transport 979 >>

http://www.burmester.de/english/productlines/cd-transport-979.html
どうですか!!この洗練されたデザイン。そしてアクチュエーターの駆動に
はベルトドライブ・メカを採用するなどの注目すべき独自性が期待度“大”
と言えます。予定価格は200万円 さあ、そのパフォーマンスはいかに!?

              注目すべきD/Aコンバーターは…
               << D/A Converter 970 SRC >>

http://www.burmester.de/english/productlines/da-converter-970.html
同社のトランスポートとクロックリンクを可能にしており、その優雅な
デザインのボディーからどんなサウンドが飛び出してくることやら。
そして、注目すべきは、この970 SRCは44Kz/16bitで入力したデジタル信号
を96Kz/24bitに内蔵するD/Dコンバーターでアップサンプリングしてアナロ
グ変換するという新機軸を設けているという。予定価格は440万円。
その他にも予価160万円で姉妹機の980 SRC も登場を予定している。
http://www.burmester.de/english/productlines/da-converter-980.html

               さて、このプリアンプが凄い!!
                 << Pre-Amp 808 MK5 >>

http://www.burmester.de/english/productlines/pre-amp-808-mk5.html
入出力共に必要とするモジュールを追加して、どのようなシステム構成
にも対応可能。ちなみにライン入力む3系統、ライン出力1系統のベーシック
なラインアンプとしては予価385万円というフラッグシップモデルである。

           パワーアンプは合理性とサイズも大切!!
                 << Power-Amp 911 MK3 >>

http://www.burmester.de/english/productlines/power-amp-911-mk3.html
これを二台使用してのモノブロック・パワーアンプとしてデビューします。
もちろん一台でステレオアンプとしても使用できますが、何と言っても
ここH.A.L.の並み居るライバルを意識すると二台は使いたい。予価270万円。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

このDyna 5555がオープンして8/1で一周年を迎える。世界中のハイエンド
ブランドが名実共に期待通り、そして価格通りのパフォーマンスを実演し、
海外メーカーの“演奏による自己主張”を正確にユーザーに伝えていくと
いう使命が、大きな設備投資を行った私たちの専門店としての遣り甲斐と
して、多くのディストリビューターに認められるということは実に喜ばしいこ
とである。
            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ハイエンドオーディオをその価値観通りに実演できる拠点としてH.A.L.が
果たす使命がまた一つ見つかりました。3年後、5年後の日本で「Burmester」
が日本のユーザーにとってどのような存在になっているか!?その発祥の地
としてH.A.L.がまたひとつ日本のオーディオの歴史を作ります。

どうぞ皆様、この夏はDieter Burmesterに会いにH.A.L.へお越し下さい。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る