発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.189「H.A.L.'s short Essay 小編『音の細道』特別寄稿 *第八弾* 」 の反響!!

「私は物好きな暇人か!? それともハイエンドオーディオの開拓者か!!」

この私のshort Essayにはハルズサークル会員のみのアンケート方式の
新企画が副産物として誕生しました。それに応募された会員の皆様の
声をご紹介いたします。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「今回のshort Essayは大変興味深く読ませて頂きました。同じN803
 ユーザーの方のレポートもありましたし商品化の際にはぜひ購入し
 たく思います。」


「川又さんにメールを出すのは、ハルズサークルには入る時以来です。
 お店の方には何回か遊びに行っているのですが…。
 またまた、面白い企画をたてましたね。
 楽しみにしているので、がんばって商品化してくださいねー。」


「何時も大変お世話になっております。今回のメールは非常に興味が
 ありました。特に私も現在C****H***を使用しているのでこの記事
 から受けた衝撃は大きかった(^_^;)
 もっと今のシステムが良くなるという喜び半分、6万円もしたC*****
 H*****が今となっては・・・
 という残念な気持ち半分といったところです(^^ゞ
 詳細が決まりましたらご案内のほど宜しくお願い致します。」


「*******等は見聞きしていましたが、本当にそれがベストなのか?
 どこにも比較レポートがないので疑問でした。 こういう細かいけど
 大切なことを実際にやる、その姿勢がうれしいです。」


「B&W N801を使用中です。商品化実現の折には、是非購入したいと
 思います期待しております。」


「さて、レポートを読ませていただきました。力作です。夜中の3時に
 書いた私のレポートも掲載頂き有難うございます。
 (昨夜は仕事でメールを書く時間も取れませんでしたから、日曜中に、
 眠い目を見開いてメールした甲斐はありました。)
 特に、川又さんが強調されていた「フォーカスの良さ」(HALでは短時
 間で私は気付きませんでした)が、自宅のN803での発見と同じで、うれ
 しく思い、同時に(何故か)ホットしております。

★どうも目の前にある試作品は手放せそうにありません!!!」


             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、いったいハルズサークル内部で実施される新企画とは何なのか?
そして、ほぼ毎日配信のメールマガジンでは一体どのようなレポートや
short Essayが送られてくるのか?

さあ、皆様もハルズサークルのドアを叩いてみましょう!!
入会はこちらこちらから。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る