発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.184 「頂いちゃいましたアンモナイト!? 何よりうれしい勲章です!!」

2/23の夕方、突然来訪されたのがB&W LOUDSPEAKERS LIMITED Senior Product
Manager MIKE GOUGH 氏と日本マランツの御一行であった。彼らはステレオサウ
ンド・グランプリの表彰式とパーティーのために急遽来日されたものであるが、
他にも大事な用件があってということでわざわざ立ち寄って下さったのである。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ステレオサウンドに表彰されたB&WのS800であるが、今度はその彼らから
私が表彰されることになった。それも、表彰状という誰でもが思いつく
形式ではなく…。
MIKE GOUGH 氏が自ら車を飛ばして見つけてきてくれたという、イングラン
ド南東部で出土されたという本物のアンモナイトなのである。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/020125/ammonites.jpg

画像では読み取れないが、これに貼り付けられた金色のプレートには
次のように刻印されている。


    Best Retailer Worldwide
    B&W Nautilus Laudspeaker
   Kawamata-san.  DynamicAudio    
         January 2002
   B&W Loudspeakers Ltd.England
こんな素晴らしいものを頂戴したのは当然世界中で私だけであろう。 感謝感激である。ずっしりと重たい、このアンモナイト…、生ける 化石として現存するオウムガイにちなんだ何とも光栄なトロフィー であることか!! これも私ひとりの力で実現できたことではありません。 お世話になった皆様にも実物を手にとって眺めて頂きたいものです。 ご来店の際には、お忘れなく一声かけてくださいね。              -*-*-*-*-*-*-*-*-*- さて、私はちょうどここで演奏しているS800とNautilusの両方をMIKE GOUGH 氏に試聴して頂いた…。彼は根っからのエンジニアなので器用な ほめ言葉はないのだが、この両社がこれだけのシステムで同時に聴ける ということは彼らの会社でもないことであり感激もひとしおのようだ。 そして、私が思わず「Nautilus forever!!」と言ったらば…、ちょっと さびしい答えが…。というのは、彼らB&Wはもちろんそう思っている のだが、Nautilusを構成するキーパーツは小規模な外注業者に生産を 依頼しているという。その小さなファクトリーがあと何年間作り続けて くれるかという保証は我々には出来ない、というのだ。 つまりは、“forever”ではないと言うことらしい。ごもっともである。 もちろん、そのような事態になった場合には事前に情報をくれるという ことなので、いつかは…と目標にしている皆様もとりあえずはご安心を。

このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る