発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.175  「H.A.L.'s customers comments」


「改めて思うP-0sの潜在能力」

ダイナミック・オーディオ5555 川又店長様

毎度お世話になっております。
T・T@秋田です。

先ほどはどうも有り難うございます。
マラソン試聴会という重要なイベントの最中にも関わらず、 何時もと変わらないご接待本当に感謝いたします。

本日はB&W Signature 800 を聞く事がメインの目的でしたが、 思いがけずに無防備状態でトランスポートの比較試聴をさせて頂き、 目から鱗が落ちました。

Signature 800のお陰でしょうか?はたまた小生のシステムの音質 方向性が好ましい方向に行って居る事が確認でした喜びか、本当に 今日は耳が素直に反応してくれました。

本日の対戦相手は47研のピットレーサー。

47研CD&DAC所有の私にとってはある意味で最終決戦になりました。 そん結果はどんな言い訳をしようがP0-sが総合的に見て圧倒的に 良い。P0-sはワンアンドオンリーなのですね。

基本的な事が分かって居ながらどうも馴染めない姿に抵抗があった のですが、それを上回る音の魅力。

あまりにも当たり前の事の前でジタバタしていた訳です。本日は 遂に川又様に印籠を渡されたような気がいたします。アチャ〜〜。

完全同期を取ったdcsとのセットでの音は乙女の柔肌のごとくと いう比喩でしか表現出来ない私を許して下さい。 そこまできめが細かくなると音に薫りが有るんですよね。

この辺りはいくら言葉を重ねても、興味の無い人を説得出来るも のではないし、好きな人には平静を装ってなどいられないモノな のです。いまはあの160万円が安く思えるこの恐さ・・・・ でも、資金は無いし辛いな・・・・・

ということで、またもやノックアウトされてしまったT・Tでした。
長くなりましたが御礼まで。
ではまた。

             -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

はい、こちらこそありがとうございました。
実はT・T様は「トランスポートはデザインで選ぶ!!」と断言されて いたのですが、「私に音質に関する質問を一切しないで、すべて自己 責任でご注文頂けるのであれば、それは喜んで販売いたしますが…、 ここはひとつ音質の違いを体験されてみては…」と私が誘い水を投げて Signature 800を使ってトランスポートの比較試聴をして差し上げたの です。そうしたら…、やっぱりわかってしまったようですね〜(^^ゞ

ということで、近日中にdcsの「Verdi vs P-0s」の図式が私のフロ アーで実現するであろうことを今から予告しておきますね。では(^^♪


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る