発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.160  「お蔭様で大盛況でした。Four Five H.A.L.のイベント第一弾!!」
3F 「Event Hall 5555」にて既報の通り私が主催するイベントの第一弾が 昨日行われました。ほぼ満席状態の会場はご覧の通りです。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/010825/0825ev01.jpg

このフロアーは多目的に使用できるように床下に電源や各種ケーブルが 通せるようになったOAフロアーとなっており、ここ7Fの環境とは違うので スピーカーのセッティングは大変でした。当初仮に置いてから何度も何度も 動かして「う〜ん、こんなもんかな〜?」とセットアップしたのがこれ。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/pho/010825/0825ev02.jpg

左側にKRELL LAT-1を配置し、それと交互にLINN KOMRIをセットしたものです。 セッティングには苦労しましたが、各スピーカーの低域を分析するのには この曲の、この部分を…。そして高域の表現はこんな曲をサンプルにと まぁ〜私の快調なトークが二時間続きました。ご来場の皆様にも申し上げ ましたが、「このイベントはエンターテイメントとしてご理解ください。 色々な要素から各コンポーネントがベストの状態ではありませんので、 軽いお見合い程度にご理解頂き、じっくりと試聴したいという場合には どうぞ7Fをご利用ください。」ということで、既に数十人という人間が いっしょにベストの音を聴こうとする形式自体に無理があることをご説 明いたしました。しかし、そのような状況であっても、ご参加頂いた方 から本日うれしいメールを頂戴いたしました。以下にご紹介いたします。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


川又さま

豪華な新店舗、そして川又さんの大型イベント、上々のスタートで おめでとうございました。
今日は、仕事を途中で抜け出して、LAT1とコムリを楽しませて 頂きました。ありがとうございました。

買えっこないけれども、欲しくなってしまうスピーカーです。お金が ある人には安い、といえるようにも思います。古今の名演を、自分で コントロールしながら堪能できるなんて、想像を絶する贅沢・・・。 音の正確さとかは,私はよく分かりませんが、とても官能的なものを 両方のスピーカーに感じました。

川又さんご自身は、新店舗への移行にあたって、お店を背負ってた つ店長職として、大変お疲れもあったようにお見受けしましたが、 今日のイベントの進行につれて、川又さんのスピーカーやオーディオ に対する愛情が、疲れを押し退けるようにほとばしり出て来たと感じ ました。(次第に顔つきが、楽しそうに変わっていらっしゃいました) そういう意味でも今日はおもしろかったです。

あらゆるオーディオ装置での再生を、ご自身の耳と頭と心に刻みこん でいらっしゃる事への自負も、ちっとも自慢たらしくないプロの爽快さ として、スピーカーのグレードと並んで、とても印象的でした。

御社ますますのご発展,川又さんのオーディオ文化へのご貢献を祈念 いたします。
いずれ、7階でも試聴させて下さい。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


金曜日は試聴会に参加させて頂きありがとうございました。 聞かせて頂いたスピーカですが、両方共にそれぞれ魅力を 感じました。
2機種のキャラクターとしては、すごく締まったLAT-1に対して 柔らかいKOMRIと言う感じで、特に音場の違いというものが 記憶に残りました。
LAT-1の前に出てくる音離れの良さ(キレとでも言うのでしょう か)はこれまでにあまり聞いたことのない感触でした。 (先日6階に伺った時にLAT-2をたまたま聞く機会があったの ですが、今考えると確かに同傾向の音の様な気もします。 こちらは時間が無く、あまりじっくりとは聞いていないのですが。) 低音の締まりやフォーカスの合い具合など、ライブ系の録音 には特に合っているような気がします。
対してKOMRIですが、非常に柔らかく深い、と言う印象を受け ました(決して甘いというものではなく、もちろん出すところは 出ていましたが)。
前後の音場感の広がりがある、という点ですかね。 刺激的な音とは無縁という雰囲気で、じっくり落ち着いて聞いて 見たいと感じました。

それぞれが(川又さんのお話にもありましたが)異なる個性と いうことが充分感じられる内容だったと思います。
低音/高音/ボーカルに沿った解説も非常にわかりやすく、 終始頷いていた様な気がします。
ただ、部屋にお邪魔して聞いているよりも、何故か分かった様な 気がしています(気がしているだけかもしれませんが)。
今後もいろいろな企画を期待しています。
よろしくお願いします。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


ありがとうございました。
私とてベストな状態ではないということを自覚しながらのイベントでし たので、ご来場の皆様には少しでも楽しんで頂ければと願っておりまし たが、このように激励の一言を頂戴し大変に感激しております。
そうなんです、イベントは商品を吟味しようとするものではなく、ハイ エンドオーディオを楽しんで頂くということが私の目的でもあります。 そのような心がけで、これからもがんばっていきますので、どうぞ皆様 暖かく見守って頂ければと思います。

   ご来場の皆様本当にありがとうございました。


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る