発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
H.A.L.担当 川又利明


No.152  「大変お待たせしました。待望のアップグレード情報!!」
 先日の値上げ直前には駆け込み注文が殺到するなど人気実力ともに快進撃を続ける
 dCSですが、ご紹介してきたIEEE1394バージョンへのアップグレード・プログラム
 がようやくまとまりました。

 さて、コンシュマーモデルのバージョンアップに関しては海外のほとんどのブランド
 がパーツを日本に取り寄せて輸入元の技術で行うということがほぼ慣例となって
 おりますが、何と今回は英国のdCSまで実物を送ってのバージョンアップになると
 いうことで、いかにdCSの製品がハイテクの限りを尽くして作られたものかという
 ことを思い知るものでもあります。さて、その内容は…

 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 【以下は株式会社タイムロードの黒木様からのメールを引用しております。】


1.すべてのDelius、Purcellについてアップグレード料金は一律20万円です。
  ただし、英国への往復送料3万円を別途申し受けます。

2.Elgar plus1394へのアップグレードは対象製品により下記の通りとなります。

    a)オリジナルElgar plus20万円ただし、英国への往復送料3万円を
   別途申し受けます。(S/N No.496以降と正規アップグレード品)

    b)Elg plusへ正規アップグレードされたモデル20万円ただし、英国への往復
   送料3万円を別途申し受けます。

    c)ElgarU(S/N ELG.254〜495と正規アップグレード品) 65万円 (送料込)

    d)Elgar (S/N ELG.253を含むそれ以前の製品) 95万円 (送料込)


 表記金額はすべて税別です。送料3万円については実費請求となりますので、
 ご了解賜りますようお願いいたします。

              -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 3.一旦お申し込みを受け付けた上で、順に受け入れ日程をご案内させて頂きます。
   製品を弊社に連絡無くお送りにならないようお願い申し上げます。
   すべて弊社への国内宅配料はお客様負担とさせていただきます。
   納品時の宅配料は当社負担といたします。(ただし通常宅配1回のみ)
   
 4.1項および2項のa)、b)該当製品は当社が責任を持って英国へ返送し、
   アップグレード終了品をお返しいたしますが、4週間から5週間の期間お預か
 り
   することになります。
   また、その間代替品の用意はございませんので、どうぞご了承ください。

 5.アップグレード完了品は当社発送日より3年間無償保証いたします。

 6.2項のc)およびd)については、新品交換処置となります。
   下取りした製品をB級品として処分する場合がありますが、当該製品に対して
   再度このアップグレード・プログラムを採用することは出来ませんので、
   ご不便お掛けしますが、あらかじめご了承ください。


                 【川又のコメント】
 何と新品交換ですって…!!いまどき太っ腹なやり方ですね〜。私は拍手を贈ります!!

 ということで、本日現在でも私のお得意様二名より既にアップグレードの申し込みを
 頂戴しており、それらは本当に破格値でリサイクルすることになります。
 従って、このリサイクル品のご予約も受け付けを開始いたします。これらは商品の
 内容によって若干価格が変動いたしますので、当初はご予約のお客様だけにお知ら
 せするということで一般公開は致しません。
 これはタイムロードではなく私の配慮です。
 どうぞ私に直接メールにてお申し込みください。よろしくお願い致します。

              -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 7.1394バージョンではなく、オリジナルElgar plusへのアップグレードについては
   残り計4台の受注が可能です。この料金については従前発表のプログラムを踏襲
   いたします。

 以上、どうぞよろしくご査収くださいませ。     タイムロード 黒木
 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 さてさて、そこで前回配信のChronosのことが気になってくるわけですね。
 現行CDフォーマットの最終、そして究極の再生が完成されるのです。

 そしてP-0s単体でも使用可能なChronosに対して上記のようなdCSのシステムが参加し
 てくる再生音は一体どんな世界を見せてくれるのでしょうか!!

 こんなホットなニュースが配信されているハルズサークルをどうぞよろしく!!


このページはダイナフォーファイブ(5555):川又が担当しています。
担当川又 TEL:(03)3253−5555 FAX:(03)3253−5556
E−mail:kawamata@dynamicaudio.co.jp
お店の場所はココの(5)です。お気軽に遊びに来てください!!

戻る