発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
    
2017年12月19日 No.1441
 The Absolute Soundに当店とHIRO Acousticが紹介されました!!

2016年10月28日 No.1337
あのThe Absolute Soundの記者が初来店しました!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1337.html

上記のエピソードから一年以上経ってしまいましたが、今まで時折はチェックして
いましたが既に忘れられてしまったものと思っていました。ところが…

「A High-End Playground」このページにテキストですが掲載して頂きました!!
http://www.theabsolutesound.com/articles/special-report-the-japanese-audio-industry/?page=4

That night, Esoteric whisked me to Dynamic Audio 5555, the largest high-end store in Tokyo.
The facility, which has been in business for fifteen years, consists of
seven jam-packed floors of equipment and listening rooms.

Each floor has its own autonomous manager with discretion over matters such as the brands
that floor will carry.

Consequently, Dynamic Audio reflects a variety of tastes and philosophies as represented by
the dazzling selection of equipment.

For my visit, the store’s Senior Managing Director, Toshiaki Kawamata, arranged a
demo of some of its most bespoke gear.

Four massive Esoteric Grandioso M1 monoblocks bi-amped a pair of Japanese Hiro speakers.

The latter are custom-made, built to order, take five months to deliver, cost $220,000 a pair,
and are not exported. Also visible from my vantage point in the demo room was equipment from dCS,
Mark Levinson, TAD, Sonus faber, Genesis, and an Air Force One turntable.

On other floors, just as Sheen had foretold,
I saw healthy dollops of Western brands, especially JBL, McIntosh, Tannoy, and Altec Lansing.
According to Kawamata-san, these brands sell briskly.

He also told me that despite the Japanese market for high-end audio being sluggish overall,
business at Dynamic is strong.

He attributes this good fortune to the store’s bustling location near the famous Tokyo Tower,
its proximity to multiple upper-class neighborhoods, a selection that offers something for everyone,

and a dedicated, passionate customer base.

Whatever the reasons for this store’s existence and success, my advice to
audiophiles visiting Tokyo is to put Dynamic Audio on your must-see list.

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Special Report: The Japanese Audio Industry By Alan Taffel  より抜粋
http://www.theabsolutesound.com/articles/special-report-the-japanese-audio-industry/

私は適切な翻訳が出来ないので簡単に訳して頂いたら下記のような感じでしょうか。

A High-End Playground
ハイエンドな遊び場

...その夜、Esotericは、東京で最大のハイエンドストア、
ダイナミックオーディオ5555に連れて行ってくれた。

その設備は開店15年になるが、機材とリスニングルームがぎっしり詰まった7フロア構成となっている。
各フロアは、展開するブランドなどが別個になっており、店長が独立している。

結果として、ダイナミックオーディオは、きらめくような機器のセレクションが展示され、
様々なテイストや思想を反映したものになっている。

私の訪問を受け、専務の川又利明氏が、最も選び抜かれた機材をデモしてくれた。
4台の重量級Esoteric Grandioso M1モノブロックのバイアンプ構成に日本のHiroスピーカーの
組み合わせだ。

後者は、カスタムメイドで受注生産となり、お届けまでには5か月、価格は$220,000/ペア。
なお、輸出はされていないとのこと。そして、私が座ったデモルームの試聴席からは、
dCS、Mark Levinson、TAD、Sonus faber、Genesis
そしてAir Force Oneターンテーブルなど、錚々たる機器が見渡せた。

他のフロアでは、内田氏から聞いていたとおり、かなりの西洋ブランドを見ることが出来た。
例を挙げるとJBL、McIntosh、Tannoy、Altec Lansingなどである。

川又氏によると、これらのブランドは足早に売れるそうである。彼曰く、日本の
ハイエンド市場は、全般的に動きが悪いが、ダイナミックのビジネスは強力であるという。

この幸運は、有名な東京タワーに近い、繁華街に位置している地の利の良さ、
上級クラスの人々へのアクセスの良さ、どのようなお客様でも必ずお好みの
オーディオを見つけることができるセレクションの豊富さ、そしてオーディオを
心から愛する、情熱的なカスタマーベースの存在による、と話してくれた。

このストアの存在と成功がどのような理由によるかはさておき、東京を訪れる
オーディオファイルにとって、ダイナミックオーディオは、からなず見ておくべき
リストに入れておくことをおすすめさせていただく。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

まあ、Kawamata-sanと書いてくれたことと、Hiroスピーカーと紹介して頂けたこと
だけでも、昔から「あのThe Absolute Sound」と思っていた雑誌に取り上げて頂いた
だけでも嬉しいことでした。しかし、一年以上前の取材が今になって掲載されるとは…
これでまた観光客が増えるだろうな〜^^;

川又利明
担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!


戻る