発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
    
2017年5月21日 No.1393
 新企画⇒H.A.L.'s Circle Review“配信4,000号”記念企画-Act.1

Vol.1 「我々はオーディオの感動を皆様に伝えるために存在します!!」

平成12年5月17日にH.A.L.'s Circle ReviewのNo.0001が配信されました。
「H.A.L.'s archive」をご覧頂ければ、この第一号の内容がご覧頂けるものですが、
今の私から見ると何とお粗末であったことかと思わず失笑がもれてしまうものです。

恥ずかしながら、当時の原文のまま創刊号のテキストを下記にご紹介します。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

H.A.L.'s Circle Review
No.0001

発行日 平成12年5月17日

創刊にあたってのご挨拶

この度のハルズサークルご入会と日頃のご愛顧に改めてお礼申し上げます。
さて、大変長らくお待たせいたしましたが、H.A.L.'s Circle Reviewの
第一号をお送りいたしました。
これまでにも日々蓄積していた情報はあるのですが、新製品のビッグニュ
ースを記念の記事とするために意図的に配信を控えておりました。
この第一号は少々長い文章になってしまいましたが、これで胸のつかえが
取れたような心境ですので、これからはもっとコンパクトにして日々の
細かい配信を行っていきたいと考えております。
また、これからもメールリストの拡大を図っていきたいと思いますので、
ハルズサークルの会員をご紹介頂ければと思いますので、どうぞよろし
くお願い致します。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

あれからちょうど17年経ちましたが、毎回の配信はちっともコンパクトになって
いないな〜と反省しているところでございます(笑)

しかしながら、一営業マンの発するメールマガジンが4,000号という実績に関しては、
我ながら「継続は力なり」ということを実感する思い出が数々ありました。

何よりビジネス面でも私の売上の90%以上はハルズサークルの皆様からのご愛顧に
よるものであり、私にとってかけがえのないものとなっています。

そして、何よりもありがたいことは一面識もない会員の皆様から100万円を超える
金額のご注文を頂戴することも多数ありました。

お目にかかったこともないセールスマンからお買い上げ頂けるという実態は一体
どこから起こり得るものなのか、と考えたこともしばしばございます。

それはネットを通じてのバーチャル世界ではなく、私が実際にここで実演している
音質評価とオーディオ製品に対する分析に関して皆様に信頼頂けたということが
最も大きな要因ではないかと「継続は信頼なり」と僭越ながら座右の銘としています。

また、お取引先各社におかれましても、良い意味でハルズサークルを通じて情報発信を
することが、インターネットを通じて全国に話題性を広げていく“生きた媒体”として
活用されるようになってきたものです。

長きに渡り私を支えて下さった会員の皆様と、多大なご協力を頂戴したお取引先各社に
改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

これより配信4,000号記念企画として、各社様からのハルズサークルに寄せる
メッセージをご紹介させて頂きます。その後にもプレゼント企画や特別セール
などの新企画も近日中にスタートさせて参りますので、どうぞご期待下さい!!

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

No.1016 2013年3月10日
【新企画⇒H.A.L.'s Circle Review“配信3,000号”記念企画-Act.1】Message from ESOTERIC
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1016.html

上記のメッセージと当時の掲載情報も是非ご再読頂ければ幸いでございます。

■H.A.L.'s Circle Review-配信4,000号達成によせて- Message from ESOTERIC

Vol.1 「我々はオーディオの感動を皆様に伝えるために存在します!!」

ハルズサークルの皆様へ

ハルズサークル会員の皆様、そして川又店長には、日頃から格別のご愛顧を賜り、
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

メールマガジン「H.A.L.'s Circle Review」は、いつも楽しく読ませて頂いております。
前回、「H.A.L.'s Circle Review」“配信3,000 号”記念としてコメントさせていただいたのが、
2013年3月でした。早いものでそれから4 年が経過し、今回は“配信4,000 号”記念として
コメントさせていただきます。

ハルズサークルの登録会員数は2,400 名を超えていると伺っておりますが、販売店様
主催のオーディオサークルの規模としては、世界有数レベルと考えます。

この会員獲得数と“配信4,000 号”の偉業は、ひとえに川又店長のご努力と、皆様の
オーディオにかける情熱の賜物に他ならないと考えます。

弊社は自社ブランドESOTERIC、そして英国TANNOY、独avantgarde をはじめとする
ハイエンドオーディオ製品を扱っております。

現在、ESOTERIC は海外進出を強化しており、東京インターナショナルオーディオ
ショウに来場される海外のお客様(現地ディストリビューター、販売店、評論家、
プレス関係者)が年々増加しております。

そういった海外のお客様をダイナミックオーディオ5555 にご案内すると、世界有数
レベルの展示と組み合わせによる音色に皆様が大変感動されます。

「Out of this world (別世界)」という言葉が合言葉のように囁かれます。

このような世界トップレベルのオーディオの音を聴けるのが5555 であり、
それを支えているハルズサークルの皆様のレベルの高さの証左でもあります。

ハイエンドオーディオ市場は、熱烈なオーディオファンの皆様に支えられて発展して参りました。

ハルズサークルに代表されるように、情報を発信する側と受け手側が熱い情熱を
共有できる関係で無ければ、今日の私どもは存在せず、また、これほどたくさんの
個性豊かなブランドが市場を賑わせることも無かったことでしょう。

月並みかも知れませんが、我々はオーディオの感動を皆様に伝えるために存在します。
今まで誰も聴いたことの無いほどの音質を、オーディオの興奮を皆様にお伝えして
いきたいと考えます。

皆様からの熱いご期待に真摯に応え、更に上のレベルの音質を常に目指して、
世界の逸品と呼べる製品開発に携わって参ります。

皆様のオーディオライフが益々楽しくなるよう、お祈り申し上げるとともに、
皆様から更に信頼されるメーカー/輸入代理店として発展していくべく、今後も
努力を続けてまいる所存です。今後もESOTERIC に是非ご期待ください。

エソテリック株式会社 代表取締役社長 勝村治司

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■川又より

勝村治司様ありがとうございました。四年前に頂戴したメッセージは今に通じる
ものであり、大変ありがたく再読させて頂いたものでした。

メーカーとして、あるいは輸入商社として世界的視野と情報をお持ちの勝村様に
このように認めて頂きました事に改めてお礼申し上げます。

そして、私としては四年前に述べた次の一節を今回も引用させて頂くことにしました。

こんなエピソードもありました。まだご存じないユーザーも沢山いる
と思いますので、原点回帰という思いで再度ご紹介させて頂きます。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/oto/oto52-04.html

「数年先にこれを読まれた皆様へ
 VRDS-NEOは2003年にこのように誕生したものでした。
 そして、今でも現役として○年間もトップの座をキープしているものです。
 どうぞESOTERICの中から安心して気に入られたプレーヤーを選択してください。」

この14年前のコメントはしっかりと今も生き続けていると思います。それは
御社のたゆまない開発努力の継続であり、その後の歴代の新製品においても
証明されているものと思います。その証が本日のハルズサークル配信にて速報した
下記の新製品にも関わってくるからです。

「世界限定250台のハイエンドSACD/CD Player dCS Vivaldi One登場!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1394.html

世界に冠たる英国のdCSというメーカーにおいても、VRDS-NEOというメカが新製品の
核として生き続けている素晴らしさを多くの皆様にもお伝えし、ハイエンドオーディオの
ソースコンポーネントにおいて不動の地位と信頼性を有する日本製ブランドとして
その価値観を私は正確にユーザーの皆様に啓蒙していきたいと決意を新たにしております。

ESOTERICと共にH.A.L.はこれからも歩み続けていきたいと思いますので、どうぞ
よろしくお願い致します。今回のメッセージ本当にありがとうございました。

皆様もこれを機会にどうぞハルズサークルにご登録頂ければと推奨致します。

川又利明
担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!


戻る