発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナミックオーディオ5555
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明
    
2016年8月2日 No.1314
 角田健一ビッグバンド BIG BAND SOUND I 限定LPレコード試聴しました!!

■2016.07.04-No.3819-でご紹介した下記のレコードを本日試聴しました!!
http://stella-inc.com/z_information/inf.cgi?mode=detail&sel=2
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2436

H.A.L.'s One point impression!! - Audio-Technica AT-ART1000!!
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1310.html

上記でご紹介しているAudio-Technica AT-ART1000とHIRO Acousticによる試聴
システムで聴きましたが、結論から申し上げると皆様に推薦できる音質です!!

実は、当フロアーには4年前に発売された初期マスタリングによるSACDがあり、
それと一曲ずつ比較試聴したのです。
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=1378

SACDは下記のESOTERIC Grandiosoのバイアンプシステムで、上記のアナログ再生
システムとプリアンプ以降は同じものです。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1311.html

3.In The MoodではSACDでは左右スピーカーの軸上に定位していた二本のサックスが
センターとL/Rチャンネルの中間定位に変化していて、スピーカーそのものが音源位置
という事ではなく、空間から湧き上がるサックスの質感が実に素晴らしいのです。

4年前の録音をリマスターではなく、リミックスをやり直したという事で、ホーン
セクションの存在感が更に鮮明になっており、ベースとドラムの音量感は程よく
抑制され空間に溶け込んでいくような浮遊感を伴う音質に変化していました。

SIDE Bの1.All Of Meなどではてき面にリミックスの成果が聴き取れるもので、
ビブラフォンの質感がアナログの雰囲気をしっかりと表現して好ましいものです。

TechDAS	Air Force Oneの威力なのかAT-ART1000の特徴がぴったりマッチしており、
比較的穏やかな音量のピアノとギターのサポートが克明に描かれているのもグッド!!

http://store.stereosound.co.jp/detail_extension/images/cd/63/63_1.pdf
http://store.stereosound.co.jp/detail_extension/images/cd/63/63_2.pdf

上記のライナーノーツで書かれているこだわりがLPレコードの魅力として聴き手に
伝わってくる高解像度と音場感の素晴らしさに感動してしまいました!!

お取り寄せしての店頭販売、または発送によるご注文を承りますので、どうぞ
皆様のコレクションにも追加されることをお薦め致します!!

川又利明
担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!


戻る