発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1196 2015年2月14日
 「あのAbendrot Audio STUTEに合わせる専用DACが登場します!!」

 「国内唯一の常設展示を開始したマスタークロックとはこれです!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1187.html

上記にてご紹介しているAbendrot Audio STUTEですが公式サイトが出来ました。
http://jp.abendrot.co.uk/

そして、このAbendrot Audioから新製品として発表されたDACがこれです!!
http://www.dynamicaudio.jp/file/20150210-HENGST.pdf

さて、これからがポイントなのですが上記ファイルの冒頭の一行にご注目下さい。

■HENGST - True D/A Converter for STUTE

そして、スペックの記載にあるこの一行です!!

■Internal Test Clock : 10MHz

先に発売されている驚異のMaster clock generator:Abendrot Audio STUTEからの
超高品位なクロック信号を受信することで設計通りの音質を初めて実現すると
いうもので、正にSTUTE専用のD/Aコンバーターとして開発されたものなのです!!

一応、動作確認のために便宜上の内蔵クロックを上記のように搭載していますが、
あくまでもテスト用ということで音質評価の対象ではない事を謳っています。

他社の10MHzを出力できるMaster clock generatorでも動作するかどうかは
未確認ですが、Abendrot Audioの開発意図を考えれば意味がないでしょう。

つまりAbendrot AudioはSTUTE+HENGSTの純正ペアでこそ、彼らの目指した音質
であるということを発表時点で公言しているのです!!何たる自信であることか!!

下記のavcatのサイトでも速報されていますが、開発意図までは紹介されて
いないので私から説明しておきます。
http://goo.gl/45UZQD

さて、上記には$36,000というプライスが公表されていますが、今時の為替を
ご存知であれば日本価格も相当なものと想像されるでしょう。輸入元とは直接
にやり取りをしているのですが、日本価格は慎重に…ということで現時点では
検討中ということになっています。

このように他社でも開発事例のないMaster clock generatorとD/A Converter
のセット商品ということになりますので、相応のお値段となることでしょう。

こんな超個性的で自信満々の新製品に私の好奇心が反応しないはずはありません!!
私は先ず近日中に実物をここで試聴することを予定しています。そして、更に
下記のH.A.L.'s DSF2015'にて世界初公開の音質を皆様に体験して頂けるよう
出演交渉を続けているところです!!

前代未聞のSTUTE+HENGSTの音質。果たして私のイベント企画のどのパートに
組み込むのか!?そしてどんな音質なのか!! これは楽しみですね〜!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!


戻る