発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1179 2014年12月17日
 「いいです!!KLAUDiO 超音波式レコードクリーナーの効果を実感!!」


「これはいい!!私の宝物のLPレコードのスクラッチノイズが取れるかも!?」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1132.html
上記にて速報しながらも今までテスト出来なかったものでした。

輸入元サイトはこちら。
http://www.noahcorporation.com/klaudio/index.html

製品カタログは下記にてご覧下さい。
http://www.noahcorporation.com/klaudio/201412_LP200catalog.pdf

マラソン試聴会でも展示して大変好評でしたが、今まで実物を試すことが出来
ませんでしたが、やっと本日私の宝物であるLPレコードでテストする事が出来ました。

そして、別売:10インチ/7インチレコード用アダプタとはこれです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20141216-klaudio.01.jpg
http://www.dynamicaudio.jp/file/20141216-klaudio.03.jpg

本体のタンクを除くとこのように内部もLED照明で水質がチェック出来ます。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20141216-klaudio.05.jpg

そして、本体の裏側にはこのようなキャップがあります。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20141216-klaudio.04.jpg
これは何のためにあるのかと言いますと、長年の使用でタンク内に汚れが付いた
際にクリーニング出来るようにという配慮からです。細かいですね〜。

洗浄時間と乾燥時間のタイマーをセットして、レコードをスリットにポン!と
置くだけで自動的にクリーニングが開始されます。

スリットの中には4個のローラーがありレコードの周辺部と接しながら回転させます。
音溝には水しか接触しないので安心です。そして何よりも両面同時処理なので
他のクリーナーのように片面ずつという手間は一切必要ありません。

使用方法に関してはハルズサークル会員の皆様には日本語説明書を初公開しますので、
下記をご覧頂ければ私の拙い説明は不要でしょう。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20141216-CLN-LP200.pdf

そのLPレコードとはこれです。
http://www.dynamicaudio.jp/file/20141216-klaudio.02.jpg

今からちょうど20年前に祖国ベルギーの首都ブリュッセルで心臓発作のために
他界した20世紀における大ヴァイオリニストのひとりアルテュール・グリュミオー
(Arthur Grumiaux)のこの一枚が私のバイブルともなっている。これから始めよう。

アルテュール・グリュミオー/ソリスト・ロマンド/アルバト・ゲレッツ指揮
による、バッハのヴァイオリン協奏曲第一番イ短調である。

私がダイナミックオーディオに入社した 1978 年の録音であり、LPしかなかった
当時から試聴盤として数えきれないくらい聴いてきたレコードである。

演奏者のグリュミオーは1921年の生まれとされているので、彼が57歳のときの
録音ということになる。近代注目される若手ヴァイオリン奏者の録音は、音階
の移行を大変なスピードで繰り返す技巧が印象に残るのだが、このグリュミオーの演奏は趣が違う。

職業的関心事から多くのクラシック音楽を聴いているが、私はクラシック音楽
に造詣が深いわけではない。むしろ、お客様からクラシック音楽に関して色々
と教えて頂いているところが多い。この録音は超ハイファイという解像度最優
先のものではないのだが、システムの分析にあたっては私のリファレンスと
なっているものである。 

このレコードのA面ばかりを永らく聴いてきたのがいけないのか、B面には結構な
スクラッチノイズが発生しており、それが既存のクリーナーでは殆んど取り去る
事が出来なかったのです。それを何とか取り去りたいというのが私の願い!!

CLN-LP200の洗浄タイマーは最大で5分間。先ずは一回クリーニングしてみて
TechDAS	Air Force OneシステムでB面を聴いてみました。すると…

完全に無くなりはしないがスクラッチは明らかに軽減されていました。
では、と5分間を二回繰り返すと…。先ほどよりも良くなったぞ!!

ブラシなどで洗浄しない完全な非接触洗浄なので何回やっても問題なし!!
いっそのこと一時間のタイマーでも設定してくれればいいのに…、と思いながら
もう何回かやってみようと思ったら、輸入元担当者はデモ機を持ち帰るという。

え〜、そんな〜。仕方ないので展示品を注文してしまいました!!
実は、その理由として永らく聴いてきたA面の音質にあったのです。

何とまあ、この透明感は何としたことか!!
グリュミオーのヴァイオリンの質感が輝くようで豊潤な余韻感が素晴らしい!!

スクラッチノイズの除去だけが目的ではなく、音質そのものの貢献度がこれ程
あったとは驚きでした!!

取り扱い説明書から本製品と特徴を下記にピックアップしました。

・合計 200W の超音波洗浄力
・12 インチ LP レコードに対応
・レコード挿入後は、簡単操作で自動的にクリーニングができる使いやすい設計
・洗浄と乾燥の工程において水以外の接触がなく安全な設計
・ブラシやローラーなどが無いため、部品交換の必要がありません
・洗剤を使用することなく、蒸留水や工業用精製水が使える設計
・洗浄と乾燥の時間はそれぞれ 1 分から 5 分の間で調整が可能
・洗浄と乾燥、洗浄のみ、乾燥のみの自由な設定が可能
・永年の使用に耐えうる高い信頼性を得るために、特別に溶接されたステンレス製のリザーバー
・メンテナンス性を重視した構造のリザーバータンク
・今後発売予定の関連製品を接続するための電源出力端子を装備

全自動で消耗品がないというのはいいですね〜。メーカーでは水道水でも問題
ないと言っているそうですが、カルキや塩素が含まれているのは事実ですから、
こだわる人は蒸留水や工業用精製水をお使い頂くのが良いでしょう。

下記のようにお安いですからご心配なく。
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%94%A8%E7%B2%BE%E8%A3%BD%E6%B0%B4/-/st.A?grp=product

私も手作業でブラシを使ったクリーナーを何度も使いましたが、ブラシなどの
交換も不要ですし、レコードをスリットに入れるだけの全自動。音楽を聴く
時間を大切に出来ますね。ぜひぜひ皆様にお薦め致します!!

★超音波振動式レコードクリーナーCLN-LP200は定価販売となっております。
 年内納品が間に合うかどうかというヒット商品ですのでご注文をお待ちしております!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!


戻る